FC2ブログ
2018/06/14

鳥撮り雑感「デカ過ぎも困りもの」





普段は野鳥のお尻を追いかけている私も、先方が突然目の前に
現れると、嬉しいやら困っちゃうやらとなります。

【太白山山麓の「ヤブサメ(藪鮫)」】
自然観察センターに向かう途中、同一目線に現れたペアですが、
巣作りに夢中でこちらは眼中にありません。
 でも、全長僅か10.5cmのおチビ鳥も、こうなると余り可愛く
ありませんね。

【大沼の「カンムリカイツブリ(冠鳰)」】
のんびり沼を眺めていると突然浮上してきた子ですが、こちらが
動かないとリラックスモードでした。
 でも、頭カキカキで、木の葉のような水かきの「弁足(べんそく)」
まで見せてくれました。
 以前オオバンでご紹介しましたが、ハクチョウやカモの水かきの
「蹼足(ぼくそく)」と違って、カイツブリ一族も独特なんですよネ!!

コメント

非公開コメント