FC2ブログ
2019/02/13

今日の名湯「青根温泉“名号館”」













心休まる懐かしさと温かさで迎えてくれる湯治宿、「青根温泉“名号館”」は
明治8年開湯という歴史あるお宿です。
 ここ青根温泉では、唯一自炊湯治ができるお宿で、何よりもこのレトロな
雰囲気が、「東北の温泉バカ」にたまりません。

【写真1~3】
   創業140年を迎えたお宿と、その脇に静かに眠るのは、
   昔懐かしい共同浴場「名号湯」の建物

【写真4~6】
   本日のお部屋と、部屋から眺める湯治棟と本館の玄関
   中庭の温泉神社と、その奥にあるのが旅館部の建物

【写真7~9】
   さっそく、大好物の「浴室」へ
   そして、夕食後は花火を合図に祭り会場に向かいます

【写真10~12】
   フラフラと夜の散歩から帰還ですが、こんな夜の雰囲気
   も絵になります。  最後は湯けむりの浴槽にドボン!!

一泊二食9,000円、冷たいものは冷たく、温かな天ぷらやいわなの塩焼き
は熱々で、寄せ鍋は好みの時間帯で点火!!
 何よりも、女将が愛情を込めて丁寧に作った料理を、自分の部屋でゆっくり
味わえる時間が、最高の贅沢と思うのは私だけでしょうか。

コメント

非公開コメント