FC2ブログ
2011/01/18

ふだん着の温泉「宮城・女川温泉“ゆぽっぽ”」



野鳥が続いておりますので、久しぶりに温泉の投稿記事を載せてみたいと思います。
 ここは先週半ばにお世話になった温泉で、女川温泉については昨年8月に、
温泉ホテル「華夕美」をご紹介しておりますが、こちらがもう一つの女川温泉です。
 JR石巻線女川駅に隣接する施設で、浴室には電車の発車を知らせる信号があり、
それを眺めながら時間を調整できます。

【これぞ!ふだん着の温泉】
温泉施設の名前も「ゆぽっぽ」、ゆ=湯、ぽっぽ=汽車、なんですよね。
 2006年春にオープンした日帰り温泉施設で、女川駅とその隣の温泉施設を
撮りましたが、入口にある屋根付きの足湯もかっこうの目印です。
 今回カメラは持ち込みませんでしたが、浴室は女川町産のヒノキで造られた
「弁天島」と、石造りの「毘沙門島」の二つが、日替わりで男女が入れ替わる
システムになっています。

二階の大広間は天井が高くとられており、65インチのプラズマテレビが設置され、
館内に食事処はありませんが、食べ物の持ち込みは自由なので、地元のお爺ちゃん
お婆ちゃんにとっては、最高の憩いの場所といえます。
 源泉は27.8℃とやや低いため、加温はしておりますがかけ流しの浴槽です。
ファミリーには1時間1,000円で利用できる貸切風呂もおすすめです。

NHKに紹介された事はありませんが、これぞまさしく“ふだん着の温泉”ですよね。

コメント

非公開コメント