FC2ブログ
2011/01/25

遠野ふゆ物語「カッパ淵&どべっこ祭り」



いくら温泉好きの方々でも、5回連続で温泉巡りの記事では“湯あたり”しますので、
Myブログ二年目突入を記念し、久々に「グリコのおまけ」の登場です。
 今回の温泉巡りの旅には、初日に宮沢賢治の世界を!!、二日目には遠野物語の
世界を!!、そして最終日は奥州藤原三代!!、で締めくくりました。
 今日はその二日目の“東北見聞録”をご披露しながら、雪景色の世界の楽しみ方も
ご覧いただければと思います。

最初に立ち寄った場所は、約30年前の映画「遠野物語」のヒロインの家でもあった、
南部曲り屋「千葉家」でしたが、今回は紙面の都合上パスいたします。

①②【常堅寺とカッパ淵】
遠野物語のお化けの世界には、可愛らしい「座敷わらし」や「カッパ」も出てきますが、
ここ常堅寺の裏を流れる小川の縁には、カッパが多く住んでいて、人々を驚かしたり、
いたずらをしたと言われております。
 お寺の小さなお社の両脇にも、頭の上にお皿の載ったカッパ狛犬が鎮座しており、
何ともほのぼのとした“民話のふるさと”です。

③④【遠野ふるさと村とどべっこ祭り】
楽しみの昼食は、「遠野ふるさと村」で22日(土)から始まった“どべっこ祭り”!!
 昔ながらの南部曲り屋の囲炉裏端で、どべっこ(どぶろく)を片手に神楽を楽しみ、
昔話に耳を傾け、郷土料理に舌鼓を打つ、おだやかな遠野の冬の風物詩です。
 会場には、昨年「ゲゲゲの女房」で一躍有名になった、水木しげるの妖怪漫画から
カッパの三太郎が、昔がたりの「かたる君」と名を変え、友情出演しておりました。

なお、「遠野どべっこ祭り」は2月26~27日まで行われますが、飛び石の開催もあり
市のホームページや観光協会にお問い合わせください。 

コメント

非公開コメント