FC2ブログ
2011/01/27

ふだん着の温泉「岩手・台温泉“精華の湯”」



第18回「秘湯の会」の名湯秘湯たち④も、タイトルを変えての登場となります。
 経営者が一緒の6軒の大型旅館・ホテル「花巻温泉」、その入り口付近のアーチの
すぐ横に立つ案内看板に導かれ、2㎞ほど奥に入った台川の支流の渓流沿いにある
温泉街が「台温泉」で、江戸時代には南部藩の殿様の常宿で、東北でも一、二を競う
賑やかな湯治場であったと言われております。

【趣ある小さな和風のお宿たち】
この温泉は13ヶ所の源泉を持ち、その豊富な湯量は「花巻温泉」6軒の旅館・ホテルに
も引湯するほどの、気持ちは剛毅な温泉街です。
 ここは今、白い雪に囲まれた閑静な谷間に、湯治用・観光用の小さなお宿が15~6軒
たち並び、鄙びた温泉街の雰囲気を醸し出しております。
 ここに2000年7月に出来たのが、ご紹介する日帰り入浴施設“精華の湯”ですが、
これがまた優れ物の湯でした。

【変わりダネの日帰り入浴施設】
かつては、新日鉄釜石の保養所として使われていた旅館に内湯を新設し、畳の客間を
活かして「そば房かみや」として利用されています。
 毎日入れ替えられるお湯は、弱アルカリ泉ながら、ほのかに硫黄臭があり好評で、
しかもかけ流しの状態で利用されています。
 大人500円の入浴料もお手頃ですが、2名以上の場合は、お隣の蕎麦処の休憩と
食事がセットのぬくもりプラン3,000円もおすすめです。

なお、NHKふだん着の温泉の放映日は、1998年12月4日でした。 

コメント

非公開コメント