FC2ブログ
2011/03/07

今日の名湯「佐賀・武雄温泉“殿様湯”」



三泊四日の「九州・湯あたりの旅」を終え、先ほど自宅に戻ってまいりました。
 福岡空港を飛び立つと1時間40分で仙台空港に着きますので、世の中は便利になり
ましたが、今は海外よりも国内旅行の方が高くつきますね。
 出発前のMyブログで、1300年の歴史と風情漂う楼門と新館、今は使われていない
浴室をご紹介しましたが、本日は、今も現役の“殿様湯”がご登場です。

【温泉遺産の貸切湯“殿様湯”】
二つのアングルでご紹介する貸切湯は、江戸時代中期に造られた城主鍋島氏の専用
風呂で、浴槽にはすべて大理石が使われています。
 1826年(文政9年)、武雄を訪れたオランダ商館医シーボルトが鍋島氏より特別に
許され、この湯に入った時の印象を「江戸参府紀行」に紹介しているようです。
 部屋に入ると4畳半と3畳の控室があり、廊下を進んで一階下りたような位置に、
この何とも言えない空間が、今に残されておりました。

【今回の湯巡り一覧、入湯順】
本日以降どんな順番で湯巡りをご紹介するか決めていませんが、今回3日間で廻った、
4県12温泉14湯を入湯順にご紹介いたします。
 ①ここ、②嬉野「椎葉山荘椎葉の湯」、③二日市「博多湯」、④宝泉寺「石櫃の湯」
 ⑤川底「蛍川荘」、⑥奴留湯「共同浴場」、⑦満願寺「温泉館」と「露天風呂」
 ⑧黒川「地蔵湯」、⑨黒川「穴湯」、⑩黒川「山河旅館」、⑪赤川「赤川荘」
 ⑫筌の口「山里の湯」、⑬塚原「火口乃泉」、⑭由布院「下ん湯」
以上ですが、皆々様にとって「思い出深い場所や温泉」はありましたでしょうか(?)

コメント

非公開コメント