FC2ブログ
2011/04/20

花と蝶「カンヒザクラとヒオドシチョウ」



このシリーズも今日は最終回となりますが、今までで一番地味な蝶たちの登場となります。
 タテハの仲間たちは、この時期は「アカタテハ」や「ルリタテハ」が目を楽しませてくれ、
夏に近づくと、「オオムラサキ」「コムラサキ」「クジャクチョウ」といった、ゴ―ジャスな
衣装のタテハの蝶たちが現れてくれます。
それに比べると、この「ヒオドシチョウ」や「シータテハ」は取っておきの地味な蝶といえます。

昨日の「アセビ」と「アカタテハ」に続き、早咲きの桜「カンヒザクラ(ヒカンザクラ)」に来ていた
子ですが、桜の花に負けていますネ~!!
 この桜の原産地は、中国南部や台湾で、庭木、街路樹、盆栽、花材など観賞用に使われ
ますが、秋保の天守閣自然公園では、一番最初に咲いてくれる桜です。
緋紅色の花は、花弁を半分閉じて下向きに咲きますが、陽気のお陰で上を向いてくれました。

この桜には、毎年野鳥や虫たちが集まりますが、この日も三周目に「ヒヨドリ」と「メジロ」が
お相手をしてくれ、先にご紹介をいたしました。
 駐車場の「ソメイヨシノ」の大木は、今日ぐらいからが見頃となりそうなので、明日は温泉と
セットでお花見に行こうと思います。

コメント

非公開コメント