FC2ブログ
2011/08/26

立ち寄り湯「青森・倉石温泉“日帰り入浴施設”」



8月24日から始まりました、「青森県・三八上北の旅」も愈々本番となりますが、
ここからは温泉バカの世界にどっぷりと浸ってみたいと思います。
 題して「おいであんせ!五戸の湯!」三連発です。 新郷村でキリストの墓に
お参りをした後、お隣の五戸町の湯巡りですが、第一湯は「倉石温泉」です。

【“倉石温泉”のおいたち】
この交流センター「倉石温泉」は、あの懐かしい“ふるさと創生資金”1億円也を
活用して掘り当てた温泉ですが、当時一番安易なブームは温泉等の箱モノ造り
で、無策だったのが金の延べ棒でした。 でも、今も持っていたらネ~!!
 超音波やバイブラの浴槽のマッサージ効果が全身を和らげ、ほかにサウナ、
憩い室、交流ホール、和室など心と体を癒すスペースが併設され!、などという
謳い文句は、ほとんどが何処かの企画会社が作ったものでした。

【どうするの“公営温泉”】
当時はバブルの絶頂期、収支計算などして建てた訳ではなく、単純にあった方
が良いという施設が日本国中に出来、今地方自治体の財政を圧迫しています。
 この建物も温泉だけなら、今の1/4もあれば十分で、周囲を見渡すと建物の
5倍はある駐車場、周辺の広場を入れると10倍以上という広大な面積です。
 おそらく、「道の駅」のような施設をつくるため用地を取得し、町の期待外れで
計画がとん挫した結果と思われます。

などと、そんなお堅い話はさておいて、何ともご立派な山里の温泉をご賞味です。

コメント

非公開コメント