FC2ブログ
2011/09/09

ふだん着の温泉「福岡・原鶴温泉“花農家”」



今回の九州の旅は、別府の湯からスタートし、一旦歴史の旅にスライスしましたが、
福岡空港に到着してご近所を廻ったのが2つの歴史の旅で、最初に向かった先は、
昼食を兼ねた朝倉市の原鶴温泉「花農家」でした。
実は、九州はこういう面白いスタイルの温泉や、家族風呂が多い地域なんですよね。

【福岡最大の温泉地“原鶴温泉”】
九州の大河・筑後川に点在する筑後川温泉郷の一つ原鶴温泉は、四季折々の豊かな
自然に恵まれた筑後川の岸辺に、大型ホテルや旅館が立ち並ぶ、福岡県随一の規模
といわれる温泉地です。
 開湯120年を超えるこの温泉は昔、川へ釣りに来た人が、一か所だけ雪の積もって
いない場所を見つけたのが発見のきっかけといわれております。
 この温泉街の中で、唯一小高い山の頂上に建つのが「ビューホテル平成」で、その
すぐ真下にある別棟の食事処が「花農家」です。

【お食事処“花農家”の魅力とは】
このお食事処では炭火焼を始め、こちらの女将の出身地長崎県島原地方の郷土料理
「六兵衛」(さつま芋を粉にしてお蕎麦のようにこねたもの)等、どこか懐かしさを感じる
料理を揃えており、千円札でおつりがくる優しい値段のお店です。
 温泉のキャッチフレーズは、「和みの湯でゆったりと!、家族風呂でにぎやかに!」
となっておりますが、二枚目の建物の正面部分が男女別内湯「和みの湯」で、階段を
下りたその下には2つの「家族風呂」がありました。
(先に食事をすれば、和みの湯600円が400円になる入浴割引券がもらえますよ)

どちらも眼下に筑後川と平野部を望む、抜群のロケーションでしたよ。 (感謝!感謝!)
なお、この地がNHKふだん着の温泉に放映されたのは、2000年8月27日のことでした。

 

コメント

非公開コメント