FC2ブログ
2012/06/17

ニセコ温泉郷「泡付きのぬる湯“黄金温泉”」





二日目に向かったニセコエリアは温泉の宝庫。 ニセコ連山を取り囲むように、
15もの温泉地が点在し、様々な泉質の湯が我々を楽しませてくれます。
 まずは、宿泊予定のニセコ昆布温泉「鯉川温泉旅館」に荷物を預け、昆布駅
から車で10分という、泡付きのぬる湯“黄金温泉”を目指すことにしました。
 ここは、2002年にオープンしたこのエリアでは最も新しい温泉で、宿はなく
日帰り入浴施設が一軒あるだけです。
 5月から10月の期間営業ですが、アットホームな雰囲気が良いと、町民達に
親しまれているようでした。

【九州の長湯温泉、七里田温泉を思い出させる湯】
この温泉施設は、何とも言えないロケーションの中に湯小屋が建っています。
  1、羊蹄山を正面に見て、黄色い看板が見えてきました!!
  2、露天風呂に出ると、右側に雲に隠れる羊蹄山が!!
  3、正面には、ニセコアンヌプリも望めます!!
  4、入っていた桶湯と入口横の寝湯は、正真正銘「泡付きのぬる湯」!!
なぜ、こんな小さな浴槽で喜んでいるのか、それはこのお湯の泉質なんです。
 九州で大好きな長湯温泉の「ラムネ温泉」、七里田温泉の「下ん湯」とおなじ
泡つきの炭酸泉が、このロケーションで楽しめたからなんですね。

コメント

非公開コメント