fc2ブログ
2012/10/04

貸切湯天国の「鉄輪温泉“粋房おぐら”」





今回、初日のお泊まりに選んだ宿は、一年前に泊まった鉄輪 “おやど 湯の丘”
から、さほど離れていない“粋房おぐら”でした。
 こちらの宿も部屋数は本館に5つ、離れに2つ(客室風呂付)と小ぶりながら、
7つある風呂は全て貸切制で、24時間いつでも入浴できます。
 この日は離れに予約が無かったため、その2室もお風呂場は解放されており、
僅か2組のお客で7つの湯めぐりとなりました。
こんな贅沢ができるのも、温泉モンスター“別府八湯”ならではのことですね。

【幻想的なコバルトブルーの源泉を貸し切る】
お宿を選んだもう一つのポイントは、露天風呂が乳白色から青色に変化する、
憧れのお湯だったからです。
 ここはお宿の自家源泉を持ち、地下約600mから湧出してくる源泉かけ流し
の湯ですが、温泉成分の中に、通常の約4倍の“メタケイ酸”を含み、露天では
幻想的な色合いの湯浴みが楽しめます。
 ただし、青いお湯がハッキリしていたのは、露天風呂が大きめの「照湯」で、
他の露天は小さいためか、青白色というか濁り湯でした。

思い出の別府八湯の“コバルトブルーの湯”を入湯順に並べてみますと、
 (1) 明礬温泉「岡本屋旅館」、 (2) 鉄輪温泉「神和苑」
 (3) 観海寺温泉「いちのいで会館」、 そして今回の「粋房おぐら」でした。

今回は到着時が小雨のため、旅館の建物の写真はありません。
食事は部屋出しですがこんなテーブルとイス、そして客室からの別府湾を添付!!

コメント

非公開コメント