fc2ブログ
2012/10/11

長湯温泉物語「超本格派の“郷の湯旅館”」





今回の長湯の湯めぐりは、残念ながら雨降りということで、「水神之森」「ガニ湯」
はパスし、お宿の湯めぐりになってしまいましたが、翌日、宿から七里田温泉に
向かう途中にある、どうしても外せない温泉が「郷の湯旅館」でした。
 長湯温泉の中でも析出物の多い温泉旅館で、HPでは見ておりましたが、最初
の男性浴室「竹笛」に入った瞬間、「凄い!」の一言でした。
湯船に体を沈めると大量の湯の花が舞い、思わず顔がほころんでしまいます。
3~5枚目は、この日の女性浴室「薬師の湯」ですが、こちらも凄い光景でした。
(5.6枚目は削除いたしました!!)

今回見物は出来ませんでしたが、最後の写真は3つ続きの「家族湯」の建物で、
その奥には露天風呂もあり、昔のパンフレットを見ると11もの湯船があります。
ただし、この析出物ではいくつかの湯船は使われていないかも知れませんネ!!

【お宿の心意気、「湯守りのひとりごと」を転記!!】
  温泉について
    日本一とか世界屈指などは
  入湯されたお客さん
  ご自身でお決め下さる
  ここには
    沸さず
      薄めず
        循環せず
  の山間の
    静かないで湯と
      小さな宿があるだけです

今回の長湯の湯めぐりは、二つのお宿だけでしたが、〆は満足の湯浴みでした。

コメント

非公開コメント