FC2ブログ
2013/03/21

今日の秘湯「弓ヶ浜温泉“湯楽亭”」





天草諸島の大矢野島、そんなのどかな漁村の一角にあるのが一軒宿“湯楽亭”で、
珍しい土蔵造りの建物が個性的です。 (日本秘湯を守る会のお宿です!)
 このお宿の温泉は、空気に触れると徐々に赤く変色する「赤湯」と、以前からある
無色透明の「白湯」の2つの異なる泉質が楽しめます。
 朝一番の立ち寄り湯で、途中本当に狭い道路を通りますが、旅館の前には広い
駐車場があり、複数の家族連れや5名の友だちグループ等で賑やかでした。
 平成8年に掘り当てたという「赤湯」は、以前からある「白湯」の7倍の温泉成分を
含んでいるそうで、浴槽の底はまったく見えず析出物でコテコテです。
 二つの内湯を抜けるとお宿名物の洞窟風呂がありますが、これは家族総出で堀
り出したものだそうで、さすがに洞内の撮影は不可能なので、入口のタヌキの置物
と大徳利のご愛嬌で勘弁いただきましょう。

これで今回の九州の湯めぐりの記事と、10個の温泉紹介を終わりますが、皆様の
お付き合いに感謝致します。
実はあと2つの共同浴場がありましたが、こちらはいずれ折を見てご紹介致します。

コメント

非公開コメント