FC2ブログ
2013/03/28

春を捜して②「セリバオウレン(芹葉黄連)」




仙台市野草園の散策で、ジュウガツザクラ(十月桜)の次に目に止まりました
のが「セリバオウレン(芹葉黄連)」で、路傍の愛らしい神様をとり囲むように、
白い花を咲かせておりました。
 そして、一般的な桜の開花と時期を同じくする「カタクリ(片栗)」の花は、
花芽を見つけたのはこの一つだけで、開花はもう少し時間がかかりますね。

【「セリバオウレン(芹葉黄連)」の特徴】
野草園の林内に自生する雌雄異株の多年草です。 葉の形がセリに似てい
ること、鮮やかな黄色の根を持つことから名付けられました。
 花期は3月~4月で、Myフィールドの太白山自然観察の森をはじめ、仙台
市内部の野山にも咲き始めました。

コメント

非公開コメント