FC2ブログ
2013/05/26

今季の夏鳥「クロツグミ(黒鶫)」



一昨日は久しぶりの青葉山公園パトロールでしたが、夏鳥では樹上にセンダイ
ムシクイとコサメビタキを見ただけで、公園をもう一周することにしました。
 二周目も終わりに近づいた時、スギ林の中から何ともキレイな囀りが聞こえ、
そっと近づくと「クロツグミ(黒鶫)」が地上で鳴いております。
 すぐに逃げられてしまいますが、まだ鳴きやまないので声の方向に進むと、
高い枝で自慢の歌声を聴かせてくれた良い子でした。
ただし、逃げられるのが怖くて近づけず、目一杯のトリミングをしております。

【「クロツグミ(黒鶫)」の特徴】
全長約22cm、オスは黒色の頭部から胸にかけてと上面、そして黒い三角斑
のある白いお腹、黄色いアイリングとくちばしが特徴です。
 「キョロキョロ、キョコキョコ、キャラキャラ、ツリー」などと、大きく美しい声で、
音楽的な囀りを聞かせてくれます。
鳴くのは♂ですが、その歌唱力から「森のプリマドンナ」とも呼ばれています。
 主に夏鳥として九州以北の丘陵や低山に渡来するようですが、近年その数
が減った夏鳥の一つで、青葉山公園で出会ったのは今回が初めてでした。

コメント

非公開コメント