FC2ブログ
2013/06/07

今季の夏鳥「アマサギ(亜麻鷺)」





昨日の仙台はやや曇り空の為、再度「キリンビール仙台工場」に出向きますが、
一昨日は好天だったため、見上げた写真はすべて白っぽく、折角の「アマサギ
(亜麻鷺)」の橙黄色がボケてしまったためでした。
 実はこの鳥も、夏鳥として本州から九州に渡来し、水田や湿地で暮らすよう
で、仙台市内部ではこの時期この場所でしか出会いがありません。
 映画やテレビでは、田畑のトラクターの後をつけて、掘り出された昆虫などを
食べる光景を見ることがありますが、この色合いは夏羽で冬は白色、それでは
チュウサギと見分けがつきませんね。

【「アマサギ(亜麻鷺)」ペアの愛の暮らし】
「何か、最近急に周りが静かになってきたな~!!」
「そうよ、お隣もお向かいも、もう卵を温めているのよ!!」
「うちはもう遅い方なの!!、ねえ、あんた~!!」
「ねえ、と言われても、おやじが気になるな~!!」
「そんなの気にしないでってば~!!、うっふ~ん!!」
「うっ!、可愛い奴め!!」
「じゃ~!!、今日もいくで~!!」
「はいな!!、おまえさん!!」
「くちばしで、うなじを刺激しながら!!」 「うふっ!!」
「そ~れ!!、発射準備オーライ!!」
「もう、おやじが見てたって、止まらないもんね~!!」

(おやおや!!、鳥さんの愛の行為にも、ちゃんとステップがあるんだネ~!!)

コメント

非公開コメント