FC2ブログ
2014/09/18

花と蝶「マツムシソウとウラギンヒョウモン」





季節の花々も少し紹介したいと思いますが、今、野草園で蝶たちに人気なのが、
ミヤギノハギとこの「マツムシソウ(松虫草)」です。
 今日は最近めっきり数が少なくなった「ウラギンヒョウモン」とのコラボですが、
この子は皆さんの目を和ませてあげようと言ってるようでした。

【「マツムシソウ(松虫草)」の特徴】
北海道から九州に分布する多年草で、山地の草原に生育します。
 草丈は50~90cmで、夏から秋にかけて美しい淡青紫色の花を咲かせます。
花は頭状花序で、花の大きさは直径4cmほどです。
 マツムシ(スズムシ)が鳴く頃に咲くことが和名の由来という説がありますが、
真偽の程はさだかではありません。
 各県のレッドリストにも指定されている日本の固有種で、初秋を感じさせる
可憐な花ですよね。

なお、街中で見られる同様の花は、属名の「スカビオサ」という名前の園芸品種
で、近縁種の「セイヨウマツムシソウ」であることが多いようです。

コメント

非公開コメント