FC2ブログ
2014/10/10

生きもの賛歌「広瀬川の秋といえばサケの遡上」





10月も中旬に入り、広瀬川にも「サケの遡上」が始まる季節を迎えました。
 でも、あの大震災から三年半、人工孵化の出来なかった世代の子たちは、
果たして広瀬川に戻ってくるのでしょうか(?)
 昨日の散歩では、そんな心配を吹き飛ばしてくれる光景に出会いました。
漁協のメンバーが川に網をかけ、遡上してきたサケを捕らえております。
 私がそんな光景をぼ~っと眺めていると、可愛い人妻が声をかけてきて、
札幌だ、豊平川だ、千歳のインディアン水車だ、と話が盛り上がっていると、
あの亀次郎先生が横目で睨んでおりました。

【生きもの博士“亀次郎先生”のご講釈】
  「よっこらせっと!!」 「おい、お前!、手を貸してくれよ~!!」
  「何やオヤジは、好みの人妻に声をかけられたからって!!」
  「付け焼刃の講釈は、聞き苦しいで~!!」
  「川で生まれて海に下り、三年かけて生まれ故郷に戻ってくるんや!!」
  「オヤジが定年退職で、仙台に戻ってきたのとおんなじや!!」
  「ほいでも、オヤジが皆から歓迎されとるかは知らんけどな!!」
  「ほら見てみい!、サケは人の手を借りんでも、育つんやで~!!」
  「そない鼻の下を伸ばし、何や今日のオヤジはてれ~っとして!!」

「ふ~んだ!!、何を言われたって良いもんネ~!!」
「おいらの心は、飛行船~!!」
「飛んで、飛んで、笑って、笑うだもんね、あっ、あれは回るか(?)」
「今日は、カメラ担いで、“円 広志”しながら、お家に帰ろ~っと!!」

コメント

非公開コメント