FC2ブログ
2015/02/26

湾内の旅鳥「ウミアイサ(海秋沙)」







今回の気仙沼の旅では、残念ながら「キタオットセイ」には出会えません
でしたが、湾内に浮かぶ冬の旅鳥たちが出迎えてくれました。
 新シリーズは「湾内の旅鳥たち」、第一回は私にとっては初見・初撮り
の「ウミアイサ(海秋沙)」です。
 広瀬川ではカワアイサには良く会いますが、沿岸や内湾、河口に暮ら
すこの子たちは、何とも個性的な子でした。

【「ウミアイサ(海秋沙)」の特徴】
全長55cmとカワアイサをやや小ぶりにし、オスメス共に、後頭にある
ぼさぼさの冠羽と、茶褐色で斑紋のある胸が特徴です。
 オスの頭部は緑黒色で、胸との境は首輪状に白く、黒い背中の脇に
は細かい斑紋があります。
なお、アイサとは、秋早く(秋沙)に渡ってくる鳥を意味するようです。

 最後の2枚は翌日逆光の中で撮ったものですが、シルエットに冠羽の
特徴が良く出ているので載せてみました。

コメント

非公開コメント