FC2ブログ
2015/05/18

今季の夏鳥「エゾムシクイ(蝦夷虫喰)」





大沼界隈の散策では、水辺の他にも農業園芸センターの生垣やヨシ原、
周辺の田んぼも隠れた観察ポイントです。
 この日は「オオヨシキリ」の声に誘われて、生垣の周辺を歩きましたが、
あの独特な鳴き声が聞こえてきます。
 藪の中をチョロチョロしていたのは、この「エゾムシクイ(蝦夷虫喰)」と
「キビタキのペア」で、この日は風が強く、沼の水面も波立っていました
ので、ちょうど良い被写体となってくれました。

【「エゾムシクイ(蝦夷虫喰)」の特徴】
全長11.5cmほどのウグイスの仲間で、夏鳥として本州中部以北に飛
来し、よく茂った林に暮らします。
 センダイムシクイにも良く似ていますが、あちらは「チヨチヨビー!!」、
こちらの子は「ヒッツッキー、ヒッツッキー!」と高く澄んだ声で囀ります。

低い生垣の中だったので、見つけることが出来ました。 (感謝!感謝!)

コメント

非公開コメント