FC2ブログ
2015/05/19

今季の夏鳥「コムクドリ(小椋鳥)」





以前、ビール工場のサギのコロニーを紹介しましたが、同じ場所で子育て
をしていると思われるのが「コムクドリ(小椋鳥)」です。
 この子たちの餌は昆虫やクモなどが主ですが、このコロニーには生魚の
何とも言えない匂いが漂い、虫たちも多く集まっています。
 この子たちも顔に似合わず、したたかに生きる術を身につけているので
しょうか。

【「コムクドリ(小椋鳥)」の特徴】
全長19cmとムクドリよりも一回り小さく、羽毛は鮮やかで、色白の端正な
顔立ちをしています。
 夏鳥として本州中部以北に渡来し、本州北部や北海道では平地から山
地の明るい林に暮らします。
 人家近くにも出没し、広瀬川河畔でも昔は良く見かけましたが、中洲や
寄洲の除去、そして立ち木の伐採により姿を消してしまいました。
 渡りの時期には各地で群れが見られ、秋の木の実にもよく集まりますね。
ムクドリの群に混じっていることも良くあります。

コメント

非公開コメント