FC2ブログ
2015/07/16

夏来る「チョウトンボ(蝶蜻蛉)」








鳥枯れの季節を迎え、いよいよカメラを抱え昆虫採集オヤジに変身です。
 新シリーズの第一弾は「チョウトンボ(蝶蜻蛉)」ですが、涌谷・箟岳山の
「火渡り」の後は友人宅にお世話になり、翌朝は番犬というには可愛すぎ
のトイ・プードル、「ホット君」と近くの沼にお散歩でした。
 小さな沼にはハスの花が咲き誇り、チョウトンボの乱舞がステキでした。

   1.2)、 離陸のシーン

   3.4)、 着陸のシーン

   5.6)、 金属光沢の姿

【「チョウトンボ(蝶蜻蛉)」の特徴】
翅は青紫色で付け根から先端部にかけて黒く、強い金属光沢を持ちます。
 前翅は細長く、後翅は幅広く、腹部が細くて短いのも特徴のひとつです。
 出現期は6~9月で、羽化は6月中旬から始まりますが、ほぼ一年ぶり
のご対面でした。
 主に、平地から丘陵地にかけての植生豊かな池沼などで見られ、蝶の
ようにひらひらと飛ぶので、この名がつきました。
 光線の具合によって翅の色が変化するのが面白く、ついナイスショットを
狙ってしまいます。

コメント

非公開コメント