fc2ブログ
2021/09/15

花と蝶「ヒガンバナとカラスアゲハ」

昨日、最後にチラッとお見せした「仙台市野草園の今」ですが、昨日はいよいよ「萩まつり」の準備がスタート、行灯や紅白の幕の飾り付けが始まりました。
 とにかく、非常事態宣言だけは解除されて、ささやかな秋の宴が催される運びとなり、お祭りオヤジは心が晴れ晴れしております。

IMG_5202_202109141454500ca.jpg
IMG_5205.jpg
IMG_4353_2021091318214338e.jpg

茂みに隠れた「ヒガンバナ(彼岸花)」には、カラスアゲハが吸蜜に訪れており、「花と蝶シリーズ」久々の完成です。

IMG_5208_20210914145453d2e.jpg
IMG_5209_202109141454541e5.jpg

後は、イメージが壊れない程度にズームアップでしたが、危険を察知したのか間もなく飛び去ってしまいました。

IMG_5210_20210914145456851.jpg
IMG_5212.jpg
IMG_5217_20210914145459528.jpg
IMG_5220_20210914145500653.jpg

仙台市野草園の萩まつりは、9/18(土)から26(日)まで、私の大好きな仙台フィルハーモニー管弦楽団の「花の詩の集い」は、23日(祝)13:00~14:00ですが、期間中はお茶会や篠笛などさまざまな催し物が企画されております。
2021/09/14

鳥撮り雑感「もうすぐ夏鳥から冬鳥へ!!」

昨日は、八木山の街中公園に立ち寄った「ツツドリ(筒鳥)」でしたが、この日の公園ではいつもの留鳥、シジュウカラ、コゲラ、メジロ、エナガの混群が賑やかでした。
 そんな中に混じっていたのが、「コサメビタキ」と「キビタキの♀」でしたが、こんな夏鳥と交代でもうすぐ現れるのが、「ジョウビタキ」や「ルリビタキ」で、いよいよ冬鳥との出会いが近づいています。

IMG_4158.jpg
IMG_4159_20210913182139d0f.jpg
IMG_3830.jpg
IMG_3831.jpg

帰り道、この日再開園の「仙台市野草園」に立ち寄りますが、二週間見ない内にミヤギノハギも咲き始め、萩のトンネルの脇には「ヒガンバナ(彼岸花)」も顔を覗かせました。

IMG_4353_2021091318214338e.jpg
IMG_4359.jpg

2021/09/13

今日の野鳥「獲物付きのツツドリ(筒鳥)」

鳥撮りを再開した先週末は近くの街中公園へ!!、渡りの時期に出会いのある「ツツドリ(筒鳥)」は、獲物付きで被写体になってくれました。
 胸からお腹の太くて荒い黒色横斑、褐色の目と黄色のアイリング、名前はボボッ、ボボッ、という鳴き声が、竹筒をたたく音と似ているそうですが、今は無言で飛び回っています。

IMG_2875_2021091112460513f.jpg
IMG_2877.jpg

でも、こんな具合に獲物を探すのに夢中で

IMG_2782.jpg
IMG_2783_202109111246102e9.jpg
IMG_2784_20210911124611d5a.jpg

獲物を見つけると、すぐに飛び去るせっかちな子です!!

IMG_2799.jpg
IMG_2800_2021091112461468a.jpg
IMG_2801_2021091112461616b.jpg

当然ながら、その翌日はリベンジでしたが、そちらの画像は日を改めて紹介いたします!!
少々ご心配をおかけしましたが、先週末から下手な「鳥撮り」と「野鳥講釈」も再開です。
2021/09/12

湯めぐり旅情「越後関川温泉郷と鷹の巣温泉」

二年前のブログ記事に登場させた「越後関川温泉郷と鷹の巣温泉」は、今は亡き母が突然呟いた一言から始まった湯めぐりでした。
 旅の目的地である新潟県岩船郡関川村は、山形と新潟の県境に位置する豪雪地帯で、雪の心配のない五月連休明けを旅の日程としました。
 この地には、高瀬温泉、鷹の巣温泉、雲母(きら)温泉、湯沢温泉、桂の関温泉、ほかに共同浴場が三箇所あり、まさに私好みの温泉密集地帯でした。
 私が選んだ宿は日本秘湯を守る会、鷹の巣温泉「鷹の巣館」に連泊し、周囲の観光と湯めぐりを楽しみましたが、再度訪れたいと思った地もコロナ禍ではままなりません。

IMG_7946_20210911132435df4.jpg
IMG_7936_20210911132436914.jpg
IMG_7948_20210911132438c1a.jpg
IMG_7911_2021091114503186b.jpg

さて、それでは二日間の仮住まいにまいりましょうか!!、本当に新緑がキレイです!!

IMG_7896_2021091113243947d.jpg
IMG_7897_20210911132441cf8.jpg
IMG_7889_202109111324429df.jpg
IMG_8111_20210911132444996.jpg

湯旅の帰りの日、お宿の玄関から見上げる山のてっぺんでは、早朝から鷹が激しく鳴いており、何とも思い出に残るお宿との別れでした。

IMG_7932_20210911132445998.jpg
IMG_8151_2021091113244716d.jpg
IMG_8195_20210911132448cf6.jpg

ここは我が父が生まれ亡くなった土地、「我が父の故郷は、越後の山と川と湯の里」で、私が「東北の温泉バカ」に変身した所以でしょうか!!




2021/09/11

湯めぐり旅情「東鳴子温泉と鳴子御殿湯駅」

今回の旅の東鳴子温泉は、鳴子温泉と川渡温泉の中間に位置する田園風景の中にあります。
 最寄り駅は陸羽東線の「鳴子御殿湯駅」で、古くは伊達藩主などの御殿湯があった由緒正しい湯治場だったと言われております。
 お隣りの賑やかな「鳴子温泉」とは対照的に、湯治場の風情を色濃く残すこじんまりとした温泉街は、「川渡温泉」の風景とよく似ております。
 温泉宿のほとんどが自炊客を受け入れていることもあり、長期滞在の湯治客が多い静かな温泉地です。 「さて、それでは駅の風景からスタートです」

IMG_9565.jpg
IMG_9621.jpg
IMG_9555_202109090940160ed.jpg
IMG_9626_2021090909401705c.jpg
IMG_9627.jpg

さてさて、駅舎に戻りぐるりと建物内部を見渡すと、そこは小さな温泉街のアート館です。

IMG_9546_202109090940201e1.jpg
IMG_9549.jpg
IMG_9551.jpg
IMG_9559.jpg

それでは駅舎を出て、今夜の湯宿へ!!、現在10軒あるお宿の殆どは徒歩10分程度の可愛らしい温泉街です。

IMG_9556_20210909094026fb4.jpg
IMG_9635_20210909094028823.jpg
IMG_9524_20210909094029649.jpg
IMG_9643.jpg

お宿に友を残し一人車で仙台に戻ったので、彼はこの逆コースで仙台に戻ったんですよネ~!!
想定外の出来事とは言え、申し訳ございませんでした!!

2021/09/06

進化する湯治宿「東鳴子温泉“旅館大沼”」(2)

今回は、地元仙台発・大人の情報誌「りらく9月号」の巻頭ページ、特番「現代湯治のススメ~命を養い、自分と向き合う時間~」の抜粋です!!

私の大好きな湯宿の一つ、東鳴子温泉の鳴子御殿湯駅近くに位置する老舗旅館が、今回の「東鳴子温泉“旅館大沼”」ですが、旅館の部と自炊湯治の二部作でお届けいたします。
 源泉の泉質は、美肌になる純重曹泉と消化や利尿にいい含食塩・芒硝-重曹泉の2種類で、それぞれ趣の違う内湯が7つもあり、湯めぐりの楽しいお宿です。

IMG_9534.jpg

そして今日は、冒頭の右端にある4階建ての湯治棟に皆様をご招待し、自炊湯治の自遊空間と安らぎ処をご覧いただきます。

IMG_9483_20210904215105ae6.jpg
IMG_9485.jpg
IMG_9539_2021090421510842c.jpg

そしてそして、湯治棟の建物の4階にある貸切風呂「陰の湯」と「陽の湯」、これがなかなか使い勝手が良いんですよネ~!!

IMG_9354.jpg
IMG_9344.jpg
IMG_9349.jpg

そして最後は宮城も非常事態宣言、湯治棟の個室でこっそりと酒盛りです。 感謝!!感謝!!

IMG_9454_20210904215114051.jpg


2021/09/05

進化する湯治宿「東鳴子温泉“旅館大沼”」(1)

今回は、地元仙台発・大人の情報誌「りらく9月号」の巻頭ページ、特番「現代湯治のススメ~命を養い、自分と向き合う時間~」の抜粋です!!

私の大好きな湯宿の一つ、東鳴子温泉の鳴子御殿湯駅近くに位置する老舗旅館が、今回の「東鳴子温泉“旅館大沼”」ですが、旅館の部と自炊湯治の二部作でお届けいたします。
 源泉の泉質は、美肌になる純重曹泉と消化や利尿にいい含食塩・芒硝-重曹泉の2種類で、それぞれ趣の違う内湯が7つもあり、湯めぐりの楽しいお宿です。

IMG_9495.jpg
IMG_9497_202109042051319fe.jpg

そして、裏山の庭園にある貸切露天風呂「母里(もり)の湯」は、大自然の中で身も心も解放される空間で、お宿に戻れば天女の舞う「千人風呂」と、心温まる癒しの空間が待っています。

IMG_9365.jpg
IMG_9371_202109042051348e4.jpg
IMG_9337.jpg

そして、今まであった「食事処」に加え、新しい食事処もでき、各種イベントにも使えそうな「今風の大きな空間」まで出来ておりました。「センスだネ~!!」

IMG_9359.jpg
IMG_9644.jpg
IMG_9491_20210904205140844.jpg

2021/09/04

立ち寄り湯「東鳴子温泉“黒湯の高友旅館”」

東鳴子に高友旅館あり、高友旅館に黒湯ありと言われるほどの名湯「黒湯」は、温泉郷では珍しい薄墨色をしており、鉄分とラジウムが多く含まれています。 
 更に、源泉は4つあり4種類の浴場に7つの浴槽があり、お宿の中で「湯めぐり」が楽しめますが、ほとんどの病気に効くといわれる薬湯は、湯治療養での利用の多いお宿です。

【高友旅館の薬湯】
   ◇ 含重曹・硫黄泉 … 源泉59.2℃、PH7.1 (黒湯)
   ◇ 重曹硫化水素泉 … 源泉51℃、PH6.5
   ◇ 含土類・重曹泉 … 源泉76℃、PH7.2
   ◇ 純重曹泉  … 源泉45℃、PH6.5

IMG_9605_20210903220735668.jpg
IMG_9601.jpg
IMG_9578_20210903220737ce3.jpg
IMG_9579.jpg

イントロはこれくらいにして、それでは名湯「黒湯」へのご案内です。

IMG_9585_202109032207403df.jpg
IMG_9586.jpg
IMG_9589.jpg
IMG_9591.jpg
IMG_9594_202109032207464da.jpg

2021/09/03

立ち寄り湯「東鳴子温泉“いさぜん旅館”」

さまざまな疾病に効くと言う「東鳴子温泉“いさぜん旅館”」の湯は、全国各地からファンが訪れるお宿で、今まで色んな方にお会いしてきました。
 敷地内には泉質の異なる3種類の温泉が湧き出していて、胃腸病、神経痛に良いとされる「炭酸泉」は、湯の表面を見ると小さな泡がプチプチと弾けています。
 又、同じ浴室内にある「鉄鉱泉」は、体の芯から温めてくれる「癒しの湯」で、混浴ですが、是非とも味わってほしい金500円也の名湯です。

IMG_9399_202109020859462c9.jpg
IMG_9416.jpg
IMG_9410_20210902085949faa.jpg
IMG_9411_20210902085950cf1.jpg
IMG_9428.jpg

名物の浴槽を味わった後は、一人占めの大浴場(こちらは「重曹泉」です)でのんびり過ごしました。 感謝!!感謝!!

IMG_9430.jpg
IMG_9419.jpg
IMG_9432_20210902085956eb4.jpg
2021/09/02

昆虫採集日記「睡蓮の長沼とギンヤンマ」

睡蓮もだんだん寂しくなってきた長沼ですが、この日は連結したギンヤンマが飛んでいました。
 体長が70~80mmで、胴体はほぼ緑一色、複眼の目も鮮やかな緑色をしているため、飛行中でも一目でギンヤンマと分かります。
 ♂は体の真ん中が青くなり、この時期の♀は腹部が赤っぽく見えます。命を繋ぐ季節ですね。

IMG_1710_202108290623552e8.jpg
IMG_1711.jpg
IMG_1495.jpg

【さてここからは、お邪魔虫のトノサマガエルにも入っていただきましょうか!!】

IMG_1616.jpg
IMG_1617_20210829062401fb7.jpg
IMG_1630_20210829062403ebc.jpg
IMG_1618.jpg

カエルもいいですが、先月半ばに見た「カルガモのおチビたち」はどうしたのかな~!!

IMG_2009_202108290624067ad.jpg
IMG_2048_202108290624074c9.jpg
IMG_6315_202108290624098aa.jpg
2021/09/01

今日の野鳥「センダイムシクイ(仙台虫喰)かな!?」

今日までは巣籠りならぬ湯籠りで、お気に入りのお宿にブチ湯治でしたが、カレンダーも変わりますので最新のご挨拶といたします。

さて、先週末は仙台駅東の街中公園へ、狙いは渡り前の夏鳥との出会いでしたが、この時期鳴かない子を見つけるのは大変です。
 しかもご覧いただくムシクイ一族は、みな同じような顔をしており、チヨチヨビーなのか、ヒッツッキーなのか、ジュリジュリなのか見分けがつきません。
 最後に頭のてっぺんを見せてくれたので、これは薄めの頭央線と見なしましょうかネ~!!

IMG_1448.jpg
IMG_1449.jpg
IMG_1462_2021082721452018f.jpg
IMG_1463_20210827214522037.jpg

【さて、ここから二枚は、頭にご注意願います!!】

IMG_1466.jpg
IMG_1469_202108272145251b8.jpg
IMG_1471_20210827214526f58.jpg
IMG_1473_202108272145288bf.jpg