FC2ブログ
2020/09/30

今日の旅鳥「気の強いエゾビタキ(蝦夷鶲)」

コサメビタキやムシクイ一族で賑やかな街中公園ですが、この日は「エゾビタキ(蝦夷鶲)」の数が多く、この子たちのスポットに入ると頭上はこの子たちだらけでした。
 いつも見るコサメビタキより一回り大きく、白い下面にある明瞭な黒色の縦斑、そして翼の一部の白い羽縁が個性的な子です。
 この子たちの観察スポットに入り、見上げると7~8羽の群れで行動しており、低い位置の子を撮ろうとしていると、こちらに向かって威嚇してくる気の強い子がおりました。

IMG_8210.jpg
IMG_8211.jpg


IMG_8288.jpg
IMG_8289.jpg


IMG_8335_20200928191443a91.jpg
IMG_8352.jpg


IMG_8521_20200928191445ea7.jpg
IMG_8528.jpg
2020/09/29

今季の冬鳥「マガン(真雁)たちの飛来」

大沼や赤沼での鳥撮りシリーズの〆は、今季の冬鳥「マガン(真雁)たちの飛来」になります。
 赤沼で一羽の「ツルシギ」に、「もっと近づいて!!」と念力をかけていると、お隣りの鳥友から「マガン(真雁)!!」の声が掛かりました。
 
IMG_5807_edited-1.jpg
IMG_5808_edited-1.jpg
IMG_5881_edited-1.jpg
IMG_5887_edited-1.jpg

慌てて頭上にカメラを向けますが、残念ながら「ツルシギ」の撮影モード、ご覧の通りの「真っ黒クロ助」ですが、肉眼で見たくちばしの黄色と基部の白色は紛れもなく「マガン」でした。

IMG_5787.jpg
IMG_5789.jpg
IMG_5791.jpg
IMG_5792_202009270907475eb.jpg

県北部のマガンやヒシクイの集結地は、間もなく多くの冬鳥たちで賑わうことでしょう!!
2020/09/28

今日の夏鳥「ヨシゴイもおだてりゃ木に登る(?)」

さて、ツルシギやキビタキの大沼に話を戻しますが、この日最初に出会ったのは「ヨシゴイ(葦五位)」でした。
 ボサボサ頭の若鳥でしたが、沼を周回する散策路を歩いていると、目の前の木に飛んできた子で、こんな場所で姿を見るのは初めてでした。

IMG_5105_20200926214856393.jpg
IMG_5121_20200926214858a28.jpg
IMG_5131.jpg
IMG_5139.jpg
IMG_5169.jpg
IMG_5170.jpg

  「なんや、今日のタイトルは!」 「寂しそうに歩いとるから出てきてやったのに!」
  「もう、オヤジなんか嫌いや!」 「二度と付き合ってあげへん、ほな、さいなら!」

IMG_5176.jpg
IMG_5208_202009262149065f1.jpg
IMG_5216.jpg
IMG_5217.jpg

親鳥たちの姿は見かけなくなり、この子たちも間もなく姿を消す「別れの秋」を迎えました。
2020/09/27

今日の野鳥「メジロ(目白)たちの水飲み場」

メボソムシクイやコサメビタキの集まるキズタの花には、「メジロ(目白)たち」も集まりますが、こちらは桜の木の樹洞に溜まっている水がお目当てのようです。

IMG_4322_2020092512592092d.jpg
IMG_4330.jpg
IMG_4336.jpg

広いスペースではないので、他の子は周りでお行儀よく順番待ちです。

IMG_4298_20200925125925e35.jpg
IMG_4314_20200925125926b58.jpg

そして、自分の番が来ると樹洞の近くに下りてきます。

IMG_4341.jpg
IMG_4357_20200925125929737.jpg
IMG_4390.jpg

中には空気の読めない子もいますので、そんな時には、先客に「ビシッ!」と注意されます。
野鳥の世界にもそんな子がいて、集団で行動している子たちにはルールがあるのでしょうネ!!

IMG_4406.jpg
IMG_4407_20200925125933970.jpg
2020/09/26

西岸良平の世界「堺雅人主演の鎌倉ものがたり」

本日は二作目となりますが、昨晩の9時からTV放映された「西岸良平の世界」についてです。
 マンガ好きのオイラにとっては、「三丁目の夕日、夕焼けの詩」と並ぶ西岸良平の代表作で、「魔界都市、鎌倉」を舞台に巻き起こる数々の難事件に挑む、主人公のミステリー作家・一色先生と、年の離れた可愛い新妻の物語です。
 マンガでも映画でも何とも面白いのが、鎌倉警察署も妖怪を普通に扱っていたり、妖怪も妖怪として人間と付き合っていたり、そして映画「三丁目の夕日」の豪華キャストが勢揃いと言うのも楽しいひと時でした。
「温泉バカ」は古典の「マンガバカ」で、大正浪漫を愛する「ファンタジー小説バカ」でした。

61LaB9l2IrL__SX355_BO1204203200_.jpg
51D9EhzKv-L__SX348_BO1204203200_.jpg
91-3Q0oGJEL.jpg

なお、こちらは本日第二作なので、コメント欄は閉じさせていただきました。   深謝!!


2020/09/26

今季の夏鳥「メボソムシクイ(目細虫喰)との別れ」

最近よく訪れる八木山の街中公園ですが、この日のお相手もいつもの「コサメビタキ」と「ムシクイ一族」でした。
 ウグイス亜科に属する「ムシクイ一族」は、姿かたちや色合いが似ており、なかなか見分けがつき難いのですが、鳥友のアドバイスで「メボソムシクイ(目細虫喰)」としました。

IMG_6642.jpg
IMG_6658_20200924191518801.jpg
IMG_6666.jpg
IMG_6667.jpg

この子やコサメビタキのお目当ては、終りかけのキズタの花に集まる虫たちで、この場所に留まっている理由が良く分かりました。

IMG_6637.jpg
IMG_6417_edited-1.jpg
IMG_6567.jpg
IMG_6568_202009241915267cf.jpg
2020/09/25

みちのく小さな旅「伊達家重臣、片倉小十郎を訪ねて」

白石市の名湯「鎌先温泉」のプチ湯治の前に訪れたのが、片倉小十郎の城下町「白石」でした。
 初代片倉小十郎景綱は終生政宗につかえ、伊達家随一の名参謀と言われていますが、まずは「白石三白(しろいしさんぱく)」の一つ温麵(うーめん)で腹ごしらえです。
 なお、白石の昔からの名物「白石三白」とは、温麵(うーめん)と和紙と葛で、1万8千石の小大名が南の軍事拠点を守るには、それなりの経済力と軍事力を備えていたようです。

IMG_4103.jpg
IMG_4105_2020092109525243a.jpg

仙台藩の南の要衝で、軍事上重要な拠点だった白石城を景綱が拝領したのは慶長7年(1602年)、以来明治維新に至るまで10代約260年にわたり片倉氏が居城しました。

IMG_4109.jpg
IMG_4112.jpg
IMG_4116_2020092109525507e.jpg
IMG_4128.jpg

白石城を抜け外堀を兼ねていた沢端川を西に行くと、そこは中級武士の屋敷があった静かな住宅地で、茅葺屋根の旧・小関家が解放されています。
 武家屋敷といえどもその造りは極めて素朴で、農家住宅を素地にしている初期段階の造りのようです。 この橋に佇んでいる吉永小百合のポスターが欲し~い!!  「隠れサユリスト」

IMG_4147_20200921095258c67.jpg
IMG_4151_20200921095300b1c.jpg
IMG_4155.jpg
IMG_4165_20200921095302e27.jpg
IMG_4169.jpg
IMG_4180_2020092109530533f.jpg
2020/09/24

今日の夏鳥「キビタキ(黄鶲)との別れ」

この日は、赤沼のツルシギで気を良くして、また大沼に戻りますが鳥友の姿はなく、車で一回りして家へ帰るつもりでした。
 第三コーナーを回ると見慣れた車が四台、小さな公園にはカメラを持った鳥友、これはオイラには「いつ撮るの(?)、今しかないっしょ~!!」の無言の誘いでした。
 公園の植栽の中を探していたのは「キビタキ(黄鶲)のペア」ですが、ごちゃごちゃの枝被り葉被りで、なかなか良い場所には出てきてくれません。

IMG_6118.jpg
IMG_6133.jpg

それでも、時々全身を見せることがありますので、こちらではドキドキの鳥さん撮影会でした。

IMG_6253.jpg
IMG_6254.jpg
IMG_5951.jpg
IMG_5975.jpg

もうすぐお別れなので、「キビタキ(黄鶲)♂」の黄色をアンコールです。 「しつこいオヤジやな~!!」 「ほんと、ありがた迷惑だわ!!」

IMG_6200_20200923123727374.jpg
IMG_6201.jpg
2020/09/23

今日の旅鳥「ひさびさのツルシギ(鶴鴫)」

四連休の最終日は、約一週間ぶりの大沼でしたが、いつものメンバーが勢揃いの賑わいでした。
 大沼を一回りした後、お仲間の情報でお隣りの「赤沼」を訪れますが、こちらでは「ツルシギ(鶴鴫)」が被写体になってくれました。
 しかも、この日は珍しい四羽の集団で、久々にワクワクする鳥撮りでしたが、いるところにはいるものです。

IMG_5298.jpg
IMG_5355.jpg
IMG_5372.jpg
IMG_5375.jpg
IMG_5420.jpg
IMG_5436_202009222104536be.jpg

最後は、恥ずかしながらピンボケの飛び出しシーンですが、「ツルシギ(鶴鴫)」の特徴である赤い足の証拠写真として掲載しました。

IMG_5770_202009222104540c5.jpg
IMG_5772.jpg
2020/09/21

昆虫採集日記「ノアザミとホシホウジャク」

桜の名所の街中公園では、冬に向けて草刈りが行われていましたが、刈り残された周辺にはノアザミが咲き、残り少なくなった花の蜜を求めて虫たちが集まります。
 今日登場するのは蝶ではなく蛾、止まっている時はステルス戦闘機そのもので、黒褐色の地味な子ですが、花の蜜を求めている姿は日本にはいない「ハチドリ」のような子です。

IMG_3977_202009201324172c9.jpg
IMG_3982.jpg
IMG_3983.jpg

この子の名は「ホシホウジャク」、かなり高い飛翔能力を持っており、花から花へと飛び回り、飛んだまま空中で停止(ホバリング)をします。
 飛んだままの状態で長い口吻(こうふん)を伸ばし、花の蜜を吸う姿はまさに「ハチドリ」で、こんな姿にはついつい見とれてしまいます。

IMG_4002_20200920132421a4d.jpg
IMG_4035_202009201324232dc.jpg
IMG_4038.jpg

「スズメガ科」に含まれる一種で、似た種類には「クロホシホウジャク」やら「ホシヒメホウジャク」がいるようですが、オイラにはまったく識別不能です。
 翅が透明な「オオスカシバ」なら、すぐに分かるんですけどネ~!!

IMG_4874_edited-1.jpg
IMG_4880.jpg
IMG_4886.jpg
2020/09/20

今日の夏鳥「樹上のコサメビタキ(小鮫鶲)」

昨日のサンショウクイの前に遊んでもらっていたのが、「樹上のコサメビタキ(小鮫鶲)」ですが、なかなか手強い子で低い位置には下りてきません。
 でも、樹上には4~5羽が飛び交っており、体の大きさの違う子も混じっているので、バトルの相手はキビタキかもしれません。
 渡りの時期に被写体となってくれた、パッチリお目々の子に感謝!!感謝!!です。

IMG_4582.jpg
IMG_4586_20200919101143832.jpg
IMG_4590.jpg
IMG_4606_202009191011454b6.jpg
IMG_4608.jpg

その後、サンショウクイとの追いかけっこでしたが、その子が姿を消した後は心にも余裕が生まれ、今日のタイトルのような構図も狙ってみました。

IMG_4816_20200919101149441.jpg
IMG_4817.jpg
IMG_4829.jpg
IMG_4831.jpg
2020/09/19

今日の夏鳥「サンショウクイ(山椒喰)との出会い」

鳥撮りとは実に面白いもので、この日の街中公園で狙っていたのは、渡りの途中の「トケン類とヒタキ類」でしたが、いつもの混群に混じって突然現れたのは、今季お初の「サンショウクイ(山椒喰)」でした。
 ヒーリーリ、ヒーリーリと鳴くため、この子の名前は「山椒は小粒でピリリと辛い」、ということわざから名付けられたようですが、オイラにはどうも鳴き声の記憶がありません。

IMG_4674.jpg
IMG_4683.jpg

桜の葉にジャマされ続け、その姿をスッキリ捉えることはなかなか出来ませんが、何とかものにした数ショットです。

IMG_4721.jpg
IMG_4722.jpg
IMG_4772.jpg
IMG_4777.jpg

混群で移動しているため、いつの間にか姿を消してしまいますが、二度目に現れた時は近くですが上半身だけに終わりました。

IMG_4984.jpg
IMG_4987_20200918215517035.jpg



2020/09/18

今日の名湯「鎌先温泉“最上屋旅館”」自炊の部

奥州の薬湯として知られる鎌先温泉、その中で昔ながらの風情を残す旅籠風の老舗旅館が、格子の引き戸が二階部分を覆う「最上屋旅館」です。
 そして何より嬉しいのが、昔からの馴染み客(自炊湯治のお客)を大切にする経営姿勢で、宮城県南部では殆んど姿を消してしまいました。

IMG_4254.jpg
IMG_4256_20200916153901125.jpg

夕食前には大浴場も満杯となり、この日二度目の入浴ですが、浴室を出るとご覧の通りの洗面所が並んでおり、そのお隣りには自炊室も完備され、二階は自炊のお客の部屋となっております。

IMG_4267.jpg
IMG_4276.jpg
IMG_4282.jpg

翌日の朝食前は、入浴後に温泉街のぶらり散歩でしたが、久しぶりに鎌先温泉街の新鮮な空気を吸い、お宿に戻ると食事の準備も出来ておりました。 オイラには自炊はムリかも!!

IMG_4293_202009161539088d0.jpg
IMG_4303.jpg
IMG_4306_20200916153911390.jpg
IMG_4290.jpg
2020/09/17

今日の名湯「鎌先温泉“最上屋旅館”」旅籠の部

奥州の薬湯として知られる鎌先温泉、その中で昔ながらの風情を残す旅籠風の老舗旅館が、格子の引き戸が二階部分を覆う「最上屋旅館」です。
 源泉温度が36.8℃とやや低いため加温はしておりますが、加水なし、循環無し、消毒無しの含芒硝食塩泉のかけ流しの湯が、肌にじんわりと伝わってきます。

IMG_4214_202009161626436f4.jpg
IMG_4216.jpg

この日のチェックインはPM2:00、男性の大浴場がお湯が満杯ではないため、それまで貸切風呂を使用して欲しいとのことですが、それはオイラの大好きな「屋形船の湯」です。

IMG_4240.jpg
IMG_4237.jpg

湯上り後は、玄関ロビーやお土産処でしばし過ごしますが、館内も階段や手すり、客室の天井や床柱などに、木材がふんだんに使われており、長い時間の流れを感じさせてくれます。
 最後は「食べログ」ではありませんので、夕食時の風景写真として掲載いたしました!!

IMG_4248.jpg
IMG_4241.jpg
IMG_4246_2020091614074470b.jpg
IMG_4285.jpg

なお、今回はGoTo割引のお陰で、税別13,500円の広い部屋に泊まり、ビールや冷酒をそこそこ飲み、実質支払額は一人当たり12,000円でした。 感謝!!感謝!!