FC2ブログ
2019/10/13

仙台リス歩き「リスたちは備蓄の秋」(先のお話)

現在ブームの「チコちゃんに叱られる」ではありませんが、今回の記事は「今のお話」「先のお話」に分けて、この子たちの暮らしをご紹介しております。
 この日の青葉山公園のリスたちは、いつもの広瀬川河畔の胡桃の木ではなく、東屋に近い場所で行動しておりました。
 この子たちには「アリとキリギリス」ではありませんが、収穫した胡桃を木の根元や祠を利用して備蓄をする習性があります。
 食料の少ない冬を乗り切るための賢い知恵ですが、野鳥の世界ではドングリの実を隠すカケスたちの姿を見ることもあります。

IMG_1902.jpg
IMG_1904.jpg
IMG_1905.jpg
IMG_1653.jpg
IMG_1655.jpg
IMG_1677.jpg
IMG_1678.jpg

「おやおや今度は二個、何とも微笑ましい姿ですネ~!」 「ボォ~ッと見てんじゃねえよ!」

IMG_1937.jpg
2019/10/12

仙台リス歩き「リスたちも収穫の秋」(今のお話)

現在ブームの「チコちゃんに叱られる」ではありませんが、今回の記事は「今のお話」「先のお話」に分けて、この子たちの暮らしをご紹介してまいります。
 この日の青葉山公園のリスたちは、いつもの広瀬川河畔の胡桃の木ではなく、東屋に近い場所で行動しておりました。
 とか言いながらオイラはリスのド素人、リス博士の後ろに回って、おこぼれのショットを狙うのが精一杯ですが、実はこの作戦が上手くいくんですよ。
 とにかく動きが早く、いつも行動を観察しているお二人は、この子たちの行動パターンも良く知っており、先が読めるのだから敵うはずがありません。

IMG_1745.jpg
IMG_1746_201910112052442ae.jpg
IMG_1747_edited-1.jpg

【次のショット】
IMG_1856.jpg
IMG_1867.jpg

【〆のショット】
IMG_1875.jpg
IMG_1877.jpg
IMG_1886.jpg

「さてさて、この続きは明日の「先のお話」でご紹介いたします。 お楽しみに~!!」
2019/10/11

仙台リス歩き「収穫の秋、風のいたずら」

台風到来前、昨日撮った一枚ですが、目の前の葉がブラインドをかけてしまいました。
本日はこの一枚だけで、リスさんの「収穫の秋」はゆっくりと整理整頓する予定です。

IMG_1720.jpg

昨日は風でしたが今日は朝から雨、いよいよ大型台風が日本列島に接近してきました。 皆々様もこの週末はお気を付けてお過ごしください。
2019/10/10

今日の野鳥「コサメビタキ(小鮫鶲)」

前回「ツツドリ」を単独で登場させましたので、依怙贔屓なしで「コサメビタキ(小鮫鶲)」も登場させていただきます。
 「街中公園も食欲の秋」では、トンボを銜えているシーンでしたが、本当はお目々クリクリの可愛い子なんですよね。

IMG_7880.jpg
IMG_7889_20191007144212a4e.jpg
IMG_7913.jpg
IMG_7915.jpg
IMG_7919_20191007144218a71.jpg
IMG_7936_20191007144220ba3.jpg

最後は後ろ姿ですが、この子たちともお別れの時期が近づきました。 「ありがとネ~!!」

IMG_7978.jpg
2019/10/09

今日の野鳥「メボソムシクイ(目細虫食)」

この日は久しぶりに広瀬川河畔の散策でしたが、カワセミは目の前を通過するだけで、サギ類やカイツブリ、そして少数のカモ類を観察する程度でした。
 帰り道、河畔の柳の木の根元で、「ヂッ、ヂヂッ!!」という鳴き声を聞き、堤防から真下を覗き込むと、ウグイス族の子が飛び出してきました。
 センダイムシクイに良く似ていますが、地鳴きの鳴き方と頭央線がないことから、夏鳥の「メボソムシクイ(目細虫食)」と判定致しました。

IMG_9852.jpg
IMG_9854.jpg
IMG_9856.jpg
IMG_9857.jpg
IMG_9861.jpg
IMG_9859.jpg

川の対岸には、「カワアイサ(♀)」や「ホオジロガモ(♀)」も観察されましたので、夏冬の主役交代もいよいよ本格化してまいりました。
2019/10/08

今日の名湯「蔵王温泉“源七露天の湯”」

今日の記事は予告編になりますが、今月下旬「蔵王温泉の湯めぐり」の旅支度が整い、久しぶりの紅葉の蔵王温泉に心を飛ばしております。
 この温泉街を訪れたのは今から7年前、ずいぶんご無沙汰をしていたもので、白濁の硫黄泉が恋しくなりました。
 というのは眉唾で、あるお宿に「平日限定お得な湯治・連泊プラン」を見つけ、湯旅の仲間に連絡を入れ急遽決まった旅の企画でした。
 旅程の「蔵王温泉の日帰り入浴、おすすめ5選」の中にも入れた、“源七露天の湯”をイメージ写真として添付しましたが、ここを訪れたのもちょうど今頃の時期でした。
 蔵王温泉大露天風呂の手前にある日帰り温泉施設で、営業時間9:00~21:00、入浴料金450円でこの開放感は優れものです。

blog_import_5c8031f02db57.jpg
blog_import_5c8031f1c5367.jpg
blog_import_5c8031f5434bc.jpg
blog_import_5c8031f3764fb.jpg

【蔵王温泉の日帰り入浴、おすすめ5選(除く“源七露天の湯”)】 (ご参考まで)
(1) 「蔵王温泉大露天風呂」 6:00~19:00、料金550円
      ここのお風呂は男女別の露天風呂のみ、季節をダイレクトに感じます
(2) 「おおみや旅館」 11:30~15:00、料金660円
      創業1,000年以上の老舗旅館は、何と源泉100%のかけ流し
(3) 「すのこの湯 かわらや」 9:00~20:00、料金450円
      温泉マニアの間で話題の「足元湧出湯」、以前は旅館で今は入浴のみ
(4) 「離れ湯 百八歩 蔵王四季のホテル」 10:00~17:00、料金880円
      雄大な蔵王連峰・竜山を一望できる露天風呂は、お宿から歩いて百八歩
2019/10/07

今日の冬鳥「マガン(真雁)」

冬鳥として渡来する「マガン(真雁)」は、宮城県では伊豆沼や蕪栗沼が越冬地として有名で、こちらでは珍しい冬鳥ではありません。
 ただし、ここは仙台近郊のため池「大沼」、たった一羽の貴重な被写体として、しばし楽しませてもらいました。
 全長72cm、灰褐色の体で群れで編隊を組んで飛ぶ姿は、野鳥好きでなくともTVニュースなどでご覧になっていると思いますが、私にとっては「ニルスのふしぎな旅」アッカ隊長が思い浮かびます。

IMG_1072.jpg
IMG_1262.jpg
IMG_1263.jpg
IMG_1264_20191006100417d68.jpg

こちらが近づくとドンドン対岸に向かい、やがて飛び立ちますが上空を旋回後、着水シーンまで見せてくれる良い子でした。

IMG_1304.jpg
IMG_1305.jpg
IMG_1311_201910061004226b3.jpg
IMG_1312.jpg
IMG_1313.jpg

2019/10/06

今日の野鳥「ツツドリ(筒鳥)赤色型」

この子と出会ったのは9月26日のことですが、その後月末まで二回訪問しヒタキ類やムシクイ類には会っても、とうとう出会いはありませんでした。
 一週間前の投稿記事に登場させたのはお食事シーンの三態、毛虫が嫌いな方も多いと思いますので、名誉回復のためノーマルなシーンを添付いたします。
 前半三態がケヤキの小枝を移動するシーン、後半三態はケヤキの葉の緑と黄色のコントラストが気に入り載せてみました。

IMG_8330_2019100415542425d.jpg
IMG_8429.jpg
IMG_8544.jpg


IMG_8976.jpg
IMG_8982.jpg
IMG_9018_201910041554323a7.jpg

2019/10/05

今日の旅鳥「クロハラアジサシ(黒腹鯵刺)」

先週大沼で出会ったのが「クロハラアジサシ(黒腹鯵刺)」ですが、せっかく沼の中ほどの杭にご休憩中のところを「カワウ」がジャマをします。
 東海地方以西に比較的多い子のようで、この沼にも時々立ち寄りますが、夏羽から冬羽に移行中の子で、頭はまだら模様、お腹も黒くはなくこちらもまだら模様でした。

IMG_6674.jpg
IMG_6681.jpg
IMG_6483.jpg

この日は上空を旋回した後、もう一度杭に戻り軟着地をする、「体操選手」のような姿をご披露いただきました。  「ほんと良い子です!!」

IMG_6683.jpg
IMG_6684.jpg
IMG_6685.jpg
IMG_6686.jpg
IMG_6688.jpg

今日のグリコのおまけは「パイプカワセミ」、今回は枯れ枝止まりですが、パイプの建造物をカットするため目一杯のトリミングです。

IMG_4878.jpg
IMG_5255.jpg

2019/10/04

今日の野鳥「エナガ(柄長)」+α

こちらも三神峯公園で、トケン類の飛来を待っていた時に撮ったものですが、全長14cmほどの「エナガ(柄長)」です。
 でも、そのうち8cmほどは尻尾ですから、柄杓の柄を長くしたような姿で、小さな声で鳴きながら、オイラの頭上を飛び交っていました。

IMG_0441.jpg
IMG_0478.jpg
IMG_0482.jpg
IMG_0486.jpg
IMG_0490.jpg

本日のグリコのおまけは「シマエナガ(島柄長)」、北海道でしか見られない子ですが、今年の一月には宮城県まで飛来してくれました。

IMG_0500.jpg
2019/10/03

グリコのおまけ「釣りバカKenちゃん」

本日の第二弾は、久々のOB会の釣り記事となりますが、春の釣り会が悪天候で流れ、10/1が今年初の釣行となりました。
 秋の狙いは「生き餌のヒラメ釣り」、早朝3時半集合の4時出船は年寄りには厳しく、早々に仲間の一人が脱落して4人の釣り会となりました。

IMG_4034.jpg
IMG_4051.jpg

天候にも恵まれ楽しい釣り会でしたが、我らが同好会々長は「始めから釣れると分かっている釣りは、面白くな~い!!」と豪語し、途中から得意のジギング釣りに変えますが、これが釣れてしまうから面白いものです。

IMG_4083.jpg
IMG_4065.jpg

四人組の釣果は、50~60cmのヒラメ平均6.5枚、竿頭は10枚、外道(釣り方としては本命)では会長の釣った「イナワラ」(イナダとワラサの中ほど)」でした。
 最後に、釣りに興味のない人のための松島見物で、最初は仁王様のような「仁王島」、次は4つの大きな穴のある「鐘島」、最後はノリの養殖棚の湾内風景です。

IMG_4095_2019100219580545a.jpg
IMG_4135_2019100219580764c.jpg
IMG_4156.jpg

2019/10/03

今日の野鳥「コゲラ(小啄木鳥)」

日本中の奥山から里山そして街中公園まで、広く分布するのが「コゲラ(小啄木鳥)」ですが、この子たちも人を恐れない愛すべき子です。
 秋も深まって来ると、シジュウカラやエナガと混群をつくり集団で採食するため、今回のように目の前に飛んでくることもあります。

IMG_0507.jpg
IMG_0508.jpg
IMG_0517.jpg
IMG_0529.jpg
IMG_0530.jpg
IMG_0540.jpg
2019/10/02

秋来る「街中公園はキビタキ祭り」

9月の最終日も街中公園へ、この桜の紅葉にキビタキをなどと夢想していると、足元の植栽から「何んか用か~!!」と黄色い子が飛び出してきました。
 その距離僅か3m、動きたい、でも動けない、こちらの気持ちを察してか、黄色い子が植栽の中を動いてくれ、最後には後ろ姿まで撮らせてくれました。

IMG_0426.jpg
IMG_0673_201909301334136a6.jpg
IMG_0677.jpg
IMG_0748.jpg
IMG_0809.jpg
IMG_0900.jpg

ドキドキ、ワクワクの撮影の後は、後ろ姿の枝どまりと、地面に下りて餌を探すシーンまで、まさに「街中公園はキビタキ祭り」のひと時でした。

IMG_0934.jpg
IMG_0950.jpg
IMG_1011.jpg
IMG_1015_20191002091126cbc.jpg
IMG_1053.jpg
IMG_1059.jpg
2019/10/01

秋来る「街中公園の子も食欲の秋」

街中公園の植栽では「ニシキギ」の葉も色付き始め、「サンゴジュ」の実は赤く熟し、いよいよ秋の風景が深まってきました。
 梅の枝の陰では、飛来したばかりの「モズ」が「コオロギ」を食し、「センダイムシクイ」は小さな虫を追いかけて樹木を飛び回っております。

IMG_7314.jpg
IMG_7347.jpg
IMG_7341.jpg
IMG_7379.jpg

あの可愛らしい「コサメビタキ」までもが「トンボ」を頬張り、「ツツドリ(?)赤色型」は欅の枝先で「毛虫の食べ放題」でした。

IMG_7868.jpg
IMG_8732_edited-2.jpg
IMG_8271.jpg
IMG_9060.jpg

10月ともなればいよいよ野鳥たちの主役交代の時期、これからの長旅の為にもしっかり食べておかないとネ!!