FC2ブログ
2018/09/30

今日の野鳥「エナガ(柄長)」









最近、ホトトギスが相手をしてくれる三神峯公園ですが、留鳥たちも
だいぶ賑やかになってきました。
 ご常連のシジュウカラやヤマガラ、コゲラやエナガ、それに加えて
ムシクイやヒタキの混群には嬉しくなってしまいます。

今日はそんな群れ中で、おでこの可愛い「エナガ(柄長)」に代表して
ご登場いただきます。

2018/09/29

花と蝶「ノアザミとツマグロヒョウモン」









野鳥たちが遊んでくれる八木山の三神峯公園では、中央部の芝生が刈り取られ、
周辺の雑草地が残るだけとなりました。
 残された草地には今、ノアザミやツリガネニンジン、シオンやアキノノゲシなど
が咲いています。
 そんな中で、蝶たちに一番人気はやはり「ノアザミ」で、そろそろ出現を終わる
「ツマグロヒョウモン」の♀一頭、♂三頭が飛び交っておりました。

来週からはいよいよ10月、この月の末には、お山の初冠雪や紅葉が始まります。

2018/09/28

今日の野鳥「八艘飛びのホトトギス」














さてさて、前回は「見せたがり屋のホトトギス」でしたが、今回の子は
「八艘飛びのホトトギス」、タイトルが「源 義経」とは古いよネ~!!
 でも、この子は私に好意を持ってる訳でもなく、「スナップ7、8」 の
左上の小枝にいる大好物が目的で、丸い目は獲物を逸らしません。

(「スナップ7、8」 は、ぜひ拡大して見つめる先をご覧ください!!)

2018/09/27

9/25、あさみ ちゆき 「秋の夕べのコンサート」










先にご紹介しておりましたコンサート 「あさみ ちゆき in 松源寺」が、9月25日
小雨の中で開催されました。
 東京を離れて既に10年、久しぶりの彼女の歌は、昭和の流行歌の懐かしさ
を感じさせる、当時のままの「井の頭公園の歌姫」でした。

   【スナップ1】 … 本日のコンサート会場は、我が家近くの「松源寺」

   【スナップ2】 … まずは観音堂ご開帳のご供養から

   【スナップ3】 … 本日のステージは庫裏二階の「永松閣」

   【スナップ4、5】 … 「黄昏シネマ」そして「青春のたまり場」から始まり

   【スナップ6、7】 … 三曲歌った後は、ご当地ソング「青葉城恋歌」から
                「未来へ」 「糸」 とカバー曲を三曲

   【スナップ8、9】 … 昔懐かしい「新橋二丁目七番地」、そして最新曲の
                「四畳半の蝉」もなかなかステキでした

【お詫び】  最後の二枚は照明の赤が強すぎましたので、隠れファンとして
        勝手にブルーのセピア色風にしてみました

【以前の紹介記事はこちらです】
https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9oaXRvdW5pbWVndW1hcmUvMzc3MTM3NjEuaHRtbA--

2018/09/26

今日の旅鳥「クロハラアジサシの第一回冬羽」











この日、大沼の湖面をブンブン飛んでいる「アジサシ」の姿を見かけました。
 ここで見る子は「クロハラアジサシ(黒腹鯵刺)」ですが、お腹は真っ白で
黒い頭も少しまばらです。
 まだ若い子のようなので、「クロハラアジサシの第一回冬羽」と見ましたが、
如何でしょうか(?)   (7~9枚目の背中と翼の模様で判断しました)

2018/09/25

「第32回、杜で歌おう花の詩のつどい」









仙台市野草園の「萩まつり」も、昨日終了いたしましたが、三連休中は天気にも
恵まれ多くの人で賑わいました。
 今日ご紹介する「杜で歌おう花の詩のつどい」は、三連休の中日23日に実施
されたものですが、芝生広場の雰囲気だけでもお楽しみください。

     合  唱 : 仙台童謡愛好会 ・ おてんとさんの会
     管弦楽 : 仙台フィルハーモニー管弦楽団

  【スナップ1,2】
     演奏が始まりましたが、まだリハーサル中でした

  【スナップ3】
     お天気が良いので、皆さん木陰を選びます

  【スナップ4.5】
     第一部は「合唱とともに」、宮城野萩は歌も花も満開です
     6曲目の「野原で手をたたけ」は全員参加でした

  【スナップ6】
     第二部「クラシックを楽しもう」は中央に移動です

  【スナップ7.8】
     第二部の演奏の合間では、指揮者体験コーナーも!!
     3名限定で真っ先に手を上げたのは、小さな女の子でした

【本イベントの予告編はこちらでした】
https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9oaXRvdW5pbWVndW1hcmUvMzc3NDA5NzguaHRtbA--

「第60回・萩まつり」も終わり、みちのく仙台は、いよいよ秋本番を迎えます!!

2018/09/24

生きもの讃歌「ひとの恋路を邪魔する奴は」







ここは街中の「榴岡公園」ですが、雑草地で小さな生きものを見つけました。
 蝶の名前は「ヤマトシジミ(大和小灰蝶)」で、東北南部(山形県、宮城県)
以南であれば、ごくごく普通に見られるシジミチョウです。

今日のタイトル「ひとの恋路を邪魔する奴は」は、ご覧の通りですが、
最後の一枚で一言、「オイラ、な~んも悪いことしてないもんネ~!!」   (おしまい)

2018/09/23

今日の旅鳥「アオアシシギ(青足鴫)」










蒲生干潟には、太めの子と細めの子がいましたが、次はオイラが憧れる
スリムボディーの「アオアシシギ(青足鴫)」です。
 7~8羽の群れでお食事中でしたが、他の子たちが飛び去っても一羽
だけ、こちらが動かないとドンドン近づいてきます。

 野鳥図鑑の写真と比べてみると、この子は「幼鳥」でしょうかネ~(?)

【「アオアシシギ(青足鴫)」の習性】
全長35cmで足が長くほっそり系、旅鳥として全国に渡来し、干潟や水田、
川岸などで見かけます。
 主に小群で行動し、水中を歩き回って、小魚や甲殻類、オタマジャクシ等
を捕らえています。
 くちばしを半開きにして水面につけ、そのまま素早く歩き魚を捕まえたり、
捕まえた獲物を水で洗うような行動をみせます。

2018/09/22

今日の旅鳥「冬羽のダイゼン(大膳)」









蒲生干潟には、太めの子と細めの子がいましたが、まずはオイラと同じ
ぽっちゃり系の「ダイゼン(大膳)」です。
 夏羽では黒色が目立つ子も、この時期は灰色味が強く体に黄色味は
なく、動きも少ない子なので被写体にはイマイチです。
 でも、よく観察しているとしっかりと好物を食べており、4~6枚目は
圧縮を緩めましたので、食べているものもお分かりいただけます。

【「ダイゼン(大膳)」の習性】
全長29.5cmでやや小太りの子、旅鳥として全国の干潟に渡来します。
 ムナグロに似ていますが、ムナグロは干潟に出ることは少なく、出ても
陸地に近い場所にいます。
 こちらは干潟で、主にゴカイや甲殻類などを食べますが、短いくちばし
で器用にゴカイを引き抜いておりました。

2018/09/21

仙台市野草園「第60回・萩まつり」開催中







今年で第60回となる、仙台市野草園の 「萩まつり」 が開催されております。
 宮城の県花「ミヤギノハギ」が中心ですが、園内には15種類、1,300株
の萩が咲き誇り、今週末の三連休が最終日となります。
 この土日には、野点や仙台フィル管弦楽団の演奏などのイベントも多く、
県内の皆様にはお手軽なお出かけに最適です。
 今日は終日雨のようですが、明日からはお天気になって欲しいものです。

今回は仙台市野草園のPRのため、コメント欄は閉じさせていただきました。

2018/09/20

塩釜まがき港発「生きイワシのヒラメ釣り」







さてさて、一昨日は久々の船釣りでしたが、今回は 「生きイワシのヒラメ釣り」 です!!
 いつもながら船釣りの朝は早く、AM4:00集合、5:00出船!!
早朝のそんな風景からご覧いただきますが、題して「見せたがり屋の鳥撮り爺々」です。

   1、 AM5:00の「塩釜まがき港」です

   2、 朝焼けに向かって、いざ出船!!

   3、 カメラマンのオイラも被写体に

   4、 仲間も次々と釣りあげています

   5、 釣り仲間の大物賞は74cmのヒラメ (船上では76cm)

   6、 久々の釣りに、和やかな船上でした

今回の釣果は良型のヒラメ8枚で、仲間の中ではほぼ平均、仲間の二人は「イナワラ」、
イナダとワラサの中間位という青物も釣り上げておりました。

2018/09/19

今日の鳥識「見せたがり屋のホトトギス」











街中に少しづつ野鳥が戻ってきたと言うか、野鳥の移動が始まったと言うか、
いずれにせよ、鳥さんの鳴き声が増えてきました。
 そんな八木山の公園で見かけたのが、「見せたがり屋のホトトギス」ですが、
さて、今の時期鳴かないこの子は誰でしょうか(?)

【識別が難しい鳴かない時期の「ホトトギス」】
ホトトギス目ホトトギス科に属する鳥で、日本でよく見られるのが「ホトトギス」
「ツツドリ」 「カッコウ」 「ジュウイチ」 の4種です。
 その中でまず、胸から腹にかけて横斑のない「ジュウイチ」が除外されます。
次に横斑が細かい「カッコウ」も外して良いでしょうね。
 頭がごまだら模様で、おそらく若かと思われる「見せたがり屋のホトトギス」、
キミは「ホトトギス」か「ツツドリ」か(?)

それにしても貴重な鳥さん情報、「週末くまどり」さん、ありがとうございました!!

2018/09/18

花と蝶「スイレンとモンキアゲハ」








生きもの讃歌の第二弾は、何とも珍しい「スイレンとモンキアゲハ」です。
 カワセミに遊んでもらった後、スイレンの花にカワセミが、などと妄想し
ていたら、大きな蝶がひらひらと舞い降りてきました。
 ほんの僅かのシャッターチャンスでしたが、突然目の前から消えたか
と思うと、散策路の黄色い花にも止まってくれました。

【「モンキアゲハ(紋黄揚羽)」の特徴】
日本に分布するチョウとしては、オオゴマダラやナガサキアゲハと並ぶ
最大級のチョウで、後翅にある黄白色の大きな斑紋が特徴です。
 翅は大きくて幅広く、後翅には尾状突起があります。
色は全体的に黒いが、黒色の多種とは比較的簡単に区別ができます。
 都市部には少ないが、平地や低山地の森林周辺でよく見かけられる
普通種とのこと、でも、こちら仙台で見るのは初めてかも知れません。

明日は大物の鳥さん、と言うか、キジバトとヒヨドリの中ほどの子が登場です!!

2018/09/17

生きもの讃歌「長沼のカワセミ(翡翠)」









約2年にもわたる青葉城堀跡の改修工事でしたが、それから半年が過ぎ、
堀跡の長沼や五色沼も周囲の緑に馴染むようになりました。
 一時干上がった沼の水も元通りになり、スイレンの花もほそぼそながら
復活いたしました。
 そんな長沼に、この日は「カワセミ(翡翠)」がご挨拶にご登場、ほんの
ちょっとのお付き合いでした。

明日は「生きもの讃歌の第二弾」、スイレンとの素敵なコラボが登場です。