FC2ブログ
2017/04/30

今季の夏鳥「コサメビタキ(小鮫鶲)」









10年以上野鳥を追いかけていると、年に数回のことですが、
こちらが観察されていると思うことがあります。
 この日の太白山麓もそんな状態で、私の周りをキビタキと
コサメビタキが飛び回ります。
 しかも、同一目線でお相手をしてくれたり、時にはレンズを
下に向けることまでありました。
 昨日掲載したキビタキに続き、「コサメビタキ(小鮫鶲)」に
登場いただきますが、春街中に姿を見せる夏鳥たちは、これ
でほぼ出揃いました。

最後の二枚は、捕った獲物まで見せてくれる良い子でした。
なお、今回もトリミング無し、すべて見たまんまの姿です!!

2017/04/28

今日の野鳥「賞味期限の子たち」









いよいよ仙台にも夏鳥が飛来し、市街地の森にも賑やかな囀りが
聞こえるようになりました。
 我が家のベランダでは、街中暮らしの「イソヒヨドリ」と、遠くの
神社の森からは「オオルリ」の囀りが聞かれます。
 そんな今日のタイトルは「賞味期限の子たち」ですが、本人たち
の言い分も聞いてみましょうか。

【1.2、カワラヒワ(留鳥)】
  「何が賞味期限や、半月も放っておきやがって!!」

【3.4、アカハラ(冬鳥)】
  「オイラだって、散々追いかけられたんやで~!!」

【5.6、メジロ(留鳥)】
  「アタイなんかまだ見頃や、桜と一緒にすんな!!」

【7.8、シメ(冬鳥)】
  「まあまあ、最後は必殺仕置き人、オイラの出番やな!!」

何かいろいろとご不満のようですが、要は鮮度が命のMyブログ、
堪忍したって~!!    と言うことで季節は初夏に変わります。

2017/04/27

今季の夏鳥「センダイムシクイ(仙台虫喰)」







ここ青葉山公園にも、夏鳥の囀りが聞こえるようになり、青葉の森
は一気に夏めいてきました。
 今日登場させる子は「センダイムシクイ(仙台虫喰)」、野鳥の中
で唯一、仙台と言う地名付きの子です。
 この子たちの鳴き方は「焼酎一杯グイ~!!」、オヤジの飲み友
だちですが、この子は無言なので「牛乳一杯グイ~!!」かも。
 そう言えば、何となく幼い雰囲気が漂っており、去年生まれた若
様かも知れません。 鳥さんは拡大できますのでどうぞ~!!

グリコのおまけ「枝垂桜」も、アップ時には見頃を終えているかもね。

2017/04/26

今季の夏鳥「オオルリ(大瑠璃)」










みちのくの森もだいぶ賑やかになり、この日は夏鳥を求めて、
二か月ぶりの県民の森でした。
 先客お二人がゲットした、「オオルリ(大瑠璃)」を追いかけ、
沢筋で待つこと30分、やっとの出会いは3分足らずでした。
では、昨日の記事の続きで、五七五でまいりましょうかネ!!

  1、   「大瑠璃を 見つけるつもりが 見つけられ」

  2、   「女の子 鳥にもやはり 無視をされ」

  3~4、 「男の子 藪から棒の 毛虫付き」

  5~6、 「光よし 枝が邪魔する 景色かな」

7~9は鳥さん作、「ぶつぶつと ほざく奴とは さようなら」

【追記】 なお3~4枚目、「拡大可 宜しかったら はいどうぞ」

2017/04/25

極上の湯宿「青根温泉“不忘閣”」

















蔵王山麓にミソサザイの囀りを探し求めた際、お世話になった湯宿
が、こちら「青根温泉“不忘閣”」でした。
 あれから既に二週間、この雪の残る風景も賞味期限で、今回は
スライドショー代わりにご覧ください。

【青根温泉“不忘閣”の解説】   (川崎町の観光パンフから転載)
 かつて、伊達政宗公が訪れた際、「この地忘れまじ」という思いで
“不忘”と名付けた温泉宿。
 歴代の伊達家藩主や、文人たちが足を運んだ名湯とあって、そこ
かしこに格式と歴史を感じることができます。
 館内には、土蔵蔵に造られた蔵湯や、美しい木造建築と石風呂の
調和が見事な大湯など、6つのお風呂を完備、客室は和の情緒を
感じさせる温かい雰囲気です。
 また、本館をはじめ、離れ、門、蔵といった計7棟が国指定の登録
有形文化財です。  (一部削除)

掲載した浴室のほかに、体を洗う男女別の「御殿湯」があります!!
 「 時止まり 心を洗う 不忘の湯 」   (ノスタルジーオヤジ)

2017/04/24

今季の夏鳥「ノビタキ(野鶲)」







昨日は「ヒレンジャク(緋連雀)」を先に登場させましたが、この日の
本命は、今季の夏鳥「ノビタキ(野鶲)」でした。
 全長13cmとジョウビタキやルリビタキ、そして待ち焦がれている
キビタキより一回り小さな子です。
 オスは黒色の頭部と上面、橙色の胸と肩の白斑が特徴で、3~4
枚目のメスは黄褐色で縦斑のある上面が特徴です。

河畔の小枝に止まって欲しいのですが、石ころが大好きなペアで
しかも曇天、最後の2枚は前日のスナップを拡大いたしました!!

2017/04/23

日曜特番「レンジャク(連雀)まつり」











仙台では春告げ鳥の「ヒレンジャク(緋連雀)」は、少し前に掲載して
おりますが、桜絡みということで再登場です。
 ここは、Ha師匠から教わった「ノビタキ」の出現エリアですが、当日
は残念ながら石の上ばかりで、翌朝再トライとなりました。
 多少は枝止まりも撮れ、ホッと一息の煙草タイム、でも何処からか
ヒー!ヒー!の懐かしい鳴き声が聞こえてきます。

声を頼りに堤防に上ってみると、カメラを構えた先客がお一人、仕事
で大阪から出張中とのこと、好きな方は何処にでもいるものです。
 「キズタの実」は食べ頃のようですが、桜はもう散りかけで、もう少し
早ければとは贅沢でしょうか。
 帰り道でお一人の女性と出会いますが、レンジャク情報を聞いてと
いうので、「女性大好き」Ha師匠が教えたかな(?)

2017/04/22

今日の野鳥「オオジュリンは冬羽」









プチ湯治に出かける朝は快晴、スタート前に広瀬川河畔の散歩ですが、
土手の桜も満開となりました。
 実は、一番最初に出会ったのが、この「オオジュリン(大寿林)」でした
が、地味な子はついつい後回しになってしまいます。
 夏のオスは黒い頭部とのど、白い頬線と後頸が特徴ですが、三羽の
小集団はすべてこんな色合いでした。

【「オオジュリン(大寿林)」の習性】
北海道と青森県や秋田県では繁殖しているようですが、平地の湿地に
暮らし、アシ原など背丈の高い草原を好みます。
 冬は暖地に移動し小集団でくらしますが、アシの茎などに縦にとまり、
茎の間を移動してガの幼虫などの昆虫を食べます。

冬のチュリーンという鳴き声が、名前の由来と言われているそうです。
今日はこれから出かけるので、コメント欄は閉じさせていただきました。

2017/04/21

今季の夏鳥「コムクドリ(小椋鳥)」











プチ湯治に出かける朝は快晴、スタート前に広瀬川河畔の散歩ですが、
土手の桜も満開となりました。
 そんな中で出会ったのが、お顔の白いムクドリ、「コムクドリ(小椋鳥)」
久々のご登場でした。
 それにしても激しく動き回るペアで、見つけるのは容易でしたが、最後
の一枚がやっと撮れたメスです。

【「コムクドリ(小椋鳥)」の習性】
夏鳥として本州中部以北に渡来し、本州中部では山地の、本州北部や
北海道では平地から山地の明るい林に暮らします。
 昆虫やクモなどのほか、木の実などを食べ、営巣には樹洞やキツツキ
の古巣を利用しますが、人家や巣箱に営巣することもあります。

嫌われ者のムクドリに比べて数が少なく、小さな体や愛らしい姿形で得
をしている子なんです。

2017/04/20

今日の鳥識「ユリカモメの夏羽」









プチ湯治に出かける朝は快晴、スタート前に広瀬川河畔の散歩ですが、
土手の桜も満開となりました。
 そんな中に春の子たちを探しますが、水面の「ユリカモメ(百合鴎)」の
中に夏羽の子がいました。
 冬には100羽近い群れも、今は25~30羽ほど、その中に変身済み
の黒頭巾ちゃんが一羽、最後のブチの子が一羽でした。

2017/04/16

太白山の花「スミレの花咲く頃♪♪」









太白山自然観察センターの周囲に咲くカタクリも、サクラの花と同様
すでに満開ですが、ヒメギフチョウとの出会いがありません。
 この日は森の中で、ブログ名「chankochan写してみました」の女史
と出会い、スミレの花の解説をいただきました。
 されどされど、認知症予備軍のオイラは“三歩歩けばすぐ忘れて”、
とりあえずスミレ四・五種(?)なるものを並べてみます。

シュンランもキラキラ輝き、カタクリのお隣にはヒメギフの食草である
ウスバサイシンもあるのに、今季は蝶に見放されたようです。
(7.8枚目は、もう一つの出現地、仙台市北部のムニャムニャ公園)

今日はコメント欄を閉じて、近くの湯宿でのんびり心休めと致しま~す。

2017/04/15

北国の春「ミソサザイの囀り」後編











さて、旅の二日目は曇天で風が強く、昼からは雨の予報でしたが、
そんなことは言っておれません。
 1)が、蔵王連峰の伏流水が噴き出す「湧水地」、その流れ2)が
「ワサビ沢」ですが、3)この子のご機嫌がどうも優れません。

   【4.5】 岩の上であったり

   【6.7】 木の橋であったり

   【8.9】 枯れ木であったりと

新緑の苔の上や、背景が水の流れやワサビの花は「夢のまた夢」、
「レバやタラ」は水に流し10)、とぼとぼと湯宿に戻りましたとさ!!

2017/04/14

立ち寄り湯「遠刈田温泉“湯の里”」







今回の旅の目的の一つは、1の蔵王山麓を目指して、蔵王野鳥の森
自然観察センター「ことりはうす」を訪れることでした。
 鳥撮り終了後、湯宿にチェックインまで過ごしたのが、以前にも登場
させている、遠刈田温泉の「日帰り入浴施設“湯の里”」でした。

   2、 新しい相棒は、ホンダの「ヴェゼル」くん

   3、 遠刈田温泉一押しの露天でまったりと

   4、 ほんの一瞬、内湯もほぼ貸切状態です

   5、 お休み処と食事処でだらだらと過ごし

   6、 〆は温泉街のそば処、これが絶品でした

明日は、「ミソサザイの囀り」後編をお届け致します。  乞うご期待!!

2017/04/13

北国の春「ミソサザイの囀り」前編











今回、蔵王野鳥の森自然観察センター「ことりはうす」を訪れた目的は、
早春の囀りを聞かせてくれる、この「ミソサザイ(鷦鷯)」でした。
 蔵王連峰の雪解け水が噴き出す“ワサビ沢”に近づくと、昔懐かしい
囀りが沢筋に響き渡ります。
 沢を渡る急な階段を下りて、平らな地面に三脚をセットして間もなく、
突然目の前の木道に10.5cmのおチビが飛び出してきました。

【「ミソサザイ(鷦鷯)」の習性】
種子島以北に留鳥として分布し、主に山地から亜高山帯の渓流近くや
湿った凹凸の多い林床に暮らします。
 冬は低山の沢や崖地に移動し、街中公園でも見かけますが、囀りは
本来暮らす場所が最適のようです。
 茂みの中や、岩や倒木の間を素早く移動し、小さな昆虫やクモなど
を捕らえて食べますが、今回は巣作りに忙しそうでした。

 最後の一枚は、“ワサビ沢”の春の名物、葉ワサビの花ですが、後編
の二日目は、こんな自然の風景の中で撮れるでしょうか(?)