fc2ブログ
2015/04/10

「さようなら、春を告げるものたち」





昨日は、春告鳥「ヒレンジャク(緋連雀)」がまだいるかと、広瀬川河畔
を訪れますが、鳥さんの数もキヅタの実も少なくなってしまいました。
 思えば、私がこの子たちに出会ったのは8日前、最初に発見した方
から通算すれば半月を経過いたします。
 最盛期(?)には50~60羽の群も昨日は11羽、いつ姿を消しても
おかしくない子たちですが、今季は本当に楽しませて貰いました。
「ありがとう!、そしてさようなら!、ひょうきんな“パンク鳥”たち!!」

   1)、「いっぱいいっぱい」

   2)、「だんご三兄弟」

   3)、「なんかようかい」

   4)、「ずんぐりむっくり」

そして、ムニャムニャ公園のヒメギフチョウも、昨日は二頭同時に観察
できましたが、カタクリの花はその多くが萎んでいました。

2015/04/09

今季の夏鳥「ノビタキ(野鶲)」





4/7火曜の仙台は曇天、毎週この曜日は野暮用がありますが、待ち時間
を使い、近くの県農業園芸センターに隣接する大沼の自然観察でした。
 お天気は優れないものの、上空ではヒバリが囀り、沼の水面や田畑には、
「「ツバメ(燕)」が飛び交い、いよいよ夏鳥第一号のご到来です。
 そして帰りがけには、道ばたに夏鳥第二号の発見です。
車をのろのろ進めて、車内からやっと撮れた「ノビタキ(野鶲)」くんでした。

  1)、「前方に、第二待ち人発見!!」

  2)、「相手も分かったようですね~!!」

  3)、「おやっ!、撮影を拒否しましたよ!!」

  4)、「でも、やはり気になるようですね!!」

以上、ノビタキくん発見の実況放送でしたが、これからが益々楽しみですね。

2015/04/08

今季の夏鳥「ツバメ(燕)ちゃん」





4/7火曜の仙台は曇天、毎週この曜日は野暮用がありますが、待ち時間
を使い、近くの県農業園芸センターに隣接する大沼の自然観察でした。
 お天気は優れないものの、上空ではヒバリが囀り、沼の水面や田畑には、
「「ツバメ(燕)」が飛び交い、いよいよ夏鳥第一号のご到来です。
 でも、沼の脇に車を止めると、おやおや!可愛い子と目が会います。
お疲れ気味の子がご休憩なのかな~!、それにしても楽しい出会いでした。

   1)、「ちょびっと、疲れたかな~!!」

   2)、「ムッ!、何やこのオヤジ!!」

   3)、「何か異様な雰囲気やんか!!」

   4)、「目を合わせんようにしとこっと!!」

こんな出会いがあるから、日々のパトロールとカメラは必携なんですよね!!

2015/04/07

今日の野鳥「オシドリ(鴛鴦)」



青葉城(仙台城)のお堀跡、五色沼や長沼、そして広瀬川河畔に暮らす
「オシドリ(鴛鴦)」ですが、ヒレンジャクの探索中に撮ったものです。
 この日は光の具合が良く、対岸の緑が水面の汚れを上手に隠してくれ
ましたが、いつ見ても神様の悪戯としか思えませんよね。

2015/04/06

生きもの賛歌「ヒメギフチョウの嘆き」





今日は珍しく、日本自然保護協会の端くれとしてのブログアップとなります。
 この日は太白山自然観察の森ではなく、仙台市北部のムニャムニャ公園
の様子を見に行きましたが、こちらのカタクリも花開き、ヒメギフチョウたち
の飛び交う姿も見ることが出来ました。
 でも、がっかりするのは、人間の踏み跡が実に多いこと、姫ちゃんの食草
「ウスバサイシン」の大きな株が無くなったことでした。
 昨年ここを訪れた際も、「シュンラン」の大きな株が盗掘されていましたが、
心貧しい人間は後を絶ちません。
 今日は「物言わぬ姫ちゃん」たちに代わり、盗撮オヤジが代弁致しますが、
小さな生きものたちはそっと見守りたいものです。

  1)、 「カタクリ」と「ウスバサイシン」の花

  2)、 姫ちゃん幼少期の食草「ウスバサイシン」

  3)、 「ヒメギフチョウ」の姫ちゃん見っけ!!
     (でも、アリンコが食べ物と思い翅を引っ張ります)

  4)、 そんなに登ると、次は鳥さんにみつかるよ!!

昨年、地元紙の記者には場所を明かさぬようにお願いしましたが、ニュース
を見て駆けつけた人間がいるとすれば、報道機関も脅威なんですよネ!!
  http://blogs.yahoo.co.jp/hitounimegumare/33283951.html

2015/04/05

今日の野鳥「ジョビ子ちゃんの憂鬱」







この子と野草園で出会ったのは、わずか一週間前のことですが、
仙台もそれから一気に春の装いとなりました。
 そして、みちのくにも春を告げる「ヒレンジャク」の集団が飛来し、
「カタクリ」の花畑には「ヒメギフチョウ」が飛び交います。
 先日、桜の開花宣言もあり、今週末にはいよいよお花見開始、
この子たちとのお別れも近づいてきました。

【3/28、「ジョビ子ちゃんの憂鬱」】

  1)、「あ~ぁ!、仙台もいよいよ春やな~!!」

  2)、「おやじ、春告鳥とかに浮気しよって!!」

  3)、「お前が一番とか、言ってたのにさ~!!」

  4)、「あ~ぁ!、人の世はそんなものなん(?)」

  5)、「でも、いざ別れとなると悲しいもんや!!」

  6)、「体に気いつけて、程々に長生きしいや~!!」

オヤジ 「ジョウビタキ(尉鶲)も、やはり女の子は優しいよネ!!」

2015/04/04

4/3、「みちのくRENJAKUまつり」









昨日は冬タイヤからの交換・保管の予約日、週末お天気が崩れるとの
予報もあり、早朝6時半に再出撃となりました。
 最初のポイントではSさん・Hさんが既に到着、私は一旦青葉山公園
のパトロールに移動します。
 でも、ここでも姿を見ませんので、最初のポイントに戻ると、Aさんを
加えた3人で鳥撮りが始まっていました。
 昨日の群は約40羽、タイトルを4/3「みちのくRENJAKUまつり」と
名付けましたが、私にとってはまさにお祭り状態でした。

【この子たちのメタボな体型の理由は(?)】

何せ大食い、そして早食い、ワッ!とキヅタの実に押し寄せ、暫くすると
近くの木々で小休止です。
 30分程度の休憩を挟んで、また集団でお食事が始まりますが、その
スピードの早いこと、早いこと!!
 そんな無頓着な食生活をしていたら、おいらのように高血圧と肝機能
障害になってくたばるぞ~!!

2015/04/03

今日の野鳥「みちのくの春告鳥」






仙台もやっと春らしくなり、広瀬川河畔の古木に絡みつく「キヅタ」の実
も黒く熟してきました。
 みちのくの春告鳥、「レンジャク(連雀)」の噂が立って早や半月になり
ますが、昨日やっと懐かしい姿を捉えることが出来ました。
 しかも、群の中の一羽は私の目の前の枝に止まってくれ、ド・アップで
ボーズをとってくれる良い子でした。
 ご一緒の皆さん方は朝6時から出撃だそうで、あちらこちらと探索して
いたご様子ですが、今季初見初撮りの私は実にラッキーでした。

【「ヒレンジャク(緋連雀)」の特徴】
全長17.5cm、ブドウ色の太い体と長い冠羽、昔のXジャパンの頭髪
を思い出させる「パンクな鳥」です。
 キレンジャクに似ますが、翼に白斑がなく尾羽の先端が赤いことから、
容易に見分けることが出来ます。
 ヤドリギ、イボタ、ヤツデ、キヅタなどの木の実を食べ、市街地でも実
のあるところには現われてくれます。
 キレンジャクと混群をつくることもありますが、昨日出会った群れには
黄色い子はいませんでした。  次は、黄色い子も連れてきてネ~!!

2015/04/01

今日の野鳥「逃がした獲物は大きかった」






今日から四月、広瀬川河畔の鳥たちも一気に少なくなりましたが、この日は
宮沢橋を過ぎて木流堀の出口に差し掛かると、寄洲の枯れ枝に「ノスリ」の
姿を見つけました。

何とこれが見たまんま!、狩りの真っ最中のご様子で、邪魔をしないように
通り過ぎて、少し離れた位置でカメラを構えました。

上手い具合に飛び上がり草地に飛び込みますが、ノスリの狩りは上手くいか
なかったようです。
でも、最後の止まり木は私の真横で、ガン見にこれまたドッキリ!!

工事用キャタピラーに踏み荒らされた寄洲に草花や樹木が戻り、自然のまま
の岸辺が蘇りますように!!