FC2ブログ
2010/06/18

今日の名湯「宮城・作並温泉“岩松旅館”」



以前、同じ作並温泉“一の坊”を掲載しましたが、その時から気になっていたのが、
こちら「元湯 鷹泉閣 岩松旅館」の紹介でした。
 開湯は寛政八年(1796年)と温泉街では一番歴史が古く、藩主伊達斉村公より
「鷹乃湯」の名称を授かったとも言われております。

【広瀬川の渓流美と天然岩風呂】
広瀬川の心地よい瀬音を聞きながら、八十八段の階段を川底まで下りると、
そこに伝統の自墳する天然岩風呂が待っております。
 手前、左から「新湯」右に「瀧の湯」奥に「鷹の湯」、そして一番奥が「河原の湯」と、
源泉の違う四つの岩風呂が広がり、渓流を眺めながらの湯浴みは最高です。
下の写真は、「河原の湯」からさらに川下を写したものです。
 ただし、ご注意ください! ここは古き良き混浴の伝統が守られている湯船です。
カメラの持ち込みは当然禁止! 幾つかの偶然が重なって撮れた光景でした。

【何度訪れてもいつも新鮮とか】
今日ご一緒したお風呂仲間は、今朝、東京から来たという御年79歳の男性でした。
 東二番丁小学校・仙台二中の出身というから街の中心ですが、今夜が同窓会で
40数名集まるが、その前に“ひとっ風呂”という岩松旅館の大ファンでした。
東京ではハワイアンを教えているようで、ご本人は実に元気はつらつでした。

作並の 河原の湯こそ うれしけれ
          太古の岩に 囲まれてわく        土井晩翠

2010/06/17

ふだん着の温泉「宮城・明日の湯(あすのゆ)温泉」



今回から、立ち寄り湯の中でも、NHKの「ふだん着の温泉」に出てくるような、
そんな取って置きの日帰り入浴施設を、タイトルの頭に付けてみましょう。
 ちなみにここ“明日の湯温泉”は、「ライオンが見守るふれあいの湯」として、
2005年9月18日に放送されております。
今回は、ブログ仲間のお一人に教えていただき、昨日が初めての訪問でした。

【源泉かけ流しの公衆浴場】
仙台市の北部にある泉区根白石(ねのしろいし)地区は、周囲には住宅地が広がって
いる中で、今もかつての仙台近郊農村の面影を残しております。
 根白石交番でお聞きし、やっと見つけた黄色い建物ですが、元気な明日をイメージ
したそうです。 中には更に元気になりそうな女将もおられました。
 浴室に入ると温泉の香りで満たされており、本物の湯につい顔が綻んでしまいますが、
湯出し口のライオンからは、勢いよくお湯が溢れておりました。
 
【お隣りは、根白石幼稚園】
湯船は小振りで、大人が5~6人入ると満杯ですが、ここは地域の社交場です。
 今日もオープンと同時に、私一人かと思っていたらすぐにお二人が、こちらが上がる
時には交代で更にお二人が入ってきました。
 私以外はすべて顔見知りで、何とも和やかな賑わいの浴室と玄関口ですが、
お隣りの家は「広い休憩室」!、その又隣りは「根白石幼稚園」の元気な歌声で、
お年寄りの「すべったの!ころんだの!」「お迎えがこないの!」の会話と共に、
チビっ子の声も聞こえる“和みの場”でした。

2010/06/16

平家落人伝説と定義如来



今日の仙台は雨、身動きが取れないので、我々「仙台ブナ」の活動拠点でもある、
定義地区に伝わる平家落人伝説(?)を載せてみます。
 写真は、昭和61年に建立されたという平和祈念の五重塔と庭園の風景ですが、
観察会の集合時間前に、のんびりと静かな雰囲気を楽しみました。
 
【定義(じょうぎ)如来の由来】
今から800年前、平重盛(平清盛の嫡男)は平和祈願のため中国欣山寺に黄金を寄進し、
その際に送献されたのが、阿弥陀如来の宝軸といわれております。
 平家が壇ノ浦の戦いに敗れた後は、平重盛公の重臣・肥後守平貞能(さだよし)公が
この宝軸を守り、源氏の追討を逃れるため名も「定義(じょうぎ)」(訓読みではさだよし)
と改め、この地に隠れ住んだといわれております。
 旧本堂の奥には、壇ノ浦で8歳で亡くなられた安徳天皇の遺品を埋め、冥福を祈った
と伝えられる「天皇塚」も、ご神木と共に静かに佇んでおりました。

【精神疾患に効く定義温泉】
さすがの「東北の温泉バカ」も、この温泉だけは訪れておりません。
 古くより「逆上引き下げの湯」として知られ、精神疾患に特効があるとされますが、
一般的な温泉地ではないので、一般人の宿泊や入浴はできず、ノイローゼ・自閉症
その他脳疾患などの治療を専門とする、完全予約制の療養温泉です。
 仙台に戻る直前、勤めていた財団に関係する精神科の先生にお聞きしましたが、
興味本位に覗くつもりはなく、山中にそっとしておきたい温泉ですネ。

2010/06/15

今日の野鳥「はくせきれい」2態



今日は曇りのち雨の天気予報だったのに、ベランダの窓からは朝の光が!!
雨上がり決死隊、ブログ仲間の表現ではありませんが、広瀬川に突撃です!!
 いつもの場所には、いつもの「ごいさぎ」といつもの「おおよしきり」、
変化のない風景に、今日は広瀬橋を渡って対岸の芝生に下りてみましたが、
「はくせきれい」のお持ち帰り用の餌取りを、拝見させてもらいました。

【“はくせきれい”と“せぐろせきれい”】
とちらもよく似ており、広瀬川では一年を通して見かける野鳥の一種です。
 一番の違いは、上下の写真のように明瞭な黒い一筋の過眼線ですが、
“せぐろせきれい”の場合は、白い眉斑であり、眼から下半分は真っ黒です。
そして“はくせきれい”の場合は、冬羽では背中が灰色に変わります。
 市街地の川や農耕地など、水辺に近いところで昆虫類を捕らえて食べますが、
おいおい!! それ以上咥えたら、お持ち帰り前に落としちゃうよ!!

【ブログ仲間の写真技術を真似て!】
私が訪問している友だちに、自分も蝶に変身して蝶々を追いかけている
変わった人がいます。 (もちろん、こちらも変わった人間ですが!)
 今日は、チョィ!と真似をして、私も自分の背中に羽をつけてみました。
やってみると、これがなかなか難しいんですネ!!
こちらは、野原に焦点を当てて移動させますが、彼の場合は空に向かって
被写体を捉えますので、レベルの差を感じると共に良い勉強となりました。

2010/06/14

自然観察「仙台のブナ林・春の自然観察会」②



昨日は、「仙台のブナ林と水・自然を守る会」の春の自然観察会でした。
 前回3/22は、雪の残る泉ヶ岳の早春のブナ林でしたが、今回は大倉川の源流部、
定義如来の駐車場で合流し、そこから車に分乗して定義林道を約1時間上り、
そこから山道を歩くこと更に1時間の、地塘をめぐるコース企画でした。
 パート2は、“地塘”に到着してからの幾つかのエピソードをご紹介して、
春の観察会を〆たいと思います。

【地塘の春景色】
ご紹介する二枚の写真がそうですが、一時間程の山歩き、最後は多少の藪こぎをして、
見えてきました!大倉川源流部の“地塘”です。
更に登ると、“猩々池(しょうじょういけ)”がありますが、今回の行程はここまでです。
 今は“バイカモ”が繁茂し、静かな水面に小さな白い花を咲かせておりました。
でも、250mmまでアップさせて撮ったもので、肉眼では殆ど白い花は見えません。

【モリアオガエルの産卵】
上の写真の木に“モリアオガエル”の卵塊があり、枝が垂れている姿を想像していましたが、
残念ながら少し早かったようです。
 でも、こればかりは大自然のご都合があって、致し方ありませんよね。
また、5月の下見で見つけておいたという、腐生植物の「ショウキラン」や「ギョリンソウ」も
見つけることが出来ませんでした。

今回の参加者は18名と小規模でしたが、別働隊によって山菜の天ぷらと根曲がり竹の
みそ汁も用意されており、和気あいあいの昼食タイムでした。(旨かった!!)

2010/06/14

自然観察「仙台のブナ林・春の自然観察会」①



昨日は、「仙台のブナ林と水・自然を守る会」の春の自然観察会でした。
 前回3/22は、雪の残る泉ヶ岳の早春のブナ林でしたが、今回は大倉川の源流部!!
定義如来の駐車場で合流し、そこから車に分乗して定義林道を約1時間上り、
そこから山道を歩くこと更に1時間の、地塘をめぐるコース企画でした。
 自然好きの方々も訪問いただいておりますので、ご存知の方も多いと思いますが、
“地塘”とは、尾瀬ヶ原や栗駒の世界谷地などの高層湿原をいいます。
わたしの楽しみは「モリアオガエル」とのご対面でした。

【定義林道の草花たち】
我々のメンバーには、長年山にかかわる仕事をしてきた方、子どもの頃からの山好き、
そして植物学者などなど、多彩なメンバーで構成されています。
 でも、私は植物や樹木の知識は無く、話を聞きながら頷くのみで、時々反応するのが
「山ブドウの果実」や食べられるもの、山に入ってもメタボのおっさんは卑しんですよネ!!

【仙台市の住人“ブナの巨木”】
前回の泉ヶ岳、そして今回の船形山の登山口にも、普通にブナの林が見られますが、
実は、政令指定都市でこんな風景が残っているのは仙台市だけなのです。
 いつものことながら、こんな抱きしめる格好でブナの木を眺めるのが好きですが、
前回は葉のない枝と青空、今回は新緑の若葉と木洩れ日でした。

2年前の今日は、“岩手・宮城内陸地震”が発生した日、私は新潟の佐渡島に向かって
いるバスの中でした。 17名の被災者と未だ発見されない6名の方々に、合掌!!

2010/06/13

奥武士日誌「樹液に集まる蝶たち」



毎週土曜日はプチ里山暮らしですが、昨日は翌日に控えた「春の自然観察会」の
準備のため、主だったメンバーが集まりました。
 体調を崩されていたという、「仙台のブナ林と水・自然を守る会」の事務局・Akさんも
お元気な姿を見せホッ!といたしました。
 この方は観察会の「なべ奉行」でもありますが、今回の出し物は“山菜の天ぷら”で、
竹を割って参加者用の“はし”を作ってくれました。

【奥武士の樹液に集まる蝶たち】
そして、O邸の庭の樹液の出る木には、蝶と小さな甲虫たちも集まっておりました。
 前回は花の蜜に集まる蝶たちを追いかけてみましたので、今回は野鳥用の望遠で
ちょっと悪戯です。 でもスズメバチの乱入は困りますネ。
 裏山では「きびたき」「おおるり」そして「さんこうちょう」の鳴き声が賑やかで、
久しぶりに夏の美鳥の勢ぞろいですが、山に分け入るとすぐ逃げてしまいます。

【スミナガシ(墨流し)という名の蝶】
下の写真の蝶の名前のようですが、何とも古風で日本的な名をつけたものです。
 タテハチョウ科に分類される蝶の一種で、日本からヒマラヤまでを含む、
東南アジアに分布する森林性のチョウとのことです。
 羽のベースの色が青緑色ですが、光の加減で青・緑そして黒と三色に変化し、
面白い子を見せてもらいました。

今日の里山の住人:Akさん・Haさん・Siさん・Saさん・K爺さん・私の6名
明日の里山の食材:ウド・タラの芽・ミツバ・セリ
             Saさんがフジの花の代わりにニセアカシアの花とネマガリダケを取りに
             ほかにも何か調達してくれるでしょうか(?)

2010/06/12

立ち寄り湯「宮城・泉ヶ岳温泉“スパ 泉ヶ岳”」



今日は泉ヶ岳山麓にある天然温泉の日帰り入浴施設「スパ 泉ヶ岳」の紹介です。
 ここはドライブの際の立ち寄りスポットとして、又冬はスキー、春から秋は
ハイキングの際にひと風呂浴びるにはうってつけの施設です。
 来月7月初旬、ブログ仲間の「山好きさん」が、同じブログ仲間の「畑好きさん」
のお宅を訪ねるようなので、泉ヶ岳山麓!熱烈歓迎!バージョンといたします。

【市民のお山“泉ヶ岳”のご紹介】
ここは、仙台市泉区の北西部に位置し、船形山連峰内にある標高1,175mの山で、
七北田川の源流部でもあります。
 豊富な湧水(泉)が、池や川をつくりだすことが、その名の由来とされており、
お山の周囲には七北田ダムや大倉ダムなど複数のダムがあり、ここ泉ヶ岳は
仙台平野を潤す水源の一つで、仙台市民の大切な水ガメでもあります。
 そして、仙台市街地から約1時間のこのお山は、登山やスキーなどのレジャーや
アウトドアを楽しむ人たちに、絶好の場所を提供してくれます。

【日帰り入浴施設“スパ 泉ヶ岳”】
この温泉施設は、冒頭にご紹介したような場所にありますが、施設のオープンは
1993年(平成5年)とまだ新しい温泉の一つです。
 残念ながら、循環・加水・加熱と三拍子揃っておりますが、スポーツ後の入浴と
考えれば、そうそう贅沢は言っておれません。
 浴室内には、大浴場・露天風呂・サウナ・水風呂と基本形の四拍子が揃い、
窓側を向いている「寝湯」用のイスや、手前のビーチ用の簡易ペットに寝転び、
まったりした時を過ごす幸せは最高です。

2010/06/10

今日の野鳥「ごいさぎ」2態



前の投稿記事に「鳥枯れの季節」と表現しましたが、これからは水鳥だけが
お相手になりそうな今日この頃です。
 さて、親爺のボヤキからスタートしましたが、今日の野鳥は6/8・6/9両日
をつないでやっと投稿記事1枚、しかも可愛くない鳥の再登場です。

【ごいさぎ(五位鷺)の名の由来】
昔々、平安時代の出来事ですが、帝の命で六位の家来がこの鷺を捕らえに行き、
「宣旨である」と言うと鷺はおとなしく捕まったと言います。
 それを聞いた帝は「神妙である」と、家来より高い位を与え「五位鷺」になった、
と「平家物語」に記されているようです。
 でも、捕まるような悪いことをしたのに、なぜに官位なの(?)というのが、
凡人の素朴な疑問なのですがネ~!!

可愛くない鳥は、可哀想に!、最後まで親爺に難癖をつけられております!!

2010/06/09

自然観察「北上川の水辺の風景」



今週月曜日は石巻におりましたが、石巻専修大学の外周道路から、
北上川の流れのひとつを眺めておりました。
 対岸には、最近の広瀬川では見られなくなったヨシ原が茂り、
「おおよしきり」の仰々しい囀りが聞こえてきます。
 ここは河口に近い支流のひとつで、小舟も数艘浮かんでおり、
穏やかな初夏の陽気に輝いて見えました。

【asunamatiさんの“水彩の広場”】
私が良くお邪魔しているブログの中に、透明水彩の世界があります。
 散歩や旅先などで出会った、ごく自然にある水辺や風景を、この方の
感性とソフトなタッチで描いており、こころを遊ばせてもらいます。
 毎回、題名と一枚の絵、そして最短のコメント、横浜や鎌倉の風景が
出てくるのも懐かしく、こころは何処にでも飛んでゆけますネ!!

【明日な街的、水辺の風景】
ご紹介した方の感性には足元にも及びませんが、昔々広瀬川にも見られた
懐かしい風景をご紹介します。
 今は、高層ビルのコンクリートジャングルに囲まれた広瀬川ですが、
私が子どもの頃は、コンクリートの堤防も無く、雰囲気だけでいえば、
こんな世界の中で遊んでいたんですよネ!!

2010/06/08

今日の野鳥「おしどり」2態



最近は山へ行っても、川へ行っても、やや“鳥枯れムード”が漂い始めており、
コルテオ最終日の日曜の朝は、花壇自動車学校前に突撃でした。
 こういう時はいつもダメなのですが、ほんのチョット!だけ、可愛いわが子を
自慢してくれた母鳥がいました。
一人寂しい「鳥見」が続くのは、こういうラッキーがあるからですね。

今日は、可愛らしいシーンなので、いつもの長ったらしいコメントは無し!!
 でも、パパはどこ!と思ったら木の上でしたが、この子たちの父かどうかは
分かりません、というより子育ては母だけなんですよね。 (おしまい)

2010/06/07

立ち寄り湯「宮城・南三陸温泉“南三陸 ホテル観洋”」



何度か目の前を通りますが、今までご縁の無かった「ホテル観洋」でした。
今日は石巻出張にあわせ立ち寄ってみました。
 前回、日帰り入浴2,100円!の、あまりの高さにビックリしましたが、
実は、タオル及び館内利用券1,000円がセットされての値段という事で、
レストラン・売店等で利用すれば、実質1,000円と分かったからでした。

【抜群のオーシャンビューに満足】
まずは、大浴場からの眺めですが、この解放感はたとえようがありません。
 そして、海風を受けながら眼下に真っ青な志津川湾をおさめた露天風呂、
この気持ち良さと迫力は別格です。
(ちなみに南三陸温泉は、男女の大露天風呂にのみ引かれております!)
 松島温泉のホテルや宿も同じように、海を前にしたロケージョンですが、
こちらは眼下に漁師さんたちの日々の暮らしが繰り広げられており、
ダイナミックさではちょっと比較になりませんね。 (下の写真)

【美しい日の出を楽しめる朝風呂】
今日は12:00からが「磯の湯」の入浴時間でお客は私ただ一人!!
カメラを持って飛び回りましたが、浴室・湯船の写真は不要ですネ。
 大浴場の入り口には、今日の日の出が4時10分となっておりましたが、
是非一度は泊まって、日の出を眺めながら朝風呂を楽しみたいものです。
(南館と東館にそれぞれ大浴場があり、今日は露天のある東館に入浴)

2010/06/06

奥武士日誌「雨に咲く花たち」



今日は良いお天気ですが、昨日の仙台は夕方まで雨、身動きの取れない一日でした。
 そんな中で、お仲間のIさん・Saさんは来週末に迫った自然観察会の下見に、
大倉川の源流部に出発でした。
 こちらは「大人の火遊び」ならぬ、ストーブに火をつけ早々に食事の準備!!
のんびりと時を過ごすことにしました。

【ため池には“ハスの花”】
ここO邸の庭には二つのため池がありますが、今日お元気だったのは「かえる」たち、
そしてピンクのハスの花が、10個ほど顔を出しておりました。

【庭は“野アザミの花畑”】
そして、小振りになったところで、今晩用のフキの収穫作業をはじめましたが、
先週、Iさんが手入れをした南斜面の庭は、野アザミの群落が綺麗でした。

わたしはタダ!タダ!のんびりの半日でしたが、今日のもう一人の住人Haさんは、
電動草刈り機の歯の手入れ、そして雨具を着て周辺の草刈りとご活躍でした。

2010/06/04

今日の野鳥「うみねこ」と「ごいさぎ」



昨日はお昼過ぎからの広瀬川でしたが、愛宕橋を越える時に、頭上の外灯には
「うみねこ」の群れが休憩中でした。
 そろそろこの子たちのシーズンが始まりますので、「うみねこ爆弾に注意!」
の看板が必要かもしれませんネ!!
前を歩く、お澄まししているお譲ちゃん! 頭上にも気を配った方が良いですよ!

【可愛くない鳥1号“うみねこ”】
「ミャーオ!ミャーオ!」と猫声で鳴きますが、あなたも「うみねこ爆弾」を浴びたら、
きっと嫌いになる鳥でしょうね。
 でも、松島湾の観光船では“アイドル”で、若い子たちの歓声が上がります!!
要は“かっぱえびせん”の空中キャッチに、騒いでいるだけなんですけどネ。
 昼からは水温も上がり、愛宕堰・郡山堰では「あゆ」の遡上が見られるようになり、
雑食性のこの子たちにとって、最高のご馳走が…! こら~!ここは俺の場所や!

【可愛くない鳥2号“ごいさぎ”】
昔々、帝から五位の位を賜ったので“五位鷺(ごいさぎ)”の名がついたとか、でも、
夕方や夜、お下品な鳴き方をするので“夜鴉(よがらす)”という名もあります。
 夜間になると池や沼、河川で餌を獲ると言われておりますが、ここ広瀬川では
朝から晩まで堰周辺にたむろしております。
 昨日は愛宕堰の木に3羽、郡山堰周辺にも3羽確認しましたが、今年は中州と
寄州の7割以上の木々が伐採されたので、数も少なくなることでしょうネ。