fc2ブログ
2024/03/13

「3.11東日本大震災、鎮魂と再生のモニュメント」

今回のテーマは「3.11東日本大震災、鎮魂と再生のモニュメント」、その彫刻作品の物語とお節介焼きの関わりを、ドキュメンタリー風にまとめてみました。
 さて物語の発端は2022年春、現役時代の上司から学生時代からの友である彫刻家が困っているので、是非助けてやってくれないかという依頼に始まりました。
 現役時代は少々教育関係の仕事もしており、「コミュニケーション」という言葉はよく使いましたが、まさに問題は共通の認識と双方向の対話が欠如していることでした。

長い年月の経過で、彫刻作品の受入側である市役所の市長、そして担当窓口の責任者も交代しており、地元の発起人である古書店の店主は死去、もう一人の発起人であるお寺の住職は静岡から動けず、唯一の救いは当時をよく知る市会議員の存在でした。
 各種交渉と並行して行ったのが、地元テレビ局「温泉ハンター」の番組にゲスト出演していた際の番組ディレクターで、テレビ番組で是非取り上げて欲しいと依頼、会社のOKが正式に出ると岐阜県恵那のアトリエに向かいます。

IMG_7248_20220813130923d29_20240312081953de7.jpg
IMG_7303_20220813130923284_20240312081955de0.jpg
IMG_7314_20220907191308efd_20240312081955bbf.jpg
IMG_7136_20220813130917d96_20240314090956a0e.jpg

恵那での取材内容は、宮城TVの夕方の看板番組「OH!バンデス」で放送され、地元紙の河北新報やtbcテレビなどでも大きく取り上げられました。

IMG_0065_20220827124549e86_202403120820013d5.jpg
IMG_0072_202208271245550aa_2024031208200368f.jpg
IMG_0074_2022082712455740b_202403120820045ae.jpg

この問題に関わってから4か月後、総重量28トンもの巨大な石彫作品が、600キロも離れた岐阜県恵那のアトリエから、二台の大型トラックで現地に運びこまれ、名取市の重機会社と共に設置作業が始まりました。

IMG_9846_202210062011096a6_20240312081958cd5.jpg
IMG_9858_20221006201112a72_20240312081958a4b.jpg
IMG_9905_2024031208200092e.jpg

ここまで来るのに10年!!、作品の定住地である「名取市墓地公園」では、もう間もなく周囲の風景にも溶け込むことでしょう。 東日本大震災で亡くなられた多くの方々に合掌!!

IMG_1087_20221101073655694_202403120820066cb.jpg
IMG_1101_20240312082007273.jpg
IMG_0295_202210090903577e3_20240312082009850.jpg
IMG_1624_20230311211903417_20240312092630c23.jpg

なお、今回の物語や画像は、2022年「仙台人の秘かな愉しみ」や「全国のぶらり旅」で紹介してきたものを、コンパクトに纏めたものです。
2024/03/11

「3.11東日本大震災とMyブログに想うこと」

3.11東日本大震災、あれから13年、本当に月日の経つのは早いものです。 そして退職後のボケ防止のため始めたMyブログは14年になりました。
 ブログ立上げ後、僅か一年で震災を体験し継続する気力もなくなり、一時はブログを辞めようと宣言しましたが、多くのブロ友から励まされ、複数の方からは食料品の支援まで頂きました。
 スタート時のYahooブログは、2019年3月でFC2ブログに引き継がれますが、震災関連とプライベート記事はすべて削除しており、今となっては勿体ないことをしたものです。
 
震災後、ライフラインの復旧と共に、復旧復興の願いを込めたイベントが復活し、少しづつ仙台の街も元気を取り戻してきました。
 しかし当時、交通網の不便な三陸沿岸部では、大変な時間と労力とお金が費やされており、今回の能登半島の被災地のご苦労のほどが思いやられます。


2011年6月、青葉まつり中止のピンチヒッターは「仙台すずめ踊り」
blog_import_5c803706348f1_20240309093125a8a.jpeg
blog_import_5c80370830355_20240309093128527.jpeg


2011年8月、大崎八幡神社の鎮魂奉納「うたのちから、雅楽の夕に」
blog_import_5c800ba4e012d_20240309093128dba.jpeg
blog_import_5c800ba8937d1_20240309093131672.jpeg


2011年10月、「みちのくYOSAKOIまつり」は全国各地から応援参加
blog_import_5c8032c89857d_20240309093131481.jpeg
blog_import_5c8032ca4e060_202403090931342ed.jpeg

最後は、「仙台七夕まつり」の後に開催されている「竹灯り」ですが、改めて全国各地の震災で亡くなられた、多くの方々のご冥福をお祈りいたします。

blog_import_5c800b90e665e_2024030909313472f.jpeg
blog_import_5c800b92a7742_20240309093135f66.jpeg
2023/07/01

最新のご挨拶「広瀬川河畔での嬉しい出会い!!」

先月24・25日は、広瀬川河畔で可愛いアヒルの子たちに出会い、何とも嬉しいひと時を過ごさせてもらいました。
 第二弾まで掲載しましたが、対岸からこちらに向かってくるシーンと、また対岸に戻るシーンの間が中抜けとなっており、今日は最新のご挨拶として再登場となります。

まずは、こちらに向かってくるトリミングの一枚から
IMG_6776_202306261511481a6.jpg

次は、川の中ほどでしばし休憩タイムです
IMG_6881_20230626151151f84.jpg
IMG_6884_20230626151151ad3.jpg

一休み後は、おチビのリードで、更に前に進んでゆきます
IMG_6899_20230626151153ce8.jpg
IMG_6904_20230626151155a89.jpg

帰りは、目の前を堂々と通り過ぎました 「やはり、こちらの方がママかな~!!」
IMG_6961_2023062615115525e.jpg
IMG_6964.jpg

「グリコのおまけ」は目の前にいた♂たち、この河畔では人間と共に生きているアヒルです

IMG_7160_20230627092757cae.jpg
2023/03/17

最新のご挨拶「暑さ寒さも彼岸まで!!」

「暑さ寒さも彼岸まで!!」と言いますが、あっという間に暖かい日が続き、青葉山公園の早咲きの桜も開き始めました。
 そして、この日出会った「ベニマシコ(紅猿子)」は、残念ながら「チャマシコ」でしたが、彼女の足元には「オオイヌノフグリ」の淡いブルーも満開です。 「いよいよ春の子たちの再来が待ち遠しいネ~!!」

IMG_1422_2023031709171416f.jpg
IMG_1423_20230317091717c7b.jpg


IMG_1478.jpg
IMG_1489_202303170917197cf.jpg
2023/02/07

最新のご挨拶「寒い冬には近場のプチ湯治」

いつもいつもご訪問の皆々様には、改めまして寒中お見舞い申し上げます。
 かく言うオイラも老体を鞭打って、北風吹きぬく中そして雪中行軍と、野鳥たちを追いかけてきましたが、そろそろ温泉の禁断症状が現れてきたようです。 ボリボリ!!
 そんなことで、今日はお昼前から近場の湯へ!!、皆々様も引き続き体調管理にはお気を付けください。

IMG_2200.jpg
IMG_2201_20230204152620a10.jpg
IMG_2208_20230204152621669.jpg

「そんな強がり言いよって!!、ただ単にブログネタが底をついただけやんか!!」
2022/12/17

今季の冬鳥「ジョウビタキ(尉鶲)♂のご挨拶」

「“ジョウビタキが取り柄”の鳥撮りオヤジが、最近何やら忙しいそうや!!」
「ほんでな!、ブログが不定期になるので、代わりに挨拶しとけってさ!!」
「ほんま!、もう二週間もほっといて、こんな役しかもらえんとはの~!!」

IMG_3631_20221216132138bbd.jpg
IMG_3637_202212161321390da.jpg
IMG_3643.jpg
IMG_3659_20221216132142508.jpg


IMG_3735_20221216132145fe0.jpg
IMG_3747_2022121613214672c.jpg
IMG_3753_202212161321495fe.jpg
「ほんま、怒ったド~!!」
2022/09/09

「東日本大震災の被災者をテーマにしたモニュメント」

「東日本大震災をテーマにしたモニュメントの設置」を巡る旅も終盤、この日は宮城県庁の広報と県政記者会を訪ね、「モニュメントのプレスリリース」を各報道機関に投函しました。
 これでオイラの仕事も一段落、定年後一仕事を終えるのは十年ぶりのことでした!、やはり、少し頭と体を使うのは楽しいことですネ!!
 彫刻作品の総重量は28トン、600キロも離れた岐阜県の彫刻家のスタジオから、間もなく宮城県名取市に搬送され、数日をかけて設置されます。

IMG_7248_2022090719130533f.jpg
IMG_7314_20220907191308efd.jpg
IMG_7449_20220907191308c53.jpg

◇ 設置時期は9月最終週から10初旬を予定
   (現地、岐阜県恵那市と名取市の重機会社双方で現在調整中)
◇ 設置場所は「名取市墓地公園」、名取市小塚原字中島2番地の1
◇ 発起人は原井日鳳、法華宗(本門流)管長  彫刻家は八木麟太郎
◇ お二人の思いは、作品の「銘板」に表現されています
          「蘇生」
     蘇生とは 根源の心に還ること
     命を灯せ 夜の明けるまで       原井日鳳
◇ 最初は3.4年で出来るかなと思っていたが、自分の中で試行錯誤し
  10年もかかってしまったとは彫刻家の弁
◇ 設置にあたっては搬入される3~4日前に、彫刻家と造園業の資格を
  持つ友が現地入りし、作品を固定する土台作りをする予定
   (作品群の面積は、縦横12メートル四方となる)        以上