fc2ブログ
2023/09/01

今日の秘湯「姥湯温泉“桝形屋”後編」

楽しい旅もあっという間に日にちが変わり、二日目の朝湯は女性専用時間前の二つの混浴露天を先に済ませ、前日女性専用だった露天風呂も初体験です。
 秘湯好きの友との二人旅は何ともお気楽なもので、この日ものんびりとカメラを片手にひとり周辺の散策、後編は「ロープウェイの似合う湯宿」にしたいと思います。

IMG_6802.jpg
IMG_6770_2023082521231318b.jpg
IMG_6778.jpg


IMG_6781.jpg
IMG_6786.jpg
IMG_6799_20230825212318388.jpg

湯上り後は、玄関前の喫煙コーナーでタバコを吸いながら、このロープウェイが動いてくれないかと眺めていると、突然音がして動き出しました。 つり橋の下で操作をしているようです。

IMG_6814.jpg
IMG_6820.jpg

そして、〆の湯は常連さんおすすめの内湯ですが、こちらは無色透明の肌に優しいお湯でした。

IMG_6832_20230825212323f89.jpg
IMG_6835_20230825212323fcf.jpg

そして、いよいよお宿をスタートでしたが、このタイミングでもロープウェイがお見送りをしてくれましたよ。

IMG_6842_202308252123240c1.jpg
IMG_6855_20230825212327f57.jpg

最後になりますが、話が一区切りついたところで、ブログ活動はしばし不定期になる予定です。
 なお、9月2日のジャンル別ランキングでは、旅行の部で第18位、温泉旅行の部では第1位となりましたが、これも多くの皆様方のご支援のたまものです。 深謝!!
2023/08/30

今日の秘湯「姥湯温泉“桝形屋”前編」

いよいよ今回の旅の目的地が近づきましたが、標高1,300mの露天風呂は何度訪れても感動もので、大自然に包まれた景観と爆裂火口の湯がたまりません。
 今回は秘湯好きの友との二人旅なので、のんびりとカメラを片手にひとり散策、前編は「爆裂火口の絶景を楽しむ湯宿」にしたいと思います。

IMG_6704.jpg
IMG_6712.jpg
IMG_6713_2023082520523792d.jpg

まずは、混浴露天風呂の一つ「山姥の湯」、この湯が楽しみで皆さん登ってくるんですよね。

IMG_6718.jpg
IMG_6724.jpg
IMG_6726_20230825205241fba.jpg


IMG_6727.jpg
IMG_6730.jpg
IMG_6733_2023082520524716d.jpg


IMG_6737_2023082520524919c.jpg
IMG_6739.jpg
IMG_6746_20230830062857833.jpg

2023/08/29

今日の秘湯「滑川温泉“福島屋”」

奥羽本線の峠駅は、駅舎も改札もない無人の駅ですが、そこから向かった先が「滑川温泉“福島屋”」、こちらも又、タイムスリップをしたような古風な雰囲気の湯治宿です。

IMG_6702_20230825143521158.jpg
IMG_6668.jpg
IMG_6674_202308251435243ff.jpg
blog_import_5c7f4d6c122fd_20230825143527268.jpeg

長い廊下を通り過ぎ建物を出ると、このお宿の名物露天風呂、「岩の湯」と「檜の湯」がありますが、川沿いにある大好物の「岩の湯」は、二日に一度浴槽の湯を抜いた掃除の日でした。
 やむなく元来た道を戻り、つり橋の脇にある湯小屋「檜の湯」でまったりしましたが、中庭風の休憩スペースには涼しい風が吹いていました。

IMG_6681_2023082514352740e.jpg
IMG_6685_20230825143530126.jpg
IMG_6688_2023082514353073c.jpg

名残は惜しいのですが、もうすぐ本日お泊りの秘湯のお宿のチェックインの時間、後ろ髪をひかれながら久々の滑川温泉を後にしました。

IMG_6690_202308251456277eb.jpg
IMG_6698_20230825143533116.jpg
IMG_6700_202308251435369e2.jpg

2023/08/22

今日の秘湯「白布温泉“湯滝の宿 西屋”」

(温泉ブログ特別編、「グリコのおまけ」)
今回、8月28日宿泊から9月29日宿泊分まで、「全国旅行支援の期間限定販売」が唐突に発表されました。 相変わらずお国のやることはドタバタ劇で、「今の政府は何がしたいの、誰が舵取りをしているの、ですよネ~!!」
 宿泊施設ごとに割り当て金額が決められ、施設への直接申込みによる販売のみとなっており、前回の残りのせいか旅行会社の仲介は取り扱っていません。
 宿泊金額の20%割引、平日なら2,000円のお買い物クーポン券付き、お申し込みは早い者勝ち。 この時期で旅行を考えている方には朗報です。

(さて、ここからは本物の温泉ブログです)
いよいよ温泉が恋しくなり、明日から二日間は山形県の米沢方面へ!!、こちらは歴史ある温泉の宝庫ですが、そんな米沢八湯の一つ「白布温泉“湯滝の宿 西屋”」をご紹介いたします。
 ここ白布温泉は、古くから「白布高湯」の名で知られた名湯で、開湯以来700余年の歴史を持ち、今も湯治場の面影が残っている温泉地です。
 かつて上杉米沢藩主の定宿として、茅葺の「東屋」「中屋」「西屋」が並んでおりましたが、平成12年の火災で二軒が焼失し、昔の面影が残るのは「湯滝の宿 西屋」だけとなりました。

IMG_5815_2023081309581408a.jpg
IMG_5828_202308130958177e2.jpg
IMG_5795_20230813095817c2a.jpg
IMG_5791_20230813095820b69.jpg

築100年の本陣づくりの本館と、磨きこまれた室内の木の温もりが素敵で、浴室に進む廊下の先には湯滝の音が轟々と響き、足元の簀の子の下をお湯が川のように流れています。
 【撮影の裏話】
こんな具合に自由に撮影できたのには訳があり、最後のテレビ出演のためのお宿訪問で、番組収録の合間を縫って自分のカメラで堂々と撮影できたからでした。

IMG_5737_2023081309582098e.jpg
IMG_5747_20230813095823bb4.jpg
IMG_5783_20230813095825ba8.jpg
IMG_5782_20230813095826fdc.jpg

今回目指す湯宿とは趣が異なりますが、久々の湯めぐりを勝手に盛り上げさせてもらいました。
2022/06/07

ふだん着の温泉「神室温泉“ホットハウスカムロ”」

山形県の北東部にある金山町に湧く「神室温泉」は、秋田県との県境にそびえる標高1365mの神室山の西麓に位置しています。
 周囲は山に囲まれており、一帯はグリーンバレー神室というリゾートエリアで、本格的なスキー場をはじめ、レストランや森林学習館、テニスコート、キャンプ場、ふれあいの森など、いくつものアウトドア施設が点在しており、日帰り入浴施設「ホットハウスカムロ」もこの中に含まれています。 (浴室内の画像は施設のHPからお借りしました)

IMG_5211_202205271515252fc.jpg
IMG_5214.jpg
IMG_5217_20220527151528157.jpg
IMG_5218_20220527151530b8c.jpg
IMG_5223_20220527151531789.jpg
onsen_img01_2022052715153300a.png

入浴後は、ドイツの山荘をイメージしたと言う宿泊棟「シェーネスハイム金山」を通り、一番低い位置にあるにあるレストラン「フォレスト」へ!!
 食事の準備ができるまで外に出て、のんびりと施設の雰囲気を味わいました。

IMG_5233_20220527151534fda.jpg
IMG_5237.jpg
IMG_5240.jpg
IMG_5241.jpg

2022/01/24

今日の古湯「赤倉温泉“湯守の宿 三之亟”」

旅の二日目は天候に恵まれ、お隣り山形県の山あいのいで湯、赤倉温泉に足を延ばしました!!
 赤倉温泉の歴史は古く、863年(貞観5年)に諸国行脚で慈覚大師がこの地を訪れた折、小国川の川の中で傷ついた馬を治そうとしていた少年を見かねて、川の水では冷たかろうと錫杖を使って、川岸から湯を噴出させたのが始まりと伝えられております。
 1,000年前と言われる出発地の鳴子温泉よりさらに古く、そんな湯処を訪れるのも楽しい湯めぐりの一つです。
 そんな小国川の両岸にたたずむお宿の一つに、「湯守の宿 三之亟」はありますがこの日は生憎の定休日、以前訪れた折のご自慢の岩風呂、源泉は昔々の小国川の川底をご覧ください。

IMG_2730.jpg
IMG_2719_202201201936576bc.jpg
IMG_2713_20220120193658423.jpg


5c7f821ba1786.jpeg
5c7f821d55071.jpeg
5c7f821ede520.jpeg

浴室内の画像と共に、昨日登場させた「山形県の温泉年表」が、更に生きてきますネ~!!

IMG_2689_20220120193700f33.jpg

2022/01/23

今日の古湯「赤倉温泉“悠湯の宿 湯澤屋”」

旅の二日目は天候に恵まれ、お隣り山形県の山あいのいで湯、赤倉温泉に足を延ばしました!!
 赤倉温泉の歴史は古く、863年(貞観5年)に諸国行脚で慈覚大師がこの地を訪れた折、小国川の川の中で傷ついた馬を治そうとしていた少年を見かねて、川の水では冷たかろうと錫杖を使って、川岸から湯を噴出させたのが始まりと伝えられております。
 1,000年前と言われる出発地の鳴子温泉よりさらに古く、そんな湯処を訪れるのも楽しい湯めぐりの一つです。
 そんな小国川の両岸にたたずむお宿の一つに、「悠湯の宿 湯澤屋」がありましたが、本館の前に建つ別館は、角が跳ね上がった「メルヘンチックな竜宮城」(?)、それとも「芸者さんがお待ちの楼閣」(?)、何ともユニークな建物でした。

IMG_2707.jpg
IMG_2711.jpg


IMG_2700_20220120182739d07.jpg
IMG_2669_20220120182740c5e.jpg
IMG_2675_2022012018274217c.jpg
IMG_2683_20220120182743441.jpg

浴槽の左端にある四角いコンクリート、それが源泉一号で、暗くて分かりづらいのですが、浴槽の底や壁をよく見てみると、ここが昔の川底だったことが分かります。
 そんな「山形県の温泉年表」が、ご丁寧にも浴室に掲げられておりました。 「感謝!!」

IMG_2689_202201201827449be.jpg