FC2ブログ
2020/12/21

今日の秘湯「白布温泉“湯滝の宿 西屋”」

山形県米沢市の中心部から約20キロ、峠道が標高850mにさしかかる所に、変わることのない白布温泉があり、内二軒は私の大好きな秘湯を守る会の湯宿です。
 ここは古くから白布高湯で知られた名湯で、開湯以来700年余の歴史を持ち、今もなお温泉マニアを惹きつけてやまない、鄙びた湯治場の雰囲気が残されています。
 かつて上杉米沢藩の定宿として知られた茅葺の「東屋」「中屋」「西屋」でしたが、今はここ「湯滝の宿 西屋」だけが、歴史を物語る湯宿の佇まいを残しております。

IMG_5821.jpg
IMG_5815_20201204174215ac5.jpg

玄関を入ると、左手が江戸時代より残る築200年の母屋、右手が築100年の本陣づくりの本館ですが、何度訪れてもこの風格には圧倒されます。

IMG_5795.jpg
IMG_5796.jpg
IMG_5791_20201204174220c22.jpg

まずは聞こえてきました三本の湯滝の凄い音、そして右側の浴室を覗き込むと圧倒的な湯量で、源泉かけ流しとはこんな風景を言うんだと言っているようです。

IMG_5737.jpg
IMG_5747.jpg
IMG_5783_20201204174224cc5.jpg
IMG_5782.jpg

母屋とほぼ同じ歴史を持つ、黒御影石の石組みの「湯滝風呂」もまさに芸術品ですが、今回の訪問ではしっかりとカメラに収めてもらいました。

IMG_5773.jpg

【白布温泉、茅葺の湯宿ものがたり、12.21.PM6:20追記】
2000年3月25日、午後5時頃出火した「白布大火」により、中屋本館と東屋旅館は全焼しました。
 過去に2度の火災があり、2度とも三軒の旅館が焼失した歴史がありましたが、その火災はおよそ200年前のことで、三軒が仲良く軒を並べる景観は多くの人々に愛されてきました。



2020/11/07

珠玉の湯宿「銀山温泉“能登屋旅館” 浴室編」

温泉街の中央を流れる銀山川の畔に、大正、昭和に建てられた木造旅館が連なる銀山温泉。その中でもひと際個性的な建物が「能登屋旅館」と言えます。

こちらは2010年から2011年6月まで、本館と離れの大規模改修を行っており、何がどう変わったのか、「建物編」と「浴室編」2回にに分けてご紹介しております。

さて、新館2階から高台へ続く長い廊下を上ると、貸切利用の「展望露天風呂」があります!! 廊下の窓から外を見ると温泉街との高低差が分かりますが、浴室は更に外に出た湯小屋でした。

IMG_5206.jpg
IMG_5209.jpg
IMG_5210.jpg
IMG_5223.jpg
IMG_5215.jpg

男女別大浴場は新館に戻りその一階部分で、こちらにも檜の露天風呂が付いていました。

IMG_5233.jpg
IMG_5239.jpg
IMG_5242_2020110215080749e.jpg
IMG_5244.jpg

本館一階にある、開業当時より元湯として利用されてきた「洞窟風呂」は、今も健在で貸切風呂として利用されております。

IMG_5269.jpg
IMG_5267.jpg
IMG_5262_20201102150813991.jpg

一晩過ごした湯宿とももうすぐお別れですが、ステキな湯宿ほど時の経つのは早いものです!!

IMG_5294.jpg


2020/11/06

珠玉の湯宿「銀山温泉“能登屋旅館” 建物編」

温泉街の中央を流れる銀山川の畔に、大正、昭和に建てられた木造旅館が連なる銀山温泉。その中でもひと際個性的な建物が「能登屋旅館」と言えます。

こちらは2010年から2011年6月まで、本館と離れの大規模改修を行っており、何がどう変わったのか、「建物編」と「浴室編」2回にに分けてご紹介いたします。

IMG_5302.jpg
IMG_5324.jpg
IMG_5330_20201102131658287.jpg
IMG_5331_20201102131659a10.jpg

道に人がいないのは早朝散歩の帰り道、一階の格子の中は、カフェ「山ぼうし」となっておりました。 宿泊客から無粋なコーヒー代などは取っておりません。
そして気になる四~五階部分ですが、吹き抜けの天井がユニークな「談話室」となっています。
 (ちなみに、この四階部分が新館の一階に繋がっており、今風の世界に誘います!!)

IMG_5287.jpg
IMG_5249.jpg
IMG_5251.jpg

「本館」の陰にスッポリと隠れているのが、高台に建つ二階建ての「新館」ですが、天井の高い新しいタイプの客室と食事処、そして大浴場となっておりました。

IMG_5204.jpg
IMG_5257_20201102131706cf3.jpg

  明日は「浴室編」、「露天風呂さ、レッツラゴー、すっかな♪」「見てや~!!」
  そしてもう一枚のグリコのおまけは、昼食処から見上げたこて絵の「古山閣」です

IMG_5063_20201102131708f05.jpg
IMG_5054.jpg

2020/11/05

立ち寄り湯「銀山温泉“瀧見館と瀧見亭”」

二日目の昼食と入浴休憩に選んだのは、「銀山温泉“瀧見館と瀧見亭”」でしたが、温泉街のそば処「瀧見亭」にはご縁があっても、銀山温泉をてっぺんから見下ろす温泉はお初でした。

IMG_4963.jpg
IMG_4986.jpg
IMG_4991_20201101223923cd7.jpg
IMG_4983.jpg

さてここからは、銀山温泉の隠れ家の湯で、我が旅のお仲間にもご協力いただきましょうか!!

IMG_5011.jpg
IMG_5016.jpg

こちらは、もう一つの瀧見館、そば処の「瀧見亭」となりますが、今回の食事はパスしました。

IMG_5093_20201101223928a1d.jpg
IMG_5101.jpg

最後は、三日目の散策で通り過ぎた「瀧見亭」ですが高台には湯宿も見えます。そして白銀公園の散策後、真上から見下ろしたそば処の全景です。

IMG_5341_20201103150344e10.jpg
IMG_5464.jpg

2020/11/03

立ち寄り湯「黄金温泉“カルデラ温泉館”」

山形県の中央部の山あいにある肘折温泉郷は、肘折(ひじおり)、黄金(こがね)、石抱(いしだき、今は野湯だけ)の三つの温泉地からなり、肘折20軒、黄金2軒の温泉旅館があります。
 また共同浴場は昔からの「上の湯」の他に、何ともご立派な日帰り入浴施設が2つあり、その一つが「黄金温泉“カルデラ温泉館”」です。

IMG_4956.jpg
IMG_4953_20201101094421ff0.jpg

ここの泉質は全国的にも珍しい「炭酸泉」ですが、何とも芸術的な「飲泉所」はオイラの大好きな風景です。

IMG_4931.jpg
IMG_4946.jpg
IMG_4951_20201101094424a77.jpg

この日はシトシトの雨、大浴場の湯は温めで手のみの入浴、露天風呂はお休みとのことでしたが、お断りをして内湯の風景だけ撮らせてもらいました。 感謝!!感謝!!

IMG_4937.jpg
IMG_4941_2020110109442727f.jpg

そんな温湯でしたが、地元の客お一人が浴槽でまったりしており、何故入らないのか不思議そうでしたが、我々には次の銀山温泉での「蕎麦と温泉」が待っております。
2020/11/02

今日の名湯「肘折温泉“元河原湯”」

初日の湯宿は、日本秘湯を守る会の「肘折温泉“元河原湯”」でしたが、峠から温泉街を見下ろす風景は一変しておりました。

2枚目の解説版を転載致しますが、平成24年4月~5月の大規模な地すべりにより、県道戸沢大蔵線は約150mにわたり崩落し通行止めとなりました。
 この路線は、肘折地区と新庄方面を結ぶ最重要な路線で、冬季間は地区外に出る唯一の道路となっています。 このため、冬までに通れる道路の復旧として、全長240.5mのループ橋梁が計画されました。 (以下省略)

IMG_4841.jpg
IMG_4846.jpg
IMG_4874_20201031221358ce8.jpg
IMG_4882.jpg

温泉街をぶらりと散歩した後は、夕食待ちの入浴ですが、一階に貸切風呂「かわら湯」が、四階に男女別の展望風呂があります。

IMG_4885_202010312214002bb.jpg
IMG_4850_202010312214019b2.jpg
IMG_4892.jpg
IMG_4886_202010312214049ed.jpg

初日は降ったり止んだりのお天気でしたが、二日目の朝もお天気は優れず、肘折名物の朝市は傘をさしての散歩となりました。

IMG_4923.jpg
IMG_4904.jpg
2020/11/01

立ち寄り湯「神室温泉“シェーネスハイム金山”」

今回の山形の湯めぐりは、「肘折温泉」と「銀山温泉」という歴史のある温泉街でしたが、旅の途中の昼食と入浴休憩には、「神室温泉“シェーネスハイム金山”」を選びました。
 山形県の北東部にある金山町に湧く神室温泉は、秋田県との県境にそびえる標高1365mの神室山の麓、西の麓に位置する今風の造りの一軒宿でした。
 一帯はグリーンバレー神室というリゾートエリアで、本格的なスキー場をはじめ、レストランや森林学習館、テニスコート、キャンプ場など、いくつものアウトドア施設が点在しており、宿泊施設「シェーネスハイム金山」もこの中に含まれています。

IMG_4714.jpg
IMG_4717_edited-1.jpg
IMG_4729_20201031182256e7c.jpg
IMG_4732.jpg
IMG_4734_20201031182259855.jpg
IMG_4742_20201031182300779.jpg

温泉入浴は渡り廊下で結ばれた日帰り入浴施設「ホットハウスカムロ」で、こちらもまた何ともユニークな姿形で、「アダムスキー型UFO」そのものでした。 (日帰り入浴料は300円)

IMG_4750.jpg
IMG_4758.jpg