FC2ブログ
2020/08/07

今日の野鳥「チョウゲンボウ(長元坊)のパタパタ」

この日はお天気も良く、以前から「チョウゲンボウ(長元坊)」の群れがいるという情報の、県南部の雑草地帯を訪れてみました。
 猛禽類の飛翔シーンは大の苦手のオヤジですが、この子たちは「ホバリング(空中での停止飛行)」をしながら、獲物を狙うという得意技の持ち主です。
 雑草地の上空には、四羽だったり六羽だったり、旋回飛行を繰り返しておりますが、暫く辛抱していると一羽が目の前でパタパタを始めました。

IMG_4170.jpg
IMG_4172.jpg
IMG_4178.jpg
IMG_4181.jpg
IMG_4184_2020080414241903e.jpg
IMG_4190.jpg
IMG_4202_2020080414242210d.jpg
IMG_4219.jpg

しばらくホバリングした後は、水平飛行に変わりましたので、オイラの腕ではこれが限界です。

IMG_4236.jpg
IMG_4245.jpg

 
2020/08/06

今日の野鳥「賑やかなセッカ(雪加)」

野鳥の楽園「大沼」もほぼ子育てが一段落し、バンやオオバン、そしてヨシゴイなどは、沼の周囲の田んぼで餌を探すようになりました。
 そんな大沼で、今ひと際賑やかなのが「セッカ(雪加)」で、一見スズメにしか見えない子ですが、「さえずり飛翔」を頻繁におこない存在感を示しております。
 ヒッヒッヒッ!と鳴きながら上昇し、チャッチャッチャッ!と鳴きながら下降、時には高い草にとまって鳴くこともある愛嬌ものです。

IMG_3723.jpg
IMG_4000_202008021344319a0.jpg
IMG_4002_20200802134432a75.jpg
IMG_4003_2020080213443458e.jpg
IMG_4007_20200802134436d7e.jpg
IMG_4009.jpg
IMG_4011.jpg
2020/05/07

今季の旅鳥「ツバメチドリ(燕千鳥)の飛来」

今回はご縁があって、「ツバメチドリ(燕千鳥)の飛来」を見ることが出来ましたが、オイラにとっては「初見初撮り」の鳥さんでした。
 翼は長くて先がとがり、尾羽は二股に分かれ、まさにツバメのような体形をしており、飛んでいる姿はまさにツバメそのものでした。
 夏羽では赤いくちばし基部に、黄白色ののど、そしてお顔は目の下からのびる黒線で囲まれ、野鳥図鑑に載っていた通りのユニークな子でした。

【1、抜き足】
IMG_2167.jpg
IMG_2168.jpg

【2、差し足】
IMG_2189.jpg
IMG_2194.jpg

【3、忍び足】
IMG_2226.jpg
IMG_2237.jpg
「遠慮しないで、もうちょっとこっちに来たら!」と言ったかどうかは(?) 「空耳オヤジ」

【4、帰り道の後ろ姿】
IMG_2298_20200504100446309.jpg
IMG_2307.jpg

【おまけ、トラクターと畦道とツバメチドリ】
最初に眺めていた位置からの、農業用トラクターとのコラボですがまったく警戒しませんネ!!
 その後上空を旋回し、ピンボケだらけの飛翔シーンの後、何と私の目の前に下りてきました。
最後の四枚目「帰り道は遠回りしたくなる」は、キレイに整地された畦道の風景です。  
「ありがとうネ~!!」、でも、西野七瀬のいない乃木坂46は、「ほんと、寂しいな~!!」

IMG_1462_20200504100449981.jpg
IMG_1465.jpg
IMG_1471.jpg
IMG_2393.jpg
2019/10/26

今日の野鳥「秋といえばノスリの南下」

四国から北海道に留鳥として分布し、低山の林で繁殖する「ノスリ(鵟)」ですが、冬には北方の子は南下しますので、全国の平地の農耕地や河原などでも見かけるようになります。
 この日は沿岸部の冬鳥がターゲットでしたが、波が高くあえなく撃沈!!、仙台に戻る途中、昨年「ケアシノスリ」が出没したエリアを通過しますが、お相手は「ただのノスリ」でした。
 でも、頭上を旋回しながら、時々ホバリングを繰り返しますので、飛び物の苦手なオイラでも、何とかブログネタになってくれました。

IMG_4386_edited-1.jpg
IMG_4403.jpg
IMG_4407.jpg
IMG_4424.jpg
IMG_4445.jpg
IMG_4464.jpg
IMG_4465.jpg
IMG_4466.jpg

遠くの空には、大きな獲物を抱えて通り過ぎる「ミサゴのシルエット」が見られました。

IMG_4562.jpg
2019/06/18

今日の野鳥「ヒバリ(雲雀)のご挨拶」

大沼で「ヨシゴイ」と遊んでいると、目の前の田んぼのあぜ道に、「ヒバリ(雲雀)」がご挨拶に来てくれました。
 最初は背景が暗かったのですが、日の当たる田んぼのあぜ道に移動してくれ、トレードマークの短い冠羽も立ててくれました。
 何処からか、「セッカ(雪加)」の鳴き声も聞こえてきましたが、今季はヒバリのように是非お相手をして欲しいものです。

IMG_7579.jpg
IMG_7583.jpg
IMG_7602.jpg
IMG_7605.jpg
IMG_7607.jpg
IMG_7609.jpg
IMG_7614.jpg
IMG_7616.jpg

なお、今日の午後から近くの温泉に宿泊しますので、コメント欄は閉じさせていただきました。
2018/07/11

今日の野鳥「あぜ道のキジ(雉)」





大沼から帰る途中、田んぼのあぜ道に「キジ(雉)」の姿を見かけ、慌てて
車を止めて窓からこっそり鳥撮りです。
 手持ちですが、被写体が大きいお陰で10枚程度は何とかなりましたが、
近くで撮れる時には撮れるものですね。

2018/06/18

今日の野鳥「ヒバリ(雲雀)の幼子」









昨日の仙台は久しぶりの晴れ間で、曇天ですが三日ぶりに「大沼」に
出勤でした。
 沼の周囲の麦畑は既に刈り取られ、ヒバリは相変わらず飛び交って
いるものの、セッカの鳴き声は消えております。
 鳥友のAbさんが見つけてくれたのが、「ヒバリ(雲雀)の幼子!」で、
私一人ならまず見つけられませんでした。   (感謝・感謝!!)

   1~4、 「ママ~!、お腹が空いたよ~!!」

   5、    (後姿では、短い尻尾が可愛いネ)

   6~7、 「変なオヤジたちが、怖いよ~!!」

麦畑の向こうでは新たな耕作が始まり、次は大豆の種まきだそうです。
 麦の刈り取りでは、トラクターのタイヤやコンバインに巻き込まれて、
さぞや多くの幼い命が犠牲になったことでしょう。  (合掌)