FC2ブログ
2021/04/08

「太白山麓にスミレの花咲く頃~♪♪」

公園や野原から野鳥の姿が消え、いよいよ被写体は春の山野草が中心となりました。
 自然観察の森の散策路や林道を歩くと、終りかけのカタクリの花に代わり、様々なスミレの花が賑やかになってきました。

IMG_3287_20210404115446411.jpg
IMG_3298.jpg
IMG_3307.jpg
IMG_3325_20210404115450502.jpg


IMG_3373.jpg
IMG_3386.jpg
IMG_3397.jpg

そして、やや大ぶりな花としては、「アズマイチゲ」や「キクザキイチゲ」が目を楽しませてくれます。

IMG_3416_20210404115458100.jpg
IMG_3341_202104041154594b2.jpg

2021/04/03

今日のウンチク「野山を歩く春の楽しみ」

今季の野草園は、先に「光り輝く春の妖精、ユキワリソウ」としてアップしましたが、コロナ禍の中、4月11日(日)まで急遽閉園となってしまいました。
 このため春の野山散策は、フィールドを変えてカタクリの花を眺めたりなどしております。
さて、「ユキワリソウ(雪割草)」はスハマソウ(洲浜草)やミスミソウ(三角草)の原種、そして園芸種まで含めた総称で、前回のカラフルな子たちは園芸種のようです。

それでは、高山区に顔を出したこの四枚は原種でしょうか(?)

IMG_9329.jpg
IMG_9332_20210328151727c0d.jpg
IMG_9584.jpg
IMG_9575.jpg

葉の先端が尖っている2.4は「ミスミソウ」、葉先の丸い二枚は「スハマソウ」かな!?

更にピンク色の子「ショウジョウバカマ(猩々袴)」は、花が赤いので猩々の顔(中国の伝説上の動物とか)、根生葉の重なりが袴に似ているからとか、私にはチンプンカンプン!?
 そして、私の大好きな宮崎駿の世界「もののけ姫」にも、その「猩々」が現れたことを、突然昨日のように思い出しました。 でも、その猩々の姿は目の赤いゴリラ風でしたね。
     アッ!とビックリ!、突然活性化した「回顧オヤジ」

IMG_9367.jpg
IMG_9369.jpg

12日(月)の再開園が待ち遠しい、不要不急の外出制限オヤジでございます。 暇だネ~!!

2021/03/18

仙台銀座のミートマン跡地に「一(ハジメ)」オープン

この日は3月12日新店オープンしたばかりという、仙台銀座のミートマン跡地に現れた居酒屋「一(ハジメ)」を訪れました。
 学生時代の友から、お店を撮って欲しいという依頼で、場所を聞いてやや半信半疑でしたが、お店は南町通りに面した明るい雰囲気で、こんな開放的な店であれば入りやすいと感じました。
 仙台では「晴れの日」「魚が肴」「ミートマン」などの、和食・洋食・居酒屋・バーを市内に
10店舗をかまえる、飲食業界「ダイエー商事」の新しいお店でした。

IMG_6595.jpg
IMG_6596_20210317110750ee0.jpg

【店内はご覧の通り明るく、開放的な空間が好印象でした。】

IMG_6600.jpg
IMG_6603.jpg

お店のコンセプトは焼鳥という軸は変えず、呑める食堂として新店オープンとなったようです。
お店のオープン時間4時も過ぎましたので、暖簾をかけた景色を再度撮ってみましょうか!!

IMG_6636.jpg
IMG_6639.jpg
IMG_6655.jpg
IMG_6656_2021031711075918e.jpg

2020/12/20

日曜特番「おてんとさんの会百周年記念事業」

国分町にある「郷土酒亭 元祖炉ばた」は、趣味人「故・天江富弥」が1950年に始め、お客が囲炉裏を囲み亭主がもてなす、炉端スタイル発祥のお店でした。
 この日は、年内最後の訪問と思いお店を訪ねましたが、この店ともご縁の深い「おてんとさんの会」の、百周年記念事業のチラシを貰いましたのでそんなご紹介になります。

IMG_3318_202012190926483c6.jpg
IMG_3324_20201219092650f8c.jpg

仙台文学館では来年2月2日(火)~23(火・祝)、「おてんとさんの100年~仙台に咲いた子どもの文化~」として、地元の童謡詩人「スズキヘキ」と、彼を支えた「天江富弥」はじめ文化人の世界を、2階ギャラリーのパネル展として開催します。
 3階の常設展示室は有料ですが、2階ギャラリーは観覧無料、児童文学に興味のある方は是非足を運んでみては如何でしょうか。

0258.jpg
top.gif

なお、使用したイメージ画像一枚は「仙台文学館」より、もう一枚はKHB東日本放送で、過去に放送された特番のタイトルから拝借いたしました。 なお、常設展では3月24日(水)まで開設されるようです。

2020/09/11

「秋田の秘境と秘湯、TV放映を終えて」

今週火曜日の「突撃!ナマイキTV」温泉ハンター編、「秋田県湯沢の秘境と秘湯」もTV放映が終わりましたが、多くの方々にご覧いただきありがとうございます。
 温泉バカは相変わらず、間の抜けた顔をしてTV画面に納まっておりますが、ある友がDVDではなくスナップ写真として送ってくれました。 好き者の友は好き者でした!! 感謝!!

【第一湯、川原毛大湯滝の「打たせ湯」と「滝つぼ」】

IMG_0012.jpg
IMG_0013_202009101138396b1.jpg
IMG_0014_20200910113840649.jpg
IMG_0015.jpg

【第二湯、大湯温泉「阿部旅館」の季節限定川風呂】は、今回省略いたします!!
2020/09/10

「皆様のご支援、応援を宜しくお願いします!!」

一昨日は久々に、国分町の「元祖 炉ばた」を訪れますが、お店の中には懐かしい「おんちゃん」と「おかみさん」の笑顔が載った、「まちくるファンド仙台」のチラシが置いてありました。(以下はチラシからの転載)

thumb-w640h360_5f4cf4cb-d910-4dec-9962-8fd464400038.jpg

【6月末で引退した「おんちゃん」と「おかみさん」、そして後継者の想い】
新型コロナウイルスの影響は拡大・長期化し、特に飲食業界は未だに苦しい状況です。
「郷土酒亭 元祖 炉ばた」は、炉端焼き発祥のお店とされ、70年続く歴史のあるお店です。
このお店がなければ、私たちのお店はできておらず、皆様と出会えていなかったかもしれません。 「絶対に無くしてはいけない」その想いで本プロジェクトに挑戦しました。
どうか、皆様のお力をお貸しください。 (9/10現在115人が支援、応募〆まで35日)
(9/15火曜日7:00現在、支援者は119人、支援金は208万円となりました!!)

【まちくるファンド仙台とは】
クラウドファンディングとは、群衆(Crowd)と資金調達(Funding)という言葉を組み合わせた造語で、インターネット上で自分の想いや事業プランをプロジェクトとして発表し、共感した人や応援したいと思っている人などの不特定多数のサポーターから、少額ずつ支援を募るサービスです。

「まちくるファンド仙台」は、「仙台のまちなかをみんなでもっと過ごしやすく、楽しくしよう」「仙台の元気を東北全体に届けよう」「将来の仙台・東北を創っていく人を応援しよう」といった熱い熱いハートを持つ方をみんなで応援するためのクラウドファンディング・プラットホームです。

【新しい「おかみ」からも一言】
もちろんお店にお越しいただくのは大きな力になります。 心を込めておもてなしいたします。

IMG_3422_202009090812350af.jpg
IMG_3348_20200802090343811_202009090812369e9.jpg

笑顔のステキなANAのCA(客室乗務員)だった「おかみ」に、貴方も会いに行きませんか。
2020/08/03

国分町の名店「“元祖 炉ばた”8/1再スタート」

今年6月末に創業70年の歴史に幕を下ろした「元祖 炉ばた」ですが、経営者が変わり一昨日の8月1日に再スタートいたしました。
 この日は久しぶりに一番町通りを歩き、アーケード街の「星に願いを!、来年、笑顔でお会いしましょう」の横断幕で、改めて中止となった仙台七夕を思い出させます。
 さて、お馴染みの「元祖 炉ばた」には、お祝いの花束が飾られておりますが、店内は以前と少しも変わらず、変わったのは正面に垂れ下がる料理メニューくらいでしょうか。

IMG_3312.jpg
IMG_3359.jpg
IMG_3318.jpg
IMG_3327.jpg

でも変わったと言えば、以前の女将に変わり恰幅の良い男性が客をもてなし、新しい女将さんは一気に若返った元ANAのキャビンアテンダントとか、そして東京の新宿からはベンチャー企業「絶好調」の代表も助っ人にご登場でした。

IMG_3339_20200802090341773.jpg
IMG_3348_20200802090343811.jpg
IMG_3354.jpg

途中、店の外に出てしばしの煙草タイムでしたが、代表自らがお祝いの花束スタンドを並び替えていて、そんな気持ちがオイラを嬉しくさせます。
 「炉ばたの灯を消さない」、そんな気持ちが従業員にいつまでも引き継がれますように!!

IMG_3372.jpg