FC2ブログ
2019/10/09

今日の野鳥「メボソムシクイ(目細虫食)」

この日は久しぶりに広瀬川河畔の散策でしたが、カワセミは目の前を通過するだけで、サギ類やカイツブリ、そして少数のカモ類を観察する程度でした。
 帰り道、河畔の柳の木の根元で、「ヂッ、ヂヂッ!!」という鳴き声を聞き、堤防から真下を覗き込むと、ウグイス族の子が飛び出してきました。
 センダイムシクイに良く似ていますが、地鳴きの鳴き方と頭央線がないことから、夏鳥の「メボソムシクイ(目細虫食)」と判定致しました。

IMG_9852.jpg
IMG_9854.jpg
IMG_9856.jpg
IMG_9857.jpg
IMG_9861.jpg
IMG_9859.jpg

川の対岸には、「カワアイサ(♀)」や「ホオジロガモ(♀)」も観察されましたので、夏冬の主役交代もいよいよ本格化してまいりました。
2019/08/14

今日の野鳥「ササゴイ(笹五位)」

この日は気分転換に広瀬川河畔の散策でしたが、本命の「カワセミは」一度通過しただけで、ダイサギやコサギたちの姿も見かけません。
 郡山堰で一服していると「ササゴイ(笹五位)」が二羽、目の前に下りて来て、最初の一羽は中州に近い場所で、二枚目以降の子はもう一羽でしたが、けっこうお付き合いの良い子でした。

IMG_0995_20190812181824fee.jpg
IMG_1015.jpg
IMG_1031.jpg
IMG_1042.jpg
IMG_1047_201908121818295cc.jpg
IMG_1058.jpg
IMG_1065.jpg
IMG_1079.jpg
IMG_1087.jpg
2019/06/16

今日の野鳥「ツバメ(燕)の給餌」

以前、デカ過ぎも困りもので出した「ツバメ(燕)の給餌」ですが、その前に撮ったのが枯れ枝に止まり、親鳥を待つ子ツバメでした。

IMG_2029.jpg
IMG_2030.jpg
IMG_2032.jpg
IMG_2033.jpg
IMG_2034.jpg

二度目は奥から手前側に向かってきましたので、何とか親子共に撮ることが出来ました。

IMG_2045.jpg
IMG_2046.jpg
IMG_2047.jpg
IMG_2049.jpg
IMG_2050.jpg
2019/04/26

今日の野鳥「カワガラス(河烏)の春」

ここ広瀬川に暮らす「カワガラス(河烏)」ですが、今年は滝の裏側の巣にお子様が育っているご様子です。
 この日の訪問は今年三回目で、今回は滝から川に出てきたところで一休みし、三か所の石の上でポーズを取ってくれました。

IMG_0129.jpg
IMG_0185.jpg
IMG_0277.jpg
IMG_0314.jpg
IMG_0331.jpg
IMG_0334.jpg
IMG_0335.jpg

帰りには、口いっぱいにカワゲラやカゲロウの幼虫などを銜えており、あっという間に滝の入口に姿を消しました。

IMG_0119.jpg
2019/04/19

今日の野鳥「イソシギ(磯鴫)の春」

広瀬川河畔では良く見かける「イソシギ(磯鴫)」ですが、この日は珍しく飛び上がってホバリングを繰り返します。
 この日は快晴で、川の水面はブルーに輝き、いつもはブレブレの飛翔シーンも、キレイに撮ることが出来ました。

IMG_6830.jpg
IMG_6832.jpg
IMG_6834.jpg
IMG_6838.jpg

さて本日の本題になりますが、この子の近くにはちゃんと♀がいて、背中に乗るタイミングを計っていました。
 そして事が済んだ後は、ちゃんと愛する♀をフォローしており、我々人間も見習うべき心優しいマナーですよね。 「エライ!!エライ!!」

IMG_6914.jpg
IMG_6916.jpg
IMG_6932.jpg
IMG_6933.jpg
2019/04/13

今季の夏鳥「ノビタキ(野鶲)」

今季の夏鳥第一号は、広瀬川河畔に姿を現した「ノビタキ(野鶲)」ですが、まだ人には慣れておらず追いかけっこが続きました。
 この日の天候は、あいにくの曇天で光が味方をしてくれず、黒い顔の♂は目を捉えることが出来ませんが、この夏羽の黒い羽毛は、褐色の冬羽がすり切れて現れるとのことです。

IMG_4725.jpg
IMG_4723.jpg
IMG_4915.jpg
IMG_4924.jpg
IMG_4879.jpg
IMG_4862.jpg
2019/04/09

今日の野鳥「タヒバリ(田雲雀)」

一昨日の仙台は久々の好天で、カメラを担いでご近所のお散歩でしたが、相変わらず広瀬川河畔に鳥は少なく、お花見気分の散策となってしまいました。
 何とも寂しい帰り道、愛宕橋に近づくと何処からともなく一羽の「タヒバリ(田雲雀)」が堤防に現れ、ほんの一瞬お相手を頂きましたが、対岸の六郷七郷取水口の桜ももうすぐ見頃です。

IMG_6458.jpg
IMG_6644.jpg
IMG_6651.jpg
IMG_6653.jpg
IMG_6398.jpg

【2019.4/10、野鳥名の訂正について】
今回、野鳥のプロさんからご指摘をいただき、「ビンズイ(便追)」を「タヒバリ(田雲雀)」に訂正いたしました。
 確かに、ビンズイの目の後方にある白斑が無いとは思っていましたが、「タヒバリ」は黒く太い顎線、そして夏羽では灰褐色の上面と、淡い橙赤色の下面が特徴でした。