fc2ブログ
2024/04/13

今季の夏鳥「広瀬川河畔にノビタキ(野鶲)の飛来」

4月になると仙台でも桜が満開となり、いよいよ「広瀬川河畔にノビタキ(野鶲)の飛来」する季節を迎えました。
 今、河畔の河川敷は枯草で覆われていますが、そんな背の高い草木が「止まり木」で、飛んだり地面に降りたりと忙しく動いております。

IMG_1202.jpg
IMG_1216_20240410213813ffc.jpg
IMG_1383.jpg
IMG_1397_20240410213815312.jpg

茶色い子が♀、頭の黒い子が♂ですが、♂の夏羽の黒い羽毛は、褐色の冬羽が擦り切れて現れるそうで、自然界も面白いことをするものです。
 それでは改めて、♀の茶色い子をじっくりご覧いただきましょう。 バックに見えるブルーは広瀬川の流れです。

IMG_1009_20240410213815ccd.jpg
IMG_1044_20240410213817415.jpg
IMG_1058_20240410213820bf9.jpg

次は頭の黒い♂ですが、♂♀一緒に動いていても同じフレームに入れるのは至難の業です。

IMG_1443.jpg
IMG_1489_20240410213823d4c.jpg
IMG_1493.jpg
2024/04/02

今日の野鳥「広瀬川河畔のオシドリ(鴛鴦)の春」

春の嵐の到来と共に仙台も一気に温かくなり、広瀬川河畔には「オシドリ(鴛鴦)」のお立ちよりも見かけるようになりました。
 こうなると鳥見・鳥撮りも楽になり、お天気の良い日はのんびりと過ごすことが出来ます。

IMG_8964_202403311637131d3.jpg
IMG_8973_2024033116392701c.jpg


IMG_8996_20240331163716356.jpg
IMG_8999_20240331163719507.jpg

そんな覗き見をしていると、足元には「カワアイサ(川秋沙)」の♀が通過してゆきますが、この子たちともお別れが近づきました。

IMG_9027_20240331163719d98.jpg
IMG_9033_20240331163722ad7.jpg


IMG_9072_20240331163722b86.jpg
IMG_9117.jpg

IMG_9300.jpg
IMG_9401.jpg

公園の早咲きの桜は葉を伸ばし始め、春本番のソメイヨシノはもうすぐ開花です。

IMG_9464_202403311637293f4.jpg
IMG_9468_202403311637313f3.jpg
2023/11/16

今季の冬鳥「カワアイサ(河秋沙)のリーダーかな」

毎年、冬鳥として広瀬川に飛来する子ですが、この日は愛宕橋を渡ると、♂♀併せて10羽程度が姿を見せてくれました。
 そして、郡山堰の川下には5~6羽が休憩中ですが、この態度の大きな♂はこのグループのリーダーでしょうか。

IMG_6004_20231115143630840.jpg
IMG_6005_20231115143632e4a.jpg
IMG_6006_20231115143632a67.jpg
IMG_6007_2023111514363556e.jpg


IMG_6011_202311151436351d8.jpg
IMG_6014.jpg
IMG_6016_202311151436393e1.jpg
IMG_6018.jpg

でもしばらくすると、色つやの良い♂が現れて、この特等席はその子に取られてしまいました。
2023/11/12

今日の野鳥「広瀬川河畔にアカゲラ(赤琢木鳥)見参」

この日の広瀬川河畔では、多くの冬鳥たちに出会いましたが、河畔の低い木々の中からキツツキの鳴き声が聞こえてきます。
 声を頼りにしばらく待っていると、少し見通しの良い場所に移動してきましたが、お久しぶりの「アカゲラ(赤琢木鳥)♀」のご登場でした。

IMG_3146_20231111101627e6f.jpg
IMG_3148_202311111016302a6.jpg
IMG_3149_202311111016304f7.jpg


IMG_3154_2023111110163353b.jpg
IMG_3173_202311111016334ca.jpg
IMG_3182_20231111101636fdd.jpg

しばらくお相手をしてくれましたが、ここでは獲物が見つからないのか、また茂みの中に姿を消してしまいました。

IMG_3192_20231111101636b35.jpg
IMG_3193_20231111101637cac.jpg
2023/11/05

今季の冬鳥「やっとやっとのジョウビタキ(尉鶲)」

あちこちで鳴き声だけは聞くのですが、「やっとやっとのジョウビタキ(尉鶲)」とのご対面、平凡な子ですが真っ先に冬の到来を伝えるよい子です。
 この日は広瀬川河畔の散策、堤防から河畔の茂みを見下ろす構図だと、この子たちの警戒心もやや薄れるようです。

IMG_3437_20231102202756e83.jpg
IMG_3445_202311022027599b4.jpg
IMG_3449_20231102202759fc1.jpg


IMG_3456_20231102202802835.jpg
IMG_3461_20231102202802618.jpg
IMG_3475_202311022028057d4.jpg

こちらは、別の場所に登場した♀ですが、全体が薄い色合いでは優しいお顔が可愛いですよね。

IMG_3692_20231103134229cbf.jpg
IMG_3710_20231103134232ce3.jpg
IMG_3721.jpg

2023/06/27

グリコのおまけ「広瀬川河畔のアイドルとは!!」2

今日の野鳥は正式には「グリコのおまけ」で、「広瀬川河畔のアイドルとは!!」ここで暮らすアヒルのおチビたち11羽になります。
 広瀬川河畔で常時暮らすアヒルは10羽ほどですが、ここでおチビに出会うのは約10年ぶりで、翌日の日曜日もカメラを担いでいそいそとお出かけでした。
 この日の狙いは川を横断する際に、正面から集団を捉えるのが目的で、じっくりと30分ほどスタンバイでした。 4枚目だけがトリミングで、あとは全て撮ったまんまの世界です。

IMG_6737.jpg
IMG_6746_202306251624019d7.jpg


IMG_6750_202306251624014e8.jpg
IMG_6753.jpg

思惑通りの後は多少移動しながら、のんびりとこちらに向かうポジションでカメラを構えます。

IMG_6773_20230625162406aa0.jpg
IMG_6783_20230625162406b83.jpg


IMG_6804.jpg
IMG_6816_20230625162409295.jpg


IMG_6840_202306251624120b9.jpg
IMG_6844_20230625162412436.jpg

今回は紙面の都合上、ここからは中抜きで、最後の二枚は元の対岸に戻るシーンです。

IMG_7007_2023062516241332d.jpg
IMG_7010_2023062516241689b.jpg

最後は、「どやっ、うちの子可愛く撮ったか!」と言われたような。 (空耳のロリコン親爺)
 なお、帰りの画像をよく見ていただくと、黄色い子が5羽、頭のてっぺんと尻尾の黒い子が4羽、全身真っ黒の2羽がお分かりいただけるかと!!
2023/06/26

グリコのおまけ「広瀬川河畔のアイドルとは!!」

今日の野鳥は正式には「グリコのおまけ」で、「広瀬川河畔のアイドルとは!!」ここで暮らすアヒルのおチビたち11羽になります。
 この日の狙いはゴイサギの鮎食べ放題でしたが、ダイサギが一羽だけでゴイサギもササゴイも見当たらず、鮎が堰を上る光景も見れませんでした。
 でも、帰り道の対岸では「広瀬川河畔のアイドル」が、何と!散歩の人たちのスマホの被写体として、ご愛嬌を振りまいておりました。

IMG_6308_20230624145639d62.jpg
IMG_6309_202306241456428c9.jpg

そんな光景を目にしたら、やはり近くで撮りたくなり、カメラを担いで橋を渡り対岸へ!、でも悲しいかな到着早々、子たちを連れて私が元いた対岸へ移動しました。

IMG_6333.jpg
IMG_6339.jpg


IMG_6400.jpg
IMG_6402.jpg

どうしてもアップで撮りたくて、また元いた対岸に戻りますが、やっとやっとの後姿のショットとなりました。 おチビ11羽の内訳は、黄色い子が5羽、頭と尻尾の黒い子が4羽、全身の黒い子が2羽でした。
 この子たちの親は♂が白いアヒルで、マガモの♀タイプの1羽がママ、もう1羽がヘルパーでしょうか。 みんなで育てているんですよネ~!!

IMG_6439_20230624145647001.jpg
IMG_6440.jpg
IMG_6441.jpg