fc2ブログ
2024/04/07

花と蝶「カタクリの春、ヒメギフチョウの春」

仙台市北部の街中公園を訪れて二日目、この日も相変わらず寂しい出会いでしたが、翅の裏面だけではなく表面も見せてくれました。
 二日目は一人増えてお仲間は四人、それに比べて蝶は僅か一頭でしたが、観察眼が増えたお陰で、何とか今季の「カタクリの春、ヒメギフチョウの春」完成です。

IMG_0374_2024040518282317a.jpg
IMG_0384_202404051828268cd.jpg
IMG_0385_202404051828264f5.jpg

それにしても、カタクリの花と比較して小さな、氷河期以来の生き物なんですよネ~!!

IMG_0489.jpg
IMG_0503_20240405182829929.jpg


IMG_0523_202404051828304d2.jpg
IMG_0535.jpg

最後は近くでお相手をしてくれましたので、まずは「めでたし、めでたし!!」

IMG_0558_202404051828335a2.jpg
IMG_0572_2024040518283543c.jpg
IMG_0578_20240405182838fa9.jpg
2024/04/06

花と蝶「2024、カタクリとヒメギフチョウの物語」

4月に入りますが、太白山麓の蝶の野原では2日も肩透かしをくらい、4日は場所を変えて仙台市北部の街中公園を訪れてみました。
 こちらもカタクリの花はずいぶん開き、ヒメギフチョウの食草「ウスバサイシン」もけっこう葉を伸ばしていました。
 でも、11時を過ぎても本命の蝶は一度通過したのみで、4枚目は蝶ならぬ蛾「イカリモンガ(碇絞蛾)」の友情出演に終わろうとしておりました。

IMG_0026_20240404143302683.jpg
IMG_9997.jpg
IMG_9999_202404041433049fd.jpg
IMG_0068_202404041433067c8.jpg

そしてお昼も近くになると、鳥撮り仲間が一人去り・二人去り、あきらめの悪いオヤジも駐車場に戻ろうとした時、階段の下から本命の子が上ってきます。
  「おっちゃんどうしたんや、そんなシケた顔して!!」
  「どうしても撮りたいなら、オイラの後についてきな」、と言っていたような??

IMG_0225_202404041433102eb.jpg
IMG_0229.jpg
IMG_0231_20240404150818527.jpg

いよいよ「幻覚・幻聴・妄想」が激しくなり、困ったもんだのご老人のお仲間となりましたが、
でもでも、こんな小さな生き物たちに日々癒されております。 「感謝!!感謝!!」
2023/10/26

花と蝶「シニアとヒメアカタテハ(姫赤立羽)」

季節の中で徐々に花々が消えてゆきますが、園芸センターの花壇だけは賑やかで、特に「シニア(百日草)」は名前の通り長持ちする子です。
 そんな植栽の中で、鮮やかな花に負けじと頑張っていたのが「ヒメアカタテハ(姫赤立羽)」で、今回も鳥さんの代役として被写体になってくれました。

IMG_8119_20231019085454f16.jpg
IMG_8124_20231019085457061.jpg
IMG_8129_20231019085457aaf.jpg


IMG_8166_20231019085500735.jpg
IMG_8175_2023101908550073a.jpg
IMG_8177_202310190855021fe.jpg


IMG_8186_202310190855058f5.jpg
IMG_8188_20231019085505408.jpg
IMG_8190_202310190855086f4.jpg
2023/10/20

花と蝶「マツムシソウとツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)」

仙台市野草園で出会った「アサギマダラ」の次は、フジバカマの傍に咲いていた「マツムシソウとツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)」ですが、花も蝶もそろそろ終わりを迎えたようです。
 でも、この時期にしては翅の傷んでいない子で、こちらも又ラッキーな出会いでした。

IMG_9279.jpg
IMG_9297_20231015095631302.jpg


IMG_9321_202310150956313d5.jpg
IMG_9328_20231015095634a5d.jpg

そして高山に秋の訪れを告げる花「マツムシソウ(松虫草)」ですが、今では数多くの園芸品種も作り出されて人気のようです。

IMG_9336_20231015095637ab0.jpg
IMG_9344_20231015095637f9c.jpg
IMG_9346_20231015095639b23.jpg
IMG_9351_202310150956396ad.jpg
2023/10/18

花と蝶「フジバカマとアサギマダラ(浅葱斑)」

先週の土曜は絶好の行楽日和ですが、こちらはいそいそと仙台市野草園へ、目的はブロ友が掲載していた「フジバカマとアサギマダラ(浅葱斑)」でした。
 入園後まもなく、ひらひらと飛び交う「アサギマダラ」を見つけますが、日本列島を縦断する旅の蝶には、一年ぶりの再会に心ワクワクしてしまいます。

IMG_9163_2023101413340816f.jpg
IMG_9167_20231014133411d20.jpg


IMG_9216_20231014133411895.jpg
IMG_9217_20231014133414996.jpg

次のシーンはピンクのフジバカマをメインとして、最初の二枚はピンク色の風景、次の二枚は蝶の薄い浅葱色に透けて見えるピンクの色合いです。

IMG_9504.jpg
IMG_9506_20231014133415f8b.jpg


IMG_9697.jpg
IMG_9702.jpg
2023/10/14

花と蝶「コセンダングサとウラナミシジミ」

「ウラナミシジミ(裏波小灰蝶)」は、秋になると草地で普通に見られるシジミチョウで、翅の裏面に縦のさざなみ模様があります。
 そして止まっている花は「コセンダングサ(小栴檀草)」、通称「ひっつき虫」の一つで、花が枯れて実になると衣類に付いてやっかいな草でした。

IMG_7969_20231011142308328.jpg
IMG_7974.jpg
IMG_7977_20231011142311d19.jpg


IMG_7980_202310111423142b5.jpg
IMG_7986_20231011142314f77.jpg
IMG_7993_2023101114231538b.jpg


IMG_8007.jpg
IMG_8022.jpg
IMG_8028.jpg
2023/09/16

花と蝶「ブタナとモンキチョウ(紋黄蝶)」

ブログ復活第二弾の訪問地は、八木山山麓の桜の名所でしたが、シジュウカラもエナガも、そしてハクセキレイすら姿を見せない寂しい鳥撮りでした。
 公園の雑草地では虫の鳴き声が響き渡り、秋の到来はもう間なくと知らせており、トンボや蝶たちだけが被写体になってくれました。

IMG_9438.jpg
IMG_9441.jpg
IMG_9458_20230915145617011.jpg

【今日のウンチク「ブタナ(別名:タンポポモドキ)」とは】
ブタナ(豚菜)とは、ヨーロッパ原産のキク科の帰化植物で、6月から9月に開花します。
 多年草で全体の外見はタンポポに似ていますが、茎が枝分かれして50㎝以上になり長いのが特徴です。
 「ブタのサラダ」というフランスの愛らしい俗名が名前の由来ですが、日本では要注意の外来生物でもあります。

IMG_9472_202309151456176aa.jpg
IMG_9476_20230915145619ddd.jpg
IMG_9477_20230915145621a94.jpg


IMG_9483_202309151456209b5.jpg
IMG_9501.jpg