FC2ブログ
2019/09/22

花と蝶「アザミとキアゲハ」

「花と蝶シリーズ」ももうすぐ店じまいですが、今日は「アザミとキアゲハ(黄揚羽)」です。
 ナミアゲハもキアゲハも、夏の終わりには黄色味が強くなりますが、この子も飛んでいる時にはハッ!とするような黄色でした。

IMG_7760.jpg
IMG_7761.jpg
IMG_7779_20190915131613825.jpg
IMG_7790_20190915131614b32.jpg
IMG_7796.jpg
IMG_7835.jpg

公園の野原には、ススキの穂やワレモコウ(吾亦紅)が目立ち始め、みちのく仙台の秋は一気にやってきました。
2019/09/16

花と蝶「ヒヨドリバナとツマグロヒョウモン」

今季は異常に出会いの多い「ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)」ですが、リスとの追いかけっこの後は、しばしこの子がお付き合いをしてくれました。
 仙台市内の公園は8月上旬から芝刈りが始まりましたが、この公園も余分な雑草が刈り払われており、周辺にわずかに残る刈り残しはアカツメクサとヒヨドリバナ、そして蝶の近づかない黄色いニガナの花だけです。
 よく似ている「ヒヨドリバナ」と「フジバカマ」の葉はどちらも対生ですが、後者の葉は3つに裂けており、この花は「ヒヨドリバナ」のようです。

IMG_0726.jpg
IMG_0742.jpg
IMG_0746.jpg
IMG_0770.jpg
IMG_0803.jpg
IMG_0804_201909142007457c2.jpg

【余談ですが、今日の朝ドラ「なつぞら」】
なつの妹、千遥役の清原果那がやっと顔を出してくれました。 隠れファンとしては、登場しただけで憂いを感じる、17歳の演技にただただ脱帽です。 (果那ファン爺々)
2019/09/12

花と蝶「ハマニガナとヒメアカタテハ」

蒲生干潟の鳥さんシリーズ、実は最初の被写体は、「ハマニガナとヒメアカタテハ」でした!!
 「ハマニガナ(浜苦菜)」は、海岸の波打ち際に近い砂浜に生育し、花期は4~10月と息の長い植物で、蝶たちにとっては貴重な蜜の素です。
 キク科ニガナ属の多年草で、別名は「ハマイチョウ(浜銀杏)」とか、葉は厚く長い葉柄があり、キクのような形が多いのですが、イチョウの葉には見えなくもありません。

IMG_8031.jpg
IMG_8039.jpg
IMG_8058.jpg
IMG_8061.jpg
IMG_8115.jpg
IMG_8121.jpg
IMG_8141.jpg
IMG_8143.jpg
2019/09/01

花と蝶「アザミとツマグロヒョウモン♀」

今回のプチ湯治に出かける直前、今季やっとやっと「ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋))♀」との出会いがあり、心穏やかに旅立つことが出来ました。 感謝!!感謝!!

IMG_5797.jpg
IMG_5800_20190831230435099.jpg
IMG_5808.jpg
IMG_5838_20190831230438c58.jpg

IMG_6041.jpg
IMG_6042.jpg
IMG_6046.jpg
IMG_6051.jpg
2019/08/24

花と蝶「アカツメクサとヒメアカタテハ」

さて、今月最後となる「花と蝶シリーズ」は、平凡な「アカツメクサとヒメアカタテハ」です。
 実は、あまりにも平凡過ぎて出しそびれていましたが、ネタ不足で瀬に腹は代えられず、遅い盆休みをいただく前のご登場です。
 でも、この蝶はタテハチョウの中でも一番色合いが薄く、その分裏地の模様がはっきりしており、私にとっては好きな蝶の一種です。

IMG_2484.jpg
IMG_2499.jpg
IMG_2506.jpg
IMG_2527.jpg
IMG_2532.jpg
IMG_2538.jpg
IMG_2539.jpg
IMG_2541.jpg
2019/08/22

花と蝶「ヤブガラシとアオスジアゲハ」

仙台市野草園で最初に見た昆虫は、人間にとっては迷惑なヤブガラシに舞う「アオスジアゲハ(青筋揚羽)」ですが、花に集う虫たちにとっては貴重な蜜なんですよね。

IMG_3805.jpg
IMG_3806.jpg
IMG_3834.jpg
IMG_3841.jpg
IMG_3842_20190820152533568.jpg
IMG_3864.jpg
IMG_3865.jpg
IMG_3866.jpg
2019/08/19

花と蝶「オミナエシとクジャクチョウ」

秋保大滝植物園の昆虫採集日記は、まずはウォーミングアップで、芝生エリアのトンボ採りからスタートでしたが、既に園内には秋の花が咲いておりました。
 芝生の端にある花壇には、秋の七草のひとつ「オミナエシ(女郎花)」が虫たちを誘い、前回は高い位置の「クジャクチョウ(孔雀蝶)」も、この日は同じ目線で捉えることが出来ました。

IMG_2771_20190818092841a95.jpg
IMG_2781.jpg
IMG_2784.jpg
IMG_2788.jpg

後半は、この蝶の裏地からご紹介いたしますが、孔雀色の裏地はこんな地味な色なんですよ。

IMG_2819.jpg
IMG_2817.jpg
IMG_2849_2019081809285065c.jpg
IMG_2851.jpg