fc2ブログ
2024/04/29

春の風物詩「鳴子ダムのすだれ放流」

鳴子温泉のプチ湯治二日目は、お宿の女将のお勧めで車で僅か10分程度の、春の風物詩「鳴子ダムのすだれ放流」を見に行きました。
 この日も残念ながら朝から霧雨でしたが、今まで見たことのないイベントなので、霧雨の合間を縫ってお宿をスタートします。

IMG_7147_202404251921403e7.jpg
IMG_7152_202404251921439c7.jpg
IMG_7114_202404251921439f4.jpg
IMG_7119_20240425192146d5b.jpg
IMG_7123_202404251921468b0.jpg

ダムの最上部から見上げると、洪水吐ゲートとダム管理事務所が見え、そちらにも少し寄り道をしました。

IMG_7140_20240425192149fb9.jpg
IMG_7144_202404251921494f1.jpg
IMG_7156_20240425192152660.jpg
IMG_7185_202404251921528ca.jpg

【鳴子ダムのプチ解説】
ここ鳴子ダムはアーチ式コンクリートダムとしては初めて、外国の技術者を招かず日本人技術者だけで建設された100m級アーチ式コンクリートダムです。
 (1952年本体施工、1957年完成)
 2016年9月には東北で初めて推奨土木遺産に認定されましたが、今では江合川沿いそして大崎耕土の住民にとって、無くてはならない貴重な存在です。
2023/08/27

鉄道遺産「峠駅を新幹線が通過する風景」

福島市の高湯温泉で立ち寄り湯の後は、今回の旅の目的地である「米沢八湯」を目指しますが、峠越えの途中に面白い歴史建造物があるので立ち寄りました。

【今日のウンチク “峠駅スイッチバック”】
ここ峠駅のスイッチバックは連続して続く4駅の一つで、奥羽本線の福島から米沢に至る板谷峠にあり、明治32年に導入された鉄道施設です。
 奥羽本線は、最も早く奥羽山脈を越え、最も海抜の高い所を走り、最も勾配の急な鉄道であるといわれ、その中でも峠駅は標高622mの位置にあり、この鉄道のほぼ最高地点でした。
 この地域は全国有数の豪雪地帯で、鉄道施設全体が「スノーシェッド」で覆われており、鉄道ファンには見逃せない歴史建造物です。

IMG_6630_2023082509022532c.jpg
IMG_6631_202308250902285d8.jpg
IMG_6634_20230825090231541.jpg


IMG_6635_20230825090231441.jpg
IMG_6640_202308250902337a5.jpg
IMG_6641_2023082509023379c.jpg

我々は、駅構内のホームの待合所で軽い昼食を済ませ、駅から出る途中で新幹線の通過する風景に出会えました。

IMG_6666_202308250902347f4.jpg
2023/05/02

旅の終わりに「蔵の町並み、そして紅花と村田商人」

旅の最終日は、青根温泉から仙台市内に戻りますが、途中、歴史探訪「蔵の町並み、そして紅花と村田商人」に立ち寄りました。
 江戸時代、紅花はお隣り山形県と共に仙南地方の特産品で、この周辺地域で盛んに栽培されていました。 
 紅花は、着物の染料や口紅の原料として欠かせない農産物で、ここ村田町内の商家は周辺農家で収穫された紅花を集荷し、主に上方へ、一部は江戸に出荷し財を成しました。

IMG_1993.jpg
IMG_1995_202305011809334ef.jpg
IMG_1987.jpg
IMG_1992_2023042615481746c.jpg

今回立ち寄った「旧大沼家住宅」もそんな商家で、お屋敷と建造物は町に寄贈され、「村田商人やましょう記念館」として一般公開されています。

IMG_1997_20230426155334231.jpg
IMG_1999_2023042615482391b.jpg
IMG_2001.jpg
IMG_2005_2023042615482664e.jpg


IMG_2011.jpg
IMG_2015_20230426154830c7e.jpg
IMG_2019_2023042615483096c.jpg
2022/08/22

宮崎駿の世界「天空の城ラピュタ」とは!?

宮崎駿の世界「天空の城ラピュタ」のモデルはここ!?、と思わせるような世界が、今回の旅で見た巨石に築かれた山城、岐阜県南部にある「苗木城跡」でした。
 苗木城跡は中津川市を東西に流れる木曽川の右岸、一段と高くそびえる山にあります。木曽川から山頂の天守跡までは、標高差約170メートル。急峻な地形を生かして築かれました。
 苗木城の城主は遠山氏。戦乱の時代から明治維新まで苗木領を治めました。
 現在は天守跡に展望台が設けられ、恵那山や木曽川をはじめ中津川市街を360度見渡すことができ、美しい景色が見ものの希少な歴史建造物です。

IMG_8173_20220817132508794.jpg
IMG_8180_202208171325116f7.jpg
IMG_8184_20220817132511964.jpg
IMG_8196_20220817132513699.jpg
IMG_8205.jpg

私が圧倒されたのは、自然石を利用した石垣の多さで、全国的にも大変珍しい景色でしょうね。

IMG_8495_2022081713251569c.jpg
IMG_8212_202208171325182f0.jpg
IMG_8219.jpg
IMG_8225_202208171325211ff.jpg
IMG_8236_2022081713252357d.jpg


IMG_8238_20220817132521b8d.jpg
IMG_8248_20220817132524a38.jpg
IMG_8260.jpg
IMG_8264_20220817132530639.jpg
IMG_8486.jpg

これで岐阜県伊那の旅、全10作のアップは完結し、「東北の温泉バカ」は午後から近くの温泉にプチ湯治です!!
 
2022/08/21

歴史を物語る「妻籠宿本陣」と「脇本陣奥谷」

妻籠宿の本陣は代々島崎氏が勤めていましたが、明治20年代に最後の当主広助(藤村の実兄)が東京へ出て、建物も取り壊されました。
 その後町に払い下げられたのを機に平成7年、江戸時代後期の間取りをもとに忠実に復元したのがこの建物です。モデルさんは彫刻家と映像作家でした。

IMG_7976_2022081618283194e.jpg
IMG_7987.jpg
IMG_7993_202208161828344ea.jpg


IMG_7997_20220816182837265.jpg
IMG_8009.jpg
IMG_8018.jpg


妻籠宿の脇本陣は屋号を「奥谷」といい、代々林氏が勤めてきました。木曽五木のご禁制が解かれて、明治10年(1877)に総檜造りで建て替えられたのが現在の建物です。
 昭和42年には妻籠宿保存の中核として公開され、平成13年には国の重要文化財に指定されました。裏の土蔵には、脇本陣関係の民俗資料や藤村文学関係資料などが展示されています。

IMG_8103.jpg
IMG_8104_20220816182843b93.jpg
IMG_8069.jpg


IMG_8078_2022081618284411d.jpg
IMG_8081.jpg
IMG_8090_20220816182847e3d.jpg
2022/08/20

町並み保存のさきがけ「中山道・妻籠宿(つまごじゅく)」

中山道・妻籠宿は、昭和40年代初め日本全国が高度経済成長に湧く中にあって、歴史的な景観を守るべく、率先して町並みを守る運動に取り組みました。
 そして今日、国の重要伝統的建造物群保存地区の主柱として、また全国町並み保存連盟の中核として、町並み保存運動の先頭に立っております。

IMG_7895_2022081615371027c.jpg
IMG_7910_20220816153712356.jpg
IMG_7922.jpg
IMG_7925_202208161537158fd.jpg

街道の中ほどにあった「枡形跡」は、敵の侵入を阻むために道を二度直角に折り曲げたもので、往時のままに保存されておりました。

IMG_7928.jpg
IMG_7933_20220816153717ea7.jpg
IMG_7940.jpg
IMG_7956.jpg

この日は旅の半ばの祝日、観光客を出来るだけ入れない撮影技術は少々役に立ったようです。

IMG_8110_202208161537220fa.jpg
IMG_8117_20220816153725a34.jpg
IMG_8126.jpg
IMG_8130.jpg
2022/07/01

インスタ映えするアート作品「Tunnel of Light」

まずは、大地の地殻変動が造った渓谷の歴史建造物と、インスタ映えするアート作品「Tunnel of Light」をご覧ください。

IMG_5848.jpg
IMG_5855_20220626124741bf0.jpg
IMG_5857.jpg
IMG_5854_20220626124744165.jpg

このアート作品のある場所「清津峡」は、古い時代に、黒部渓谷、大杉谷と共に日本三大渓谷として教科書にも登場した名勝の地です。
 渓谷の入り口には、日本秘湯を守る会のお宿「清津峡湯元温泉“清津館”」がありますが、この日は残念ながら休館日、横目でにらんで素通りでした。

IMG_5796_20220626124746a1e.jpg
IMG_5798_20220626124747e47.jpg
IMG_5801.jpg
IMG_5807.jpg

【アート作品「Tunnel of Light」とは】
越後妻有を代表する名所の一つ、清津峡渓谷トンネルを「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」でアート作品「Tunnel of Light」として改修。
 さらに、エントランス施設を新設。全長750mのトンネルを外界から遮断された潜水艦に見立て、外を望む潜望鏡として途中の見晴所と、終点のパノラマステーション等で作品を展開。
 自然の「5大要素」(木、土、金属、火、水)を利用しながら、建築的な空間とアーティスティックな雰囲気を作りだし、この歴史あるトンネルを変容させた。
 人間と自然の関係を改めて考え、地元の人々、来訪者双方を土地の圧倒的な美しさに再びつなげることを意図している。 (パンフレットをそのまま転載しました)

IMG_5822_20220626124752062.jpg
IMG_5824.jpg
IMG_5826.jpg
IMG_5842.jpg