fc2ブログ
2024/05/05

連休特番「仙台市野草園のさくらそう展」

昨日4日は「みどりの日」、短いレンズに持ち変えて野草園のぶらり散策に行ってきました。
 園内入り口では、4月27日から明日5月6日まで「さくらそう展」が開催されており、祝日ということもあって多くの人で賑わっていました。

IMG_7304.jpg
IMG_7308.jpg
IMG_7310.jpg
IMG_7353.jpg
IMG_7357_20240505053348828.jpg

園内の花木では「シャクナゲ」が見頃を迎えており、芝生広場の奥に咲く「ハンカチの木」は、純白の花弁がやや色あせてきました。

IMG_7318_20240505053351fd8.jpg
IMG_7350.jpg
IMG_7329_20240505053354c50.jpg
IMG_7338_2024050505335700a.jpg
2024/03/23

仙台市野草園の小さな春「ユキワリソウ(雪割草)」

仙台市野草園の開園日は今月20日でしたが、余りにもお天気に恵まれなかったので、遅ればせながら昨日22日に顔を出してみました。
 私にとってここで早春を告げる花といえば、小さな「ユキワリソウ(雪割草)」ですが、毎年この花を見ると園内にも春の訪れを感じます。
 余りにも小さな子なので、画像はすべて一点にしかピントがあっておりません。 深謝!!

IMG_6636_20240322134903f26.jpg
IMG_6642_20240322134904c64.jpg
IMG_6648.jpg
IMG_6651_20240322134907d6a.jpg


IMG_6655_20240322134908633.jpg
IMG_6657_202403221349112fa.jpg
IMG_6668_20240322134914622.jpg
IMG_6678_202403221349143e5.jpg

園内を一回りした後、お決まりの軽食処「どんぐり庵」でのコーヒータイムですが、ギャラリーでは「花の絵画展」も開催されていました。
 コーヒーカップの前にあるのは「木の実マグネット」、開催日のプレゼントでしたが、悪天候のためこの日までおすそ分けが残っていました。

IMG_6727_2024032213491741e.jpg
IMG_6729.jpg
2023/08/25

夏の終わりに「ミソハギとオオマルハナバチ」

この日、オオセイボウの飛来を待つ間に、被写体になってくれたのが「オオマルハナバチ」の愛嬌のある姿でした。
 人のことは言えませんがメタボな体形、そしてこの暑いのに黒い腹巻の似合う子で、三段に色分けされたモフモフの子です。

IMG_5948_20230819131123578.jpg
IMG_5954_20230819131126e28.jpg

この後、お隣の「ミソハギ(禊萩)」、別名盆花・精霊花の咲くエリアに移動しましたので、周囲の色合いにも助けられました。

IMG_6054.jpg
IMG_6056_202308191311293eb.jpg


IMG_6059_20230819131129d30.jpg
IMG_6060.jpg

「このオヤジ、どうせならルリモンハナバチの方が良いな、何んて考えているんだろ~!!」
「そんなことないって!!」  (ドキマギ親爺、汗)

IMG_6130.jpg
IMG_6138_20230819131138109.jpg
2023/08/23

夏の終わりに「続・オミナエシとオオセイボウ」

前回は、熱中症というお土産までもらった「オミナエシとオオセイボウ」ですが、この日は水分補給と日陰対策を考え、のんびりと被写体を待つことにしました。
 お陰様で、お一人同じ被写体を狙う仲間がいましたので、飛来する子を見つける目は倍になりますので、フレンドリーなお仲間にずいぶん助けてもらいました。

IMG_6324_2023081912555974e.jpg
IMG_6325_202308191256027e3.jpg
IMG_6448.jpg


IMG_6472.jpg
IMG_6473_2023081912560527a.jpg


IMG_6478_20230819125607838.jpg
IMG_6479_20230819125608653.jpg


IMG_6485.jpg
IMG_6486_202308191256130a1.jpg
2023/08/16

野草園の花々「オミナエシとオオセイボウ(大青蜂)」

本命の花々を撮った後は、数日前に見失ってしまった「オミナエシとオオセイボウ(大青蜂)」ですが、今回は何とか数枚を確保することが出来ました。
 「オオセイボウ(大青蜂)」は、名前に似合わず全長12~20mmの小さな子で、全体的に青緑色をしたメタリックな蜂です。
 この時期、7~9月に発生しますが、なかなかしたたかな生態で、「スズバチ」や「トックリバチ」の巣に寄生するという珍しい子です。

IMG_2469_20230807144603e4c.jpg
IMG_2480_20230807144605618.jpg


IMG_2492_20230807144605d81.jpg
IMG_2493_20230807144608b6e.jpg

この後すぐに見失ってしまいますが、欲張って次の数枚をを写すのに待つこと一時間、最後にはとんでもないお土産をもらってしまいました。
 そのお土産とは「熱中症」、汗はだらだら、足はフラフラ、慌てて本館に戻り、応急処置をしてもらいましたが、その日の飲み会は当然ながらドタキャンでした。 「ごめんね~!!」
2023/08/14

野草園の花々「レンゲショウマとタマアジサイ」

8月に入り先週は「仙台七夕」でしたが、この時期に野草園に咲く花の代表格が、「レンゲショウマ(蓮華升麻)」と「タマアジサイ(玉紫陽花)」です。
 どちらの花も蕾はまんまるで、花が開くさまは「日本の花火」を連想させ、ポンと音が鳴って咲くような愛らしさを感じます。

◇ 「レンゲショウマ(蓮華升麻)」の特徴
日本特産の一属一種の花で、花がハスに、葉がサラシナショウマに似ることから、この名が付きました。
 丸い蕾をたくさん付け、赤みを帯びた光沢のある薄紫で気品すら感じさせる花が、様々な方向を向いて咲いています。

IMG_2404_20230807123523688.jpg
IMG_2406_202308071235262dd.jpg
IMG_2415.jpg


IMG_2417.jpg
IMG_2424_2023080712352946a.jpg
IMG_2430_20230807123530754.jpg

◇ 「タマアジサイ(玉紫陽花)」の特徴
季節外れに遅く咲いたアジサイではなく、8~9月頃まで咲いている種で、蕾が球形であることから名づけられました。
 蕾が開き、中の花びらやガクが顔を出すと、覆っていた殻が落ちてしまうので、その状態がこの花の一番の見頃でしょうか。

IMG_2432_20230807123532e99.jpg
IMG_2438_20230807123533fca.jpg
IMG_2443_20230807123535154.jpg


IMG_2447_20230807123541f18.jpg
IMG_2453_20230807123544445.jpg
IMG_2461.jpg
2023/07/09

季節の花さんぽ「野草園のヤマユリ(山百合)」

7月に入ると一気に蒸し暑くなりましたが、この「季節の花さんぽ」と言えば、大輪で日本特産の「ヤマユリ(山百合)」でしょうか。
 いま野草園の園内では、あちらこちらにポツポツと花を咲かせ始めましたが、まもなく園内の主役となるとなることでしょう。

IMG_3815.jpg
IMG_3837_2023070808040179a.jpg
IMG_3901_20230708080401f7c.jpg
IMG_3906_20230708080404322.jpg

そして、見るべき花も姿を消した高山区では、名も知らぬ小さな花々に、「ヤマトシジミ」や「ベニシジミ」と言った、小さなチョウたちが飛び交っておりました。

IMG_3821_20230708080407dce.jpg
IMG_3829_20230708080407ca9.jpg
IMG_3934_20230708080409017.jpg
IMG_3811_20230708080409e78.jpg