FC2ブログ
2019/04/11

「FC2ブログへのお引っ越し」完結編

先月3月8日、YahooからFC2ブログへお引っ越しをし、その後毎日ブログアップを心がけてきましたが、我がブログは鮮度が命、ネタ切れで少しお休みをいただきます。
 今日までに、ブロ友も17人(内Yahooからのご縁が15人)、ブログリンク数25は、当初想定していた数よりも遥かに多く、今更ながら皆々様のご協力に感謝申し上げます。

IMG_4852.jpg
IMG_5671.jpg

仙台は昨夜からの雪が雨に変わり、肌寒い一日となりそうです。 皆様もお気を付けてお過ごしください。
2019/03/26

FC2ブログのテスト「北の湯宿、南の湯宿」

本日は、FC2ブログへの画像の引っ越しが、私の思い通りに出来たかどうかのテストです。
 使ってみるのは、北の湯宿は、北海道の「谷地頭温泉“料理旅館 池の端”」と、南の湯宿は、鹿児島の「丸尾温泉“旅行人山荘”」です。

この画像が皆様にもスッキリ見えたら、今回のお引っ越しは成功ですが、最初の一枚が函館
にある「谷地頭温泉“料理旅館 池の端”」、NHKの「ぶらタモリ」にも登場したこの浴室の
風景に魅せられ、慌てて宿泊予約を入れました。 (今は宿泊は扱っていないかも)

img_1.jpg

次の二枚が、鹿児島の「丸尾温泉“旅行人山荘”」、私の大好きな秘湯のお宿ではありませんが、女性に人気のあるセンスの良い湯宿です。

img_2.jpg
img_3.jpg





2019/03/11

最新のご挨拶「FC2ブログへの予約投稿」

さて、最後に残された課題が「FC2ブログへの予約投稿」ですが、ブロ友「つぅたろう」さんからクリーンなアドバイスがありました。
今日はそれに沿ってステップを踏みますが、予約投稿の時間は明日の6時半、もうすぐお別れの「ルリビタキ」くん、どうなるかネ~!! 「そげな話、わしゃ知ら~ん」

IMG_7661.jpg

この子は、最後までお付き合いの良かった県民の森の「ルリビタキ(瑠璃鶲)♂」ですが、念のため又訪ねてみましょうか。

【追記】
あらマ!!、日付は明日になっているのに「4拍手」、これでは全部、今見られているということですネ~!!

【追記の追記】
その後「つぅたろう」さんからアドバイスがあり、予約投稿に一旦格納しましたが、今朝改めて見てみると自動的にアップされていました。  「めでたし!めでたし!」
2019/03/09

最新のご挨拶「FC2ブログの画像テスト」

ブログを立ち上げて三日目は、「FC2ブログの画像テスト」と「予約投稿テスト」ですが、今度は上手く行きますかどうか(?)
本日のモデルさんは、青葉山公園の「ベニマシコ(紅猿子)♂」ですが、この子たちも間もなく仙台から姿を消すんですよね。

IMG_8836 (2)
IMG_8839 (2)
IMG_8854 (2)
IMG_8862 (2)
IMG_8887 (2)

Yahooブログの時代では、一眼レフカメラで撮った画像を、無料ツール「JTrim」を使い、横5,472ピクセルのサイズをサイズ指定640に縮小していましたが、800ピクセルに拡大して再チェックです。

ちなみに「画像テスト」は上手くゆきましたが、お得意の「予約投稿」は失敗し、本日三つ目の投稿記事になってしまいました。  「トホホのホ!!」
2019/03/08

最新のご挨拶「FC2ブログの投稿テスト」

本日からFC2ブログに参加することとなった「東北の温泉バカ」です。
まずは習うより慣れろで、さっそく試してみることといたしました。
img_1_mQDE2XTZT.jpg
img_2_m.jpg
img_3_m3US9DDBI.jpg
img_6_m.jpg
img_7_m.jpg
img_8_m.jpg
もうすぐ桜の季節になりますが、今年もこんな愛らしい子に会えるかな。
掲載画像は三年前の青葉山公園、お花見子リスたちでした。 「使いやすいな~!!」
2019/03/06

最新のご挨拶「FC2ブログへのお引っ越し」




ブログを立ち上げる度に毎日、「サービス終了のお知らせ」を見るのが嫌で、
突然ですが「FC2ブログへのお引っ越し」を致します。
 登録はしましたが、引っ越しツールが込み合っている場合は、一週間前後
かかることもあるようです。
 そのため、今週いっぱいはこのブログを続けてまいります。

2010年1月ブログを立ち上げて9年、多くの皆様とご縁をもたせていただき、
本当にありがとうございました。
 新しいブログになっても、タイトルは「東北の温泉バカKenちゃんのブログ」
と致しました。

今日の友情出演は「ウグイス(鶯)」、昨日撮ったもので、鳴き方はまだまだ
未熟ですが、もうすぐ「ホーホケキョ」の季節となります。

2019/03/05

思い出画像「懐かしい宝来館の名物女将」












ブログ記事の断捨離を進めて四日目、ただ投稿記事を削除してゆくのも億劫
で、今は見られなくなった風景や野鳥の姿をご紹介するコーナーです。
 昨日のNHK「鶴瓶の家族に乾杯」、今回のゲストはラグビーの五郎丸 歩と
釜石市ぶっつけ本番の旅で、彼の力強い助っ人は宝来館の名物女将でした。


【2018年6月投稿、「根浜海岸 浜べの料理宿“宝来館”」】
今回の旅の相棒は大槌町界隈が故郷なので、どうしても泊めたかった宿
が、釜石の根浜海岸「浜べの料理宿“宝来館”」でした。
 今から8年前迄、「日本の白砂青松100選」にも選ばれた根浜海岸は、
大槌方面に「ひょっこりひょうたん島」のモデルになったと言われる蓬莱島
が見える名勝地でした。
 そんな潮騒と松林に抱かれる、大槌湾の最深部にあるお宿に、あの日
最大の危機が襲いますが、地形・地質のお陰で奇跡的に助かりました!!

  1、    二日目のお宿「浜べの料理宿“宝来館”」です

  2.3、  内湯と露天は残念ながら温泉ではありません

  4、    食事処「松の根亭」はメディアにも登場しました

  5~7、  翌朝は、「語り部」の女将の言葉を拝聴しました
        (7は、津波が旅館の目前まで迫った生々しいシーン)

  8.9、  到着した日の「大槌湾のヤマセ」と、鉄の街「釜石の風景」

 10.11、 部屋から見た「慰霊の鐘」と鎮魂碑の「津波」に祈る

【鎮魂碑の「津波」の言葉を紹介します】
    ともかく上へ上へ逃げよ。
    てんでんこで逃げよ。
    自分を助けよ。
    この地まで、津波が来たこと
    そして、裏山に逃げ
    多くの人が助かったことを
    後世に伝えて欲しい。

あの、「佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ」の「復興祈念演奏活動」は、
2011年この地からスタートしました。
 そして、2017年3月30日から4月3日までの、熊本、宮城、岩手を繋ぐ
演奏活動の〆は、ここ根浜海岸「宝来館松の根亭」をオープンにし、海に
向かって鎮魂演奏を行いました。

もうすぐ3.11、早いもので丸八年を迎えます!!     亡くなられた多くの方々に (合掌)