FC2ブログ
2019/10/07

今日の冬鳥「マガン(真雁)」

冬鳥として渡来する「マガン(真雁)」は、宮城県では伊豆沼や蕪栗沼が越冬地として有名で、こちらでは珍しい冬鳥ではありません。
 ただし、ここは仙台近郊のため池「大沼」、たった一羽の貴重な被写体として、しばし楽しませてもらいました。
 全長72cm、灰褐色の体で群れで編隊を組んで飛ぶ姿は、野鳥好きでなくともTVニュースなどでご覧になっていると思いますが、私にとっては「ニルスのふしぎな旅」アッカ隊長が思い浮かびます。

IMG_1072.jpg
IMG_1262.jpg
IMG_1263.jpg
IMG_1264_20191006100417d68.jpg

こちらが近づくとドンドン対岸に向かい、やがて飛び立ちますが上空を旋回後、着水シーンまで見せてくれる良い子でした。

IMG_1304.jpg
IMG_1305.jpg
IMG_1311_201910061004226b3.jpg
IMG_1312.jpg
IMG_1313.jpg

2019/10/05

今日の旅鳥「クロハラアジサシ(黒腹鯵刺)」

先週大沼で出会ったのが「クロハラアジサシ(黒腹鯵刺)」ですが、せっかく沼の中ほどの杭にご休憩中のところを「カワウ」がジャマをします。
 東海地方以西に比較的多い子のようで、この沼にも時々立ち寄りますが、夏羽から冬羽に移行中の子で、頭はまだら模様、お腹も黒くはなくこちらもまだら模様でした。

IMG_6674.jpg
IMG_6681.jpg
IMG_6483.jpg

この日は上空を旋回した後、もう一度杭に戻り軟着地をする、「体操選手」のような姿をご披露いただきました。  「ほんと良い子です!!」

IMG_6683.jpg
IMG_6684.jpg
IMG_6685.jpg
IMG_6686.jpg
IMG_6688.jpg

今日のグリコのおまけは「パイプカワセミ」、今回は枯れ枝止まりですが、パイプの建造物をカットするため目一杯のトリミングです。

IMG_4878.jpg
IMG_5255.jpg

2019/09/28

冬鳥の飛来「ハジロカイツブリ(羽白鳰)」

ここ大沼には、コガモやオナガガモなどの飛来が始まりましたが、今日のおチビ鳥は「ハジロ
カイツブリ(羽白鳰)」です。
 留鳥のカイツブリよりやや大きく、全長31cmで首が長く、細くやや上に反ったくちばし、淡褐色の顔から首と、目の下にまでおよぶ頭の黒褐色が特徴です。
 この日はここで生まれたカイツブリの若と、ハジロが二羽、計三羽で潜水を繰り返しており、カイツブリの若は仲間が現れて喜んでいるようでした。

IMG_5716.jpg
IMG_5728.jpg
IMG_5742.jpg
IMG_5744.jpg
IMG_5746.jpg
IMG_5750.jpg
IMG_5751.jpg
2019/09/27

今日の旅鳥「オジロトウネン(尾白当年)」

さて、フィールドをまた大いなるため池「大沼」に移しますが、今日のご登場は「オジロトウネン(尾白当年)」です。
 以前、蒲生干潟の「トウネン」を登場させておりますが、この子は更に1cmほど小さい全長14cmのおチビ鳥で、最初の二枚はややトリミングしております。

IMG_5596.jpg
IMG_5598.jpg

でも、ここで待っていれば現れるという、鳥友の言葉にしばし待機していると、何とトリミング無しでもこんなお付き合いをしてくれました。

IMG_6096.jpg
IMG_6108.jpg
IMG_6112.jpg
IMG_6114_20190924184302d5d.jpg
IMG_6117.jpg
2019/09/19

今日の旅鳥「コアオアシシギ(小青足鴫)」

セイタカシギと同じため池にいたのが「コアオアシシギ(小青足鴫)」ですが、これはご一緒の鳥友さんのお陰で、私一人ではまったく分からない世界です。
 図鑑で調べてみると、アオアシシギの全長が35cmに対し、コアオアシシギは24cmといいますから、見た目には親子ほどの違いがあります。
 最初の3枚はホテイソウとのコラボ、次の3枚はセイタカシギとのコラボになりますが、これで何となく大きさが想像できるかと思います。

IMG_2356.jpg
IMG_2359.jpg
IMG_2362.jpg
IMG_2384.jpg
IMG_2387.jpg
IMG_2388.jpg

グリコのおまけは「青い足」、得意のトリミングでご披露ですが、お天気も青空のお陰でした。

IMG_3232.jpg
IMG_3235.jpg
2019/09/18

今日の旅鳥「セイタカシギ(背高鴫)」

三連休の中日は、自宅でのんびり過ごしておりましたが、近くのため池に「セイタカシギ(背高鴫)」が飛来しているとの情報です。
 午後、慌てて家を飛び出しますが、三羽のセイタカシギよりも、何ともギャラリーの多いことで、普段見かけない顔も勢ぞろいしております。
 平日なら近くの農家に注意を受けたでしょうが、私も今日はため池の農道に車を寄せ、ステキな風景に見とれておりました。
何せ、今のオヤジに足らないものは、お金とこの抜群のプロポーションです。 (メタボ爺々)

IMG_1938.jpg
IMG_1940.jpg
IMG_1944.jpg
IMG_1945.jpg
IMG_2035_20190916104131a53.jpg
IMG_2046_2019091610413217d.jpg
IMG_2070_edited-2.jpg

今日のグリコのおまけは、ご覧いただいていたのは成鳥ですが、少し離れて行動していたのは、色の薄い「若鳥」でしょうか。
 下の二枚ずつのスナップで、背中と長い足の色合いの違いがお分かりいただけると思います。

IMG_2082.jpg
IMG_2083_2019091610413751e.jpg
IMG_2337.jpg
IMG_2338.jpg

2019/08/09

今日の野鳥「ヨシゴイの若様」

Myフィールドの大沼で、最後まで未確認だった「ヨシゴイ(葦五位)」の若が、この日やっと姿を見せてくれました。
 さすがにヨシ原の忍者!、「木遁の術」で気配を消し、何気なく通り過ぎて振り返ると、周囲の環境に完全に同化しております。

IMG_1601.jpg
IMG_1607.jpg
IMG_1781.jpg
IMG_1785_20190805185538973.jpg

でも、この子はちゃんと狩りの真似事もしており、独り立ちも済ませているようです!!

IMG_1923.jpg
IMG_1936.jpg

いろいろと場所を変えてみますが、最後の最後まで全身を捉えることは出来ませんでした。

IMG_1980.jpg
IMG_1957.jpg

この子が見えなくなって間もなく、近くから飛び立った個体は母鳥、それとも大人っぽく見えたこの子でしょうか。 それにしても、撮れる時には撮れるものです。  感謝!!感謝!!

IMG_2028.jpg
IMG_2035.jpg