FC2ブログ
2019/12/15

今季の冬鳥「お待ちかねのミコアイサ(巫女秋沙)」

一昨日から三回シリーズでお届けしているのは、今、Myフィールド「大沼」で見られる、冬の渡りの水鳥たちになります。
 その第三弾の、〆を務めるのは「ミコアイサ(巫女秋沙)」ですが、目の周りが黒くパンダに似ているので「パンダガモ」の愛称もあります。
 全長40cmほどの小型のカモで、♂は頭から胸にかけて真っ白で、この子はまだ冬羽が完成しておりませんが、その白い姿から「巫女秋沙」の名が付きました。
 秋の終わりに渡来し、越冬して日本で過ごすことから「秋去り鴨」、これが「あいさ」に音便変化したとも言われております。

IMG_7938.jpg
IMG_7945.jpg
IMG_7963.jpg
IMG_7980_20191212193214587.jpg
IMG_7983_201912121932163dc.jpg
IMG_7984.jpg
IMG_7985.jpg
IMG_7986.jpg
IMG_7991.jpg
IMG_8040_20191212193223a63.jpg

お正月前には、私の大好きな真っ白い「巫女さん」の姿に変身して欲しいネ~!!
「相変わらずのロリコンオヤジ」         「アホ~!!、オイラは男やで~!!」
2019/12/14

今季の冬鳥「ハクガン(白雁)の飛来」

昨日から三回シリーズでお届けしているのは、今、Myフィールド「大沼」で見られる、冬の渡りの水鳥たちになります。
 その第二弾は「ハクガン(白雁)六羽の飛来」ですが、県北部の湖沼に飛来することはあっても、ここは仙台駅から車で30分程度の田園部です。
 仙台で暮らすようになり既に11年半、ここでこんな希少種に目の前で出会えるとは意外で、ちょっとシャッターを切り過ぎました。

IMG_6309.jpg
IMG_6993.jpg

岸辺で寛いでいるシーンでは!、と思っていたら、しばらくすると沼の中央部に移動しますが、何ともダイナミックな水浴びが始まりました。

IMG_7374.jpg
IMG_7375.jpg
IMG_7439.jpg
IMG_7518.jpg
IMG_7639.jpg
IMG_7644_201912121439476f7.jpg
IMG_7651_201912121439499ea.jpg

この子の全長は67cmで、マガンを一回り小さくしたサイズですが、両翼を広げるとやはり大きく、目の前で繰り広げられるシーンには感動すら覚えました。

IMG_7753.jpg
IMG_7807.jpg


2019/12/13

今季の冬鳥「個性的な顔のトモエガモ(巴鴨)」

今日から三回シリーズでお届けするのは、今、Myフィールド「大沼」で見られる、冬の渡りの水鳥たちになります。
 最初に登場するのは「トモエガモ(巴鴨)」で、その顔が黄白色・黒色・緑色からなり、顔の模様を「巴の文字」に例えたことから名付けられました。
 今の大沼には、2,000羽以上のカモ類たちが暮らしておりますが、ある専門家の方に言わせれば、そのうち60羽程度が「トモエガモ(巴鴨)」だそうです。

IMG_6866.jpg
IMG_6871_20191212084616b46.jpg
IMG_6872.jpg
IMG_6908.jpg

翌日もお天気が良く、二日連続の「大沼通い」でしたが、この日は風向きが更に良かったのか、いつも沼の中央部にいる子が、少しづつ岸に近づいてくれました。

IMG_8468.jpg
IMG_8517.jpg
IMG_8520.jpg
IMG_8768.jpg
IMG_8772_20191212084627028.jpg
IMG_8793_201912120846280fc.jpg
2019/11/10

今季の冬鳥「モズ(百舌)の高鳴き」

蔵王の湯めぐりから戻り、最初の鳥見で大沼の周回路で会ったのが「モズ(百舌)くん」ですが、どうも大層おかんむりのご様子です。

  「失礼といえば、そっちゃの方や」

  「一番最初に出てやったのにさ」

  「温泉記事を挟んで三番手やで」

  「これを怒らいでどうすんねん」

  「オイラはせいぜい二枚舌やど」

  「人間なんてウソつきばかりの百枚舌やんか」

  「もう付き合ってられへん、あばよっ」

「お怒りごもっともでございます!!、オヤジはせいぜい三枚舌、今の政治家はおっしゃる通り
 百枚舌だよネ~!!」
  (ちゃうちゃう!!、オイラはオヤジに文句言ってんの!!) 
「それはそれは」 「こりゃまた失礼いたしました!!」

IMG_5770.jpg
IMG_5777.jpg
IMG_5779.jpg
IMG_5783.jpg
IMG_5797_201911071851140ff.jpg
IMG_5804.jpg
IMG_5808_20191107185117c1f.jpg
IMG_5819_20191107185119a4c.jpg
IMG_5820.jpg
2019/11/08

今日の野鳥「ウグイス(鶯)に十月桜」

旅行から戻って、最初に出会ったのが「モズ(百舌)」とこの子でしたが、「ウグイス(鶯)」だけでは地味なので、野草園で見た「十月桜」を添えてあげましょうか。
 春には梅の花もお似合いで、「ホーホケキョ」などと鳴いておりますが、この時期はいつも「チャッチャッ」の地鳴きだけなんですよネ~!!
「何が地味や、せっかく出て来てやったのに!!」 「ほんと失礼なボケオヤジや、メッ!!」

IMG_6082.jpg
IMG_6087_20191106183915b28.jpg
IMG_6089.jpg
IMG_6091.jpg
IMG_6093.jpg
IMG_5422_201911061839215e6.jpg
2019/10/17

今日の野鳥「クイナ(水鶏)」

一年を通して色んな野鳥を見せてくれる大いなるため池「大沼」ですが、今回はブログ初登場の「クイナ(水鶏)」です。
 台風の影響で水位が上下したせいか、普段人前に姿を見せない警戒心の強い子が、昨日は枯草の中からひょっこり顔を出しました。
 こちらはヨシ原のオオジュリンを狙っていると、足元のハスの湿地に出てくれた子で、こんな出会いがあるからパトロールは欠かせません。

IMG_3135.jpg
IMG_3149_201910161342216e7.jpg
IMG_3151_2019101613422290a.jpg
IMG_3174.jpg

【「クイナ(水鶏)」の習性】
全国に分布し、北海道と本州北部で繁殖して、冬は本州以南で越冬する「水の鶏」だそうです。
 水田や湿地、ヨシ原などに住み、草地の中を歩き回って、昆虫や小魚、草の実などを食べて
暮らしています。
 なかなか人前に姿を見せない野鳥で、朝夕や曇りの日には草地周辺に姿を見せるようですが、日中ここで見るのは初めてでした。

今日のグリコのおまけは真っ赤なバラ、お隣の「農業園芸センター」では秋のバラ祭りでした。
ブログネタが無くなると助けてくれたド・アップの子ですが、「本当に、ありがとネ~!!」

IMG_3255.jpg
2019/10/16

今日の野鳥「台風前後の地味な子たち」

今日ご紹介するのは、台風前後の大沼の子たちですが、野鳥を良く知らない人にとっては、どちらも「スズメ」に見えてしまう子たちです。
 まずは前半三枚の10日の子は「セッカ(雪加)」で、いつも「ヒッヒッ」と鳴きながら上昇し、「チャッチャッ」と鳴きながら下降する、この田園部ではたまに見かける子です。
 そして、後半の三枚は「オオジュリン(大寿林)」ですが、こちらは昨日15日に出会った子で、アシ原など草丈の高い草原を好み、ここ大沼界隈では秋口に良く見かけます。

IMG_2400.jpg
IMG_2418_20191015182519821.jpg
IMG_2421.jpg


IMG_2634.jpg
IMG_2637.jpg
IMG_2639.jpg