FC2ブログ
2020/10/24

世界農業遺産「大崎耕土と南原穴堰」

今回の鳴子温泉プチ湯治で、夕食時に女将から教わった言葉が、「世界農業遺産」「大崎耕土」「南原穴堰」、これで二日目の歴史探訪が決まりました。
 宮城県北の大崎市、色麻町、加美町、涌谷町、美里町の1市4町からなる大崎地方。 江合、鳴瀬の二大河川と、流域に張り巡らされた水路が「大崎耕土」を潤しています。
 先人から受け継ぐ伝統的水管理システムは、2017年12月、国連食糧農業機関(FAO)から「世界農業遺産」に認定されました。

IMG_4465_20201021210831dc9.jpg
IMG_4469.jpg

その一つ「南原穴堰」は、奥羽山脈の山形県境に近い大崎市鳴子温泉南原地区にあります。
 この地区は中山間地にあり、川からの取水が難しかった同地区にとって、農業用水の安定確保は切実な願いでした。
 近くの東遠鈴沢から水を引くため、先人が知恵と工夫を凝らし、江戸時代初め約19年の歳月をかけ、手掘りで山をくり抜き水路を作りました。
 堰の全長1,880mのうち実に1,330mをトンネルが占め、その高低差は約20mで、勾配は僅か1%【100m進むと1m登る勾配(角度)が1%】、満足な道具も無い時代、洞窟内でたいまつを灯し、対岸から明かりを確かめながら勾配を測ったと伝えられます。

IMG_4582_20201021210835341.jpg
IMG_4587_20201021210836fcf.jpg
IMG_4589.jpg
IMG_4593.jpg

近くには、南原穴堰を構想した江戸時代の役人、遊佐平左衛門宣次を祭った「遊佐大神の碑」がありますが、先人の遺徳をしのび幕末に建立されました。

IMG_4598.jpg
IMG_4600.jpg
IMG_4618.jpg
IMG_4630.jpg

「穴堰」の完成から400年近くを経た今も、地元の「南原穴堰水利組合」の組合員20人ほどが、春と秋の年2回見回っており、水路の落ち葉を取り除いたり、堤を補強したりして地域の遺産を受け継いでいるそうです。
(追記、地元紙「大崎タイムス」と、現地二ケ所の案内板を基に、この文章を纏めました!!)
2020/09/25

みちのく小さな旅「伊達家重臣、片倉小十郎を訪ねて」

白石市の名湯「鎌先温泉」のプチ湯治の前に訪れたのが、片倉小十郎の城下町「白石」でした。
 初代片倉小十郎景綱は終生政宗につかえ、伊達家随一の名参謀と言われていますが、まずは「白石三白(しろいしさんぱく)」の一つ温麵(うーめん)で腹ごしらえです。
 なお、白石の昔からの名物「白石三白」とは、温麵(うーめん)と和紙と葛で、1万8千石の小大名が南の軍事拠点を守るには、それなりの経済力と軍事力を備えていたようです。

IMG_4103.jpg
IMG_4105_2020092109525243a.jpg

仙台藩の南の要衝で、軍事上重要な拠点だった白石城を景綱が拝領したのは慶長7年(1602年)、以来明治維新に至るまで10代約260年にわたり片倉氏が居城しました。

IMG_4109.jpg
IMG_4112.jpg
IMG_4116_2020092109525507e.jpg
IMG_4128.jpg

白石城を抜け外堀を兼ねていた沢端川を西に行くと、そこは中級武士の屋敷があった静かな住宅地で、茅葺屋根の旧・小関家が解放されています。
 武家屋敷といえどもその造りは極めて素朴で、農家住宅を素地にしている初期段階の造りのようです。 この橋に佇んでいる吉永小百合のポスターが欲し~い!!  「隠れサユリスト」

IMG_4147_20200921095258c67.jpg
IMG_4151_20200921095300b1c.jpg
IMG_4155.jpg
IMG_4165_20200921095302e27.jpg
IMG_4169.jpg
IMG_4180_2020092109530533f.jpg
2019/11/20

山寺(寳珠山 立石寺)の思い出「ぴんころ車」

山形の旅で最後に訪れたのが山寺こと「寳珠山 立石寺」ですが、ここはかの松尾芭蕉翁の俳句でも有名な地です。
    静かさや 岩にしみ入る せみの声
今日は、そんな風景をご覧いただきながら、爺々のたわごとにお付き合いください。

IMG_4848.jpg
IMG_4833.jpg
IMG_4837.jpg
IMG_4851.jpg
IMG_4853_2019111621163559a.jpg
IMG_4863.jpg

でも、私の心にしみ入ったのは、山頂でお参りをした際の「ぴんころ車」
    健康でいつまでもピンピンと
    いよいよの時が来たらコロッと
私もいよいよ終活期に突入、「出来ればオイラもかくありたい」ものです。

IMG_4874.jpg
IMG_4879_2019111621164058b.jpg
IMG_4885.jpg
IMG_4891.jpg

思いを込めて「数珠玉」を一周させると、その願いが叶うそうですよ。  「びんころオヤジ」
2019/11/02

「上山藩武家屋敷通りと上山城」

「山形の湯めぐり」初日の昼食後は、「上山藩武家屋敷通りと上山城」のぶらり散策でしたが、私にとっては秋田の角館と同じ位に大好きな、静かで風情のある街並みです。

【「上山藩武家屋敷通り」の解説】  (2枚目の解説版から引用)
上山城(月岡城)が元文四年(1535)に築かれると、その西・北部一帯は武家屋敷となり、この中丁通りには、藩の要職にあった家臣が居住していた。
 現存している家屋は、茅葺屋根、鉤形の曲り屋で、玄関と通用口とを別にする武家中門造り
の建築様式であり、十七世紀中頃の建造と推定され、屋敷周りには土塀または土塁が築かれて
いた。
 後に、藤井松平時代に西山の谷川から引水して造られた庭園の池には、風致を添えると共に、防火用水ともなっている。

IMG_4444.jpg
IMG_4445_20191101203250b61.jpg
IMG_4448.jpg
IMG_4449.jpg
IMG_4452.jpg
IMG_4453.jpg
IMG_4455.jpg

更に進むと上山城が見えてきますが、ここは温泉バカの大好きな「いで湯の城下町」です。

IMG_4465_20191101203259fca.jpg
IMG_4494.jpg
IMG_4498.jpg
2019/07/02

北山五山と輪王寺(後編)「庭園が魅力“輪王寺”」

先月6月27日は、翌日から全国的に天気が崩れる予報で、久々に仙台の紫陽花寺「資福寺」を訪ねました。
 そして「資福寺」の次は、そのお隣にある曹洞宗の「輪王寺」ですが、今は池に咲くスイレンが彩りを添えていました。

【北山五山と輪王寺物語(後編)】
北山五山(きたやまござん)の江戸時代初期の並びは、東から西に光明寺、満勝寺、東昌寺、覚範寺、資福寺となっていました。
 現在、満勝寺が北山丘陵にないため、資福寺の西に隣接し、伊達五山と同様、福島から奥羽各地を伊達家と共に変遷した曹洞宗の「輪王寺」を代わりに加えて「北山五山」とする例もありますが、一般には誤用とされます。

【伊達政宗公が隠した「星の街」】
この北山五山の中央にある東昌寺と、仙台城本丸、そして榴岡天満宮を繋ぐ三角形、さらに大崎八幡宮と仙台東照宮、愛宕神社を繋ぐ逆三角形が「仙台の街」に隠されています。
 陰陽道では陽の星を「五芒星」、陰の星を「六芒星」で表し、どちらも様々な霊的攻撃から守るために使われてきた、平易な言葉にすると「結界」です。
 「六芒星」は、ユダヤ教では神聖な図形としてイスラエルの国旗にも描かれており、「ダビデの星」と呼ばれています。

IMG_0658_20190628122901986.jpg
IMG_0659_20190628122902490.jpg
IMG_0663_20190628122903972.jpg
IMG_0716_20190628122905feb.jpg
IMG_0672_201906281229069f2.jpg

それでは、入口のゲートを越えて、5月中旬のアヤメやサツキの季節も終えた園内に入ります。

IMG_0673.jpg
IMG_0675_20190628122908f97.jpg
IMG_0680_201906281229099e6.jpg
IMG_0683_2019062812291155a.jpg
IMG_0692.jpg
IMG_0699_201906281229128fd.jpg
IMG_0714_20190628122914bd6.jpg
2019/07/01

北山五山と輪王寺(前編)「紫陽花寺“資福寺”」

先月6月27日は、翌日から全国的に天気が崩れる予報で、久々に仙台の紫陽花寺「資福寺」を訪ねました。
 仙台の場合は心配するほどの大雨でもなく、梅雨に入った程度のお湿りでしたが、この三日間で境内の紫陽花も見頃を迎えたことと思います。

【北山五山と輪王寺物語(前編)】
北山五山(きたやまござん)は、仙台市青葉区の旧仙台城下町(現在の仙台市中心部)の北に、東西に横たわる北山丘陵にある5つの仏閣のことをいいます。
 仙台城の鬼門を守るという意味の他、奥州街道や根白石街道の関門になって仙台城下町の北の守りともされてきました。
 北山五山は、仏教を深く信仰した四代伊達政依が、現在の福島県伊達郡に鎌倉時代に創建した5つの臨済宗の寺が基になっており、伊達家の本拠の移り変わりと共に奥羽各地を変遷し、仙台開府の際に北山の地に落ち着き、以後「北山五山」と呼ばれるようになりました。

IMG_0618.jpg
IMG_0616.jpg
IMG_0614.jpg
IMG_0628.jpg
IMG_0629.jpg
IMG_0632.jpg
IMG_0638.jpg
IMG_0646.jpg

境内を一回りし、本堂脇から裏門に向かいますが、駐車場から見た石碑が何ともオシャレです。

IMG_0652.jpg
IMG_0654.jpg
2019/02/03

激動の歴史の中を歩みつづけた「白石城」







2つの温泉めぐりの途中に立ち寄ったのが、白石市の中心部にある「白石城」で、
建物は全国的にも数少ない、木造による復元が採用されています。
 今日は湯めぐりの合い間のコーヒーブレイク、激動の歴史の中を歩みつづけた
お城の物語です。 以下の文章は、観光案内所のパンフから転載いたしました。

(コメント欄は閉じており、歴史好き、城郭好きの方はごゆるりとご一読ください。) 

【激動の歴史の中を歩みつづけた「白石城」】
天正十九年(1591)豊臣秀吉は、伊達氏の支配下にあったこの地方を没収し、
黒川城(現在の会津若松城)とともに蒲生氏郷に与えた。
蒲生氏家臣蒲生源左衛門郷成は、白石城を築城し城主となった。
 慶長三年(1598)上杉領となるや上杉氏家臣甘糟備後守清長は白石城の再
構築を行い居城した。
 慶長五年(1600)関ヶ原合戦の直前、伊達政宗は白石城を攻略し、この地方
は再び伊達領となり、伊達氏家臣片倉小十郎によって大改修がなされ、以後は
明治維新まで二百六十余年間片倉氏の居城となった。

    【以下、城郭の構造などは割愛します】

元和の一国一城令以後も仙台藩は仙台城と白石城の二城が許され、明治維新
には奥羽越三十一列藩同盟がこの城で結ばれ、公儀府が置かれ輪王寺宮が
滞城された。
 その後按察府の設置、兵部省兵隊屯所になるなど、日本の歴史の変転期には
一役を担う重要な城であった。