FC2ブログ
2020/01/19

明日の湯「寒い冬には近場の湯宿」

色々と講釈を垂れてまいりましたが、ブログネタも尽きましたので、明日からしばし本業に戻り「温泉バカの世界」に浸ろうかと思います。
 と言っても僅か一泊二日の「プチ湯治」、イメージ写真は昨年一月の県南部の廃業した湯宿ですが、こんなお宿が増えないよう県北部に小銭を少々落としに参ります。
 今日の「グリコのおまけ」は、17日の朝、水の森公園の霜を被った「サザンカの花」なんぞを添えてみました。

IMG_5121.jpg
IMG_3180.jpg
2020/01/12

湯めぐり雑感「冬季休眠中の湯宿たち」

さてさて、今季第一弾の湯めぐりは、「栗駒山々麓の湯めぐり」に決定しましたが、どちらの湯宿も11月中旬から4月下旬まで、冬季休業が続いており今は雪の中で休眠中です。
 添付したスナップ写真は、どちらも晩秋に訪れた際のものですが、最近の温泉風景では野鳥の写真同様、雰囲気を意識して写すようになりました。

【宮城県に唯一つ残るランプの湯宿、湯浜温泉「三浦旅館」】
昨年末のテレビ番組では、若い跡継ぎの誕生が放送されました。「よかったネ~!!」

5c7f62178ac40.jpg
5c7f6227d6ef7.jpg

【遮るものの何一つない絶景の湯宿、須川温泉「栗駒山荘」】
秋田と岩手の県境にある湯宿は、人間の建造物の一切見えないのがステキです!!

5c7f61f17eb0d.jpg
5c7f61f5142a7.jpg

最初の湯宿で見た注意書き「秘湯七か条」は、何とも心和ませる本物の世界でした!!

5c7f6224c935e.jpg
2020/01/06

湯めぐり雑感「湯滝のある新緑の風景」

年末年始は「温泉バカ」にはどうしようもなく暇なもので、新年上半期に行く予定の「道東知床の湯めぐり」、そして「栗駒山麓の湯めぐり」なぞに心を飛ばしておりました。

「道東知床の湯めぐり」では、大自然の中にある「カムイワッカ湯の滝」が有名ですが、前回は「一の滝」までしか進めず、懐かしい「四の滝」は幻に終わりました。

5c8019be3947d.jpg
5c8019c055c41.jpg

次に「栗駒山麓の湯めぐり」では、宮城県の鬼首温泉“峯雲閣”敷地内にある「吹上沢大湯滝」、そして、今回の旅程からは外れますが秋田県の「川原毛大湯滝」も大好物です。

5c800b61d2a5d.jpg
5c800d44647ee.jpg

最近は腰痛が湯旅のジャマをしますが、今年もワクワクするような湯めぐりをしたいものです。
2019/12/25

湯めぐり雑感「2019、山形への旅」

ご存じない方も多いと思いますが、山形県は県内全市町村に温泉が湧く「温泉県」で、その多くが名湯・秘湯・ふだん着の温泉に分類される何ともステキなエリアです。
 2019年は、そんな山形県に二泊三日の旅が二回、更に新潟の旅から戻る際一日と、一年間の7日も過ごした温泉県でした。
 そんな中で、特に心に残った湯宿を5個所ピックアップし、寒い冬を乗り切る「元気の素」になればと思います。  やはり「東北の温泉バカ」ですネ~!!

【飯豊温泉“梅花皮荘”】
   ~ 県南西端に位置する秘境の温泉地で、星空を眺めながらの湯浴み
IMG_8181_201912220934229e3.jpg


【蔵王温泉“かわらや”】
   ~ 生まれたままの温泉を足元から感じる「すのこの湯」
IMG_4645_20191222093420754.jpg

【かみのやま温泉“下大湯”】
   ~ 上山市は「いで湯」の城下町で、大小5つの共同浴場は150円也
IMG_4487_201912220934199c8.jpg

【あつみ温泉“萬国屋”】
   ~ 35%オフ13,180円のお陰で、初めて泊まった超高級旅館
IMG_9404_20191222093425e7e.jpg

【湯の瀬温泉“湯の瀬旅館”】
   ~ こちらも初入湯の湯宿は、毎分800リットルの湯量がなせる技
IMG_8889_20191222093423bde.jpg

【FC2ブログ、登録ジャンルランキングの怪!!】
このブログ記事を書いているのは22日、この日突然、メインの「旅行の部」で14,519名中56位、サブの「温泉旅行・温泉宿」で745名中5位にランクされました。
 元々、非稼働ブログが常時上位を占めているFC2だったので、あまり気にしてはおりませんでしたが、唐突に内容の見直しでも行われたのでしょうか。
 いずれにせよ、評価されていると言うことは嬉しいものです。  根っからの「温泉バカ」
2019/09/13

湯めぐり雑感「大沢温泉界隈の風景と…」

今週に入り、こちら仙台は一気に日中の気温が下がり、虫の音も賑やかになってまいりました。

そして水曜日は朝から曇天そして小雨、花巻南温泉郷の湯めぐりを思い出しながら、外付けHDに写真を移動する作業でした。
 最初は大沢温泉「湯治屋」を出て、道路を渡ると見えてくる屋号集落の風景ですが、そこにはそば畑と田んぼが広がっておりました。
 そばの花はまだ満開で収穫まで時間がかかりますが、田んぼの稲穂は頭を垂れており、いよいよ実りの秋の風景となりました。

IMG_3265.jpg
IMG_3272.jpg
IMG_3274.jpg
IMG_3277.jpg

みちのくの秋の訪れは早く、高地の温泉地は間もなく「紅葉のシーズン」を迎えますが、添付のスナップは山形「蔵王温泉」のそんな浴室内の風景です。
 Myブログは「名湯秘湯」からスタートし、その後「バードウォッチング」そして「自然観察」と、ジャンルを増やしてきましたが、この10年間で3度、PC本体や外付けHDが壊れており、改めてブログの写真保存機能に感謝です。

5c8031f1c5367.jpg
5c80320c0e304.jpg

2019/08/30

「大沢温泉“菊水館”、一時休館のお知らせ」

千二百年の歴史を誇る一軒宿「大沢温泉」は、「湯治屋」「菊水館」「山水閣」三つの温泉施設で構成されています。
 名物の大露天風呂「大沢の湯」から眺める「菊水館」は、豊沢川に架かる「高明橋」が通行できなくなり、営業資材の搬入などが困難なため、昨年10月から休館となっております。
 幕末ごろ南部藩主も訪れたという茅葺屋根の建物は、150~160年前に出来たと言われており、この部屋に泊まるのが大好きでした。

IMG_3246.jpg
IMG_3254.jpg
IMG_3259.jpg

休館中は「昔ギャラリー茅」として一部開放されており、湯治屋から外に出て「曲り橋」を渡り、菊水館内をのんびり見学でした。
 実はくの字に曲がっているこの橋も、昭和22年の大水の際に流されてしまい、現在のものは昭和56年に復元されたものです。

IMG_3116.jpg
IMG_3119_20190829084110a62.jpg
IMG_3120_20190829084111ad3.jpg
IMG_3149.jpg
IMG_3151.jpg
IMG_3152.jpg
IMG_3155.jpg

現在のところ営業再開の目途は立っていないようですが、再開については詳細が決まり次第、ホームページなどで告知されるようです。
2019/02/07

湯めぐり雑感「温泉宿の経営に思うこと」









今回の湯めぐりでは小原温泉の「ホテル いづみや」から登場させましたが、最初に
訪れたのは、懐かしい7階建ての建物「旅館 かつらや」でした。

こちらも江戸時代創業といわれる老舗でしたが、平成29年10月31日で営業停止、
当時の負債総額は約7穏円と言われました。

2011年3月の東日本大震災は、その後の風評被害などもあり、東北の観光地を
直撃しましたが、福島県に隣接する白石市も例外ではありませんでした。

ただし、このお宿は需要を大きく上回る大規模な施設、その中でベテラン従業員が
一人抜け二人抜けすると、温泉経営そのものが立ち行かなくなります。

すぐ近くには、白石川沿いに私好みの「岩風呂かつらの湯」がありますが、こちらは
長い間土砂に埋もれていた源泉を復活させた市営の共同浴場です。
  (浴室内のスナップ4~6は、以前入浴の際に撮ったものです!!)
 最後の2枚は、その「かつらの湯」から眺めた、今年1月に競売にかけられた建物
ですが、どなたか買い手がつけば良いのですがネ~!!