FC2ブログ
2020/07/31

湯めぐり雑感「品格の湯宿“鳴子ホテル”」(2)

今回の湯めぐりは、友が知らせてくれた宮城県民限定の温泉支援キャンペーンで、数ある湯宿の中から鳴子温泉の「鳴子ホテル」を選びました。

さて、ここから続きとなりますが、貸切大風呂を出た後は、しばし「お休み処」で体を冷まし、11階にある今夜の仮住まいに戻ります。

IMG_3227_2020072915294940e.jpg
IMG_3232_202007291529519fd.jpg
IMG_3237.jpg

なお、館内の共有スペースは全てマスク着用ですが、更に徹底していたのがお食事処で、入り口では再度体温を測られ、テーブルにはご丁寧にビニール手袋まで用意されておりました。

IMG_3265_20200729152953173.jpg
IMG_3279.jpg

でも、「飲み放題」一時間1,320円也の太っ腹対応で、日本酒四杯のその夜のあては、普段家では作らない「天ぷら」の盛り合わせ、「牛さがり」のステーキ、「車海老の塩焼き」三本、千鳥足で部屋に戻った後は9時には爆睡でした。

IMG_3285.jpg
IMG_3296.jpg

これで旅行会社のチケット7,500円に、貸切風呂と飲み放題を加えて、オール込みで一人10,000円ポッキリ、「県民限定キャンペーンに感謝!!感謝!!」
2020/07/30

湯めぐり雑感「品格の割烹“日富見家(ひふみや)”」

今回の湯めぐりは友と二人でしたが、その少し前に三人で湯めぐりした別の友から、宿に向かう日のお昼に食事をよばれました。
 場所は鳴子の湯宿に向かう途中の、JR陸羽東線の有備館駅と岩出山駅の中ほど、ここは伊達政宗公が僅か17歳で家督を相続し、血気盛んな24歳から仙台に移るまでの9年間を過ごした地です。
 待ち合わせの場所は、伊達家の学問所である旧・有備館の駐車場でしたが、月曜日はあいにくの休館日でやや時間を持て余してしまいました。

IMG_3163.jpg
IMG_3199.jpg
IMG_3202_202007281932388b9.jpg

その後友と合流し、何十年ぶりかに岩出山の市街地を歩きますが、見える世界は大きく変わり、変わらぬものはこちらの割烹、「不易流行」とはこんな世界のことでしょうか。

IMG_3178.jpg
IMG_3184.jpg
IMG_3181.jpg

一時間半ほどの会食でしたが、友から2,500円のコース料理と囁かれ「エッ!」、仙台市内ならば4,000~5,000円と言われても当たり前の世界です。
 そして帰りは、メイン通り側とは別の玄関口を出て更に心意気を感じますが、翌日の彼の電話が人それぞれに見る世界の違いでした。 「まだまだオイラは半分青いだネ~!!」

IMG_3191_2020072819324362d.jpg
IMG_3192_20200728193244092.jpg
IMG_3194_20200728193245f0f.jpg

玄関正面に掲げられていた書「木鶏」、残念ながら写真は撮りませんでしたが、友からその意味を聞き、改めて料理人である店主の心意気を思い知らされました。

【今日のウンチク、“木鶏(もっけい)とは”】

中国の古典「荘子」に「木鶏」という話があります。一日一言の安岡正篤先生が講和の中で紹介しています。
 紀省子という人が、闘鶏の好きな王のために、軍鶏を養って調教訓練をしていました。
 十日ほどたったころ、王が“もうよいか”と聞きましたところ、紀省子は“いやまだいけません。空威張りして「俺が、俺が」というところがあります”と答えました。
 さらに十日たって聞きますと、“まだだめです。相手の姿を見たり声を聞いたりすると、興奮します”。
 また十日ほどたって聞きますと、“まだだめです。相手を見ると、睨みつけて、圧倒しようとするところがあります”。
 こうしてさらに十日たち、また王が聞きますと、初めて“まあ、どうにかよろしいでしょう。他の鶏の声がしても、少しも平生と変わるところがありません。その姿はまるで木彫りの鶏のように微動もしません。全く徳が充実しました。もうどんな鶏を連れてきても、これに応戦するものはなく、姿を見ただけで、逃げてしまうでしょう”といいました。
 これがいわゆる“荘子の木鶏”で、その鶏は非常に強く、敵がいてもいなくても、眼中にない態度でした。
 そして相手の鶏は、戦う前にすくんでしまって、その“木鶏”は百戦百勝だったそうです。 

昨日の湯宿、そして今日の割烹、世の中はコロナ騒動で、中にはどさくさ紛れに便乗する者まで現れますが、渡辺謙が演じた伊達政宗の幼少期の言葉「梵天丸もかくありたい」でした。 
2020/07/29

湯めぐり雑感「品格の湯宿“鳴子ホテル”」(1)

今回の湯めぐりは、友が知らせてくれた宮城県民限定の温泉支援キャンペーンで、数ある湯宿の中から鳴子温泉の「鳴子ホテル」を選びました。
 こちらは湯使いが素晴らしい事でファンが多く、通常は15,000~20,000円程度の値段ですが、県から5,000円の補助が出て連休明けと言うこともあり7,500円、しかもコロナ騒動の渦中とは思わせないような従業員の対応に感服いたしました。

IMG_3249.jpg
IMG_3256.jpg
IMG_3263_202007281357250c5.jpg

さて、ロビーの片隅に並んでいた「鳴子こけし」を意識した訳ではありませんが、今回の浴室のターゲットは貸切大風呂「木華子(こけし)の湯」、2~5名使用で2,200円という初体験のゾーンです。 ちなみに、6名以上の場合は4,400円となります。

IMG_3212_edited-1.jpg
IMG_3214.jpg
IMG_3216.jpg
IMG_3222.jpg
IMG_3223.jpg
IMG_3227.jpg

何とも贅沢な「貸切風呂」が気になり、湯上り後にお聞きしてみると、男女別大浴場を日中交代で掃除をする際の、ピンチヒッターの浴室として使用するのだそうです。
「さすが本物は、やることが違います!!」 (納得)
2020/06/26

湯めぐり雑感「川渡温泉と共同浴場物語」

昔から「脚気川渡」と謳われる川渡温泉は、仙台方面から鳴子温泉郷に向かい、その玄関口にあたる「最初の温泉街」です。
 その歴史は温泉郷の中で最も古いと伝えられ、付近に軍馬を養成する施設があった頃は、温泉郷で最も栄えたとも言われております。
 現在は昔ながらの木造の宿が目を引く鄙びた温泉街で、今でも自炊棟を残す湯治客向けのお宿も多く、ひときわ風情のある建物が前回登場の藤島旅館です。

そんな温泉街の、一本裏通りにひっそりと建つのが「川渡温泉共同浴場」で、地区の人たちが使うために長年守られてきた共同湯です。
 中に入ると番台は無く、料金箱が備え付けてあるだけ、入浴料200円を払って地元の人たちに混じり、近隣からも常連客がやって来るステキな空間です。
 狭い浴室でシャワーなどの設備はまったくありませんが、地元の浴場を利用できることに感謝し、そこで出会った人たちと語り合うことも、湯めぐりの楽しいひと時です。

IMG_2752_202006180528142fc.jpg
IMG_2753_20200618052815bef.jpg
5c8014c1b431e.jpg
5c8014c38b2c3.jpg

この日は朝の散歩で立ち寄ったものですが、6時過ぎには先客がお二人いて、浴室の写真は以前掲載したものを転用しております。

【追記、鳴子温泉郷プレミアム宿泊券(応援前売キャンペーン)のご紹介】
新型コロナの影響で厳しい状況の中、鳴子温泉郷の各お宿では今月6/1より、10,000円で13,000円分の宿泊券を販売しております。
 鳴子14、川渡7、東鳴子9、中山平7、鬼首3の各施設を、年内に利用してみようという方は、応援したい施設に直接電話でお問い合わせください!!
(オイラは昨日、東鳴子温泉の定宿「東多賀の湯」に、20,000円程振り込みをしました)
2020/05/21

湯めぐり雑感「あぁ!!、鳴子温泉哀歌」

仙台に戻り僅か12年、その間「鳴子の名湯」と言われていた、中山平の「東蛇の湯」、鳴子の「東川原湯」など、幾つもの湯宿が姿を消しました。
 その「東川原湯」は、今回の湯宿「姥の湯」のすぐお隣りで、今は宿泊棟は無くなり住まいと浴室、そして源泉口が残るだけの風景です。(こちらは2つの泉質が楽しめるお宿でした)

IMG_2326.jpg
IMG_2335.jpg
IMG_2313_2020051621171991d.jpg

そして、「姥の湯」の坂を上って踏切で振り返ると、右側が「姥の湯」、左側が収容人数1千名を超える鳴子最大のマンモス施設「農民の家」でした。
 こちらの施設も2018年2月末に経営破綻し、広大な敷地と巨大なコンクリート建造物が、手つかずのまま残されております。(こちらも又4つの泉質が楽しめるお宿でした)

IMG_2392_20200516211722415.jpg
IMG_2396.jpg
IMG_2390.jpg

今月7日から業務停止解除とは言うものの、外からの顧客がすべての温泉街では、鳴子峡レストハウスに人影は少なく、道端の「フデリンドウ」で一筆したためましょう。

IMG_2358.jpg
IMG_2353.jpg
IMG_4383_20200516211730f81.jpg

今年は恒例の「全国こけし祭り」も早々に中止となり、我が愛する「こけ女」の出番がなくなると、この娘たちは何処で自己アピールするのでしょうか。 「お節介オヤジ」

5c7f658dc8f95.jpg
5c7f6595ca726.jpg
5c7f6598c3fd4.jpg
2020/05/12

湯めぐり雑感「どうしたもんじゃろぅの~!!」

昨日の続編になりますが、今日はMyブログの休日、オイラの心境を理解する森のお友だち、オールスター共演「どうしたもんじゃろぅの~!!」沈思黙考のシーンです。
   じいじ、ばあばは家でおとなしく、我々はそれでも良いのでしょうが、
   現役世代の人々が、生き続けるための経済活動は回転いたしません!!
「温泉バカ」の嘆きはコロナ騒ぎに隠れている、県内の温泉旅館・ホテルの悲痛な叫びです!!
  ◇ 4.08河北新報 … 秋保温泉の老舗「岩沼屋」が営業譲渡、従業員の雇用は継続
  ◇ 4.21河北新報 … 鳴子温泉郷のホテル・旅館、半数休館 「半年続けば廃業も」

IMG_8919.jpg

そんな思いに共感いただき、「県民の森」のお友だちにもお付き合いをいただきました。
「ヤブサメ」「オオルリ」「キビタキ」「コサメビタキ」です。 「ありがとうネ~!!」

IMG_9609.jpg
IMG_9610.jpg


IMG_4071.jpg
IMG_4074.jpg


IMG_3988.jpg
IMG_4019.jpg


IMG_4180.jpg
IMG_4182.jpg

7日、宮城を含む東北4県の休業要請は解除されましたが、「客足が戻るかどうかは別問題」、何とも悩ましい医療崩壊と経済崩壊の両天秤は、子どもたちの教育崩壊をも招きかねません。
2020/04/21

湯めぐり雑感「東北の温泉バカの嘆き」

新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、不要不急の外出制限の中では、他県への湯めぐりなど夢のまた夢となってしまいました。
 今年6月迄に計画していた三つの湯めぐりは全てキャンセルし、KHB-TV温泉ハンターのゲスト出演も、今は大人数の撮影クルーなど組めず、悶々とした日々を過ごしております。
 温泉の浴室内ではウイルスも死滅しますので、近くの湯治宿で「湯籠り」でもしましょうか。

【ガンバレ、岩手県の名湯・秘湯たち】
それにしても不思議なもので、岩手県では今だ一人の感染者も発生しておりません。
これは、県内全域に散りばめられた温泉とは、何の因果関係も無いのでしょうか(?)

     ~ イメージ画像は雫石町の国見温泉「石塚旅館」 ~
     ( 何とも不思議な光景「エメラルドグリーン」の湯 )

445.jpg
451.jpg
402.jpg
406.jpg
426.jpg
439.jpg

思えば、こちらの温泉仲間との今年の企画は「道東知床の湯めぐり」でしたが、感染拡大の懸念から早々にキャンセルを余儀なくされました。