fc2ブログ
2024/03/31

今日の野鳥「夏羽のハジロカイツブリ(羽白鳰)」

相変わらず鳥の少ない閖上の港ですが、この日は港の奥に「ハジロカイツブリ(羽白鳰)」が三羽寛いでおりました。
 でも、一羽は頭部から首が真っ黒で、目の後方には金栗色の飾り羽があり、いよいよ夏羽に衣替えのようです。

IMG_8469_20240328145807946.jpg
IMG_8470_2024032814581077e.jpg
IMG_8492_202403281458101c4.jpg
IMG_8503_20240328145813f1a.jpg

少し離れた子も近づいてきて、この子も衣替えのようですが、二羽に合流したらお休みモードになりました。

IMG_8577_2024032814581313c.jpg
IMG_8629_20240328145814ff8.jpg
IMG_8738_20240328145817e72.jpg
IMG_8742_2024032814581711d.jpg

港内にはあと二羽ほど見つけますが、例年のように集団で漁をする姿はありませんでした。
2024/03/21

今季の冬鳥「ホオジロガモ(頬白鴨)♂ともお別れ」

さて、海岸側から漁港内に目を向けると、三角おむすびの頭と白いほっぺの「ホオジロガモ(頬白鴨)♂」が、何度も潜水を繰り返しております。
 この子たちの主食は、漁港内の底に生えている海藻類ですが、こんな姿が見られるのももうすぐお終いでしょうか。

IMG_7946_2024031811394187c.jpg
IMG_7957_20240318113942ce8.jpg
IMG_7960_2024031811394496b.jpg


IMG_7963_2024031811394568c.jpg
IMG_7974_20240318113947519.jpg
IMG_7982.jpg


IMG_8005.jpg
IMG_8006.jpg
IMG_8007_202403181139533ef.jpg

こちらが動かないで眺めていると、堤防の近くまで来てくれました。 「さよならネ~!!」
2024/03/19

鳥撮り雑感「ヨットハーバーにも春来たる」

野の鳥さんに見放され、この日は沿岸部を回ってみましたが、「ヨットハーバーにも春来たる」と言った春の陽気となりました。
 青葉山の鳥撮りではスギ花粉に悩まされますが、ここでは空気を目一杯吸うことができます。
「あのオヤジ、あんな強がりを言ってるけど、ここにも鳥がいないと思ってるんやで」「目の前にちっこい子がいっぱいいるのに、年は取りたくないもんじゃの~!!」

IMG_7844_20240317160827948.jpg
IMG_7847_20240317160830457.jpg
IMG_7917_2024031716083089e.jpg

確かに、ヨットハーバーの対岸の石積みの防波堤を見ると、「ハマシギ(浜鷸)」の群れが40~50羽、のんびりと日向ぼっこをしております。

IMG_7750_20240317160833009.jpg
IMG_7766_202403171608330ea.jpg
IMG_7772_20240317160836080.jpg

その後、この子たちには気配りがあって、こちらが物欲しそうに眺めていると飛び上がり、旋回した後こちら側に降りてきてくれました。 感謝!!感謝!!

IMG_8122.jpg
IMG_8129_202403171608387bd.jpg
IMG_8137_202403171608404cd.jpg
2024/03/03

鳥撮り雑感「干潟の見慣れた風景が語る今!!」

今日は、「干潟の見慣れた風景が語る今!!」の第二弾で、ヒバリのさえずりの次は本命の冬鳥「コクガン(黒雁)」です。
 いつもは、七北田川河口部がこの子たちのお休み処ですが、この日は珍しく干潟の奥に陣取りのんびり寛いでいました。

IMG_5766.jpg
IMG_5769.jpg

この日はずいぶん待たされますが、やっと飛び立つ気配が感じられ、七北田川の方向に向かって移動が始まりました。
 でも、しばらくすると動きを止め、ボス格の数羽が何やらヒソヒソと相談事です。

IMG_5859_2024030110004655d.jpg
IMG_5863_20240301100049889.jpg

ここで向きが変わり、そろそろと思ったら一斉に飛び立ち、今日のお付き合いは終了です。
 最後は海上に向かって向きを変えますので、後ろ向きにならないカットはここまでです。

IMG_5873.jpg
IMG_5878_20240301100050ab0.jpg


IMG_5889_20240301100052f89.jpg
IMG_5891.jpg

こんな光景が見られるのも残り僅か、春から夏の世界はもう間もなくです。 感謝!!感謝!!
2024/03/01

今日の野鳥「早春のヒバリ(雲雀)のさえずり」

今日は3月1日、暦の上ではいよいよ春を迎えますが、そんな季節に似合う鳥が「早春のヒバリ(雲雀)のさえずり」です。
 この日の蒲生干潟では本命のコクガンを見つけ、堤防を降りて干潟の際を進みますが、流木のお立ち台に乗ったヒバリ(雲雀)が、オイラを撮れとばかりにアピールしてきました。

IMG_5558_20240229202122e00.jpg
IMG_5563.jpg
IMG_5584_2024022920212513a.jpg
IMG_5605_20240229202128575.jpg


IMG_5631_202402292021287ba.jpg
IMG_5646_2024022920213027c.jpg
IMG_5658_2024022920213147f.jpg
IMG_5669_20240229202134f31.jpg

被写体の少ないこの時期には、いつもこういう子たちに救われています。 感謝!!感謝!!
2024/02/09

今季の冬鳥「アカエリカイツブリ(赤襟鳰)のご登場」

漁港でウミアイサに逃げられた後は、名取川河口の鳥見となりますが、遠くにヒドリガモやマガモを見る程度で、こちらも水鳥たちの少ない風景でした。
 そんな状態の水面をしばらく見ていると、何処からともなく「アカエリカイツブリ(赤襟鳰)のご登場」で、辛抱が大切なのは鳥撮りも同様でした。

IMG_1987_20240202122053581.jpg
IMG_1988_2024020212205638d.jpg
IMG_1991_20240202122056b33.jpg
IMG_1997_2024020212205743a.jpg

この後少し遠ざかりますが、今季初見初撮りの子なので、もう少しお付き合いいただければと。

IMG_2028_20240202122059235.jpg
IMG_2030_20240202122100674.jpg
IMG_2031.jpg
IMG_2037_202402021221030c8.jpg
2024/02/07

鳥さん笑劇場「モテモテのウミアイサ(海秋沙)♂」

この日は久々の閖上港ですが、ここでも鳥さんの姿は少なく、港の中央部にいたのが「ウミアイサ(海秋沙)の♂」でした。
 しばらく眺めていると、♀もやや遅れて海面に姿を見せましたので、こちらも今季初撮りの鳥さんペアでした。

IMG_1573_20240202085859186.jpg
IMG_1580_2024020208590126b.jpg

「おいおい、待て待て~!!」 「ほんと、いけずなんだから!!」

IMG_1600_202402020859018d1.jpg
IMG_1616_2024020208590423b.jpg
IMG_1635_20240202085904aa2.jpg

「んっ・も~う!!」 「そんなに、アタイと一緒にいるのが嫌か!!」

IMG_1700.jpg
IMG_1701.jpg
IMG_1702.jpg

なお、港には二組のペアがいて、どちらもすぐに飛び去ってしまいますが、今回の記事はオヤジの妄想にお付き合いいただきました。