FC2ブログ
2020/02/04

今季の冬鳥「アカエリカイツブリ(赤襟鳰)の冬羽」

沿岸部の野鳥が続きますが、今日は「アカエリカイツブリ(赤襟鳰)の冬羽」に、お付き合いいただきたいと思います。
 この子もカンムリカイツブリ同様、仙台で見られる水鳥としては平凡な子ですが、今日の子は仙台名物ハゼのお土産付きです。
 冬はご覧の通りのどから後頭部にかけて淡褐色ですが、一度は是非、夏羽の赤褐色の首を見たいものです。 名取川の河口部で活発に潜水を繰り返しておりました。

IMG_7278_edited-1.jpg
IMG_7313.jpg
IMG_7315.jpg
IMG_7317.jpg
IMG_7320.jpg
IMG_7322.jpg
IMG_7324.jpg
IMG_7348.jpg
IMG_7360.jpg
2020/02/03

今季の冬鳥「ウミアイサ(海秋沙)」

街中公園を訪れる前は閖上港に向かいましたが、沿岸部に近づくにつれ風がますます強くなり、漁港内もご覧の通り波立っておりました。
 それでも唯一撮れたのが「ウミアイサ(海秋沙)」で、♂が一羽と思っていたら、その脇にはペアもいて、仲良く潜水を繰り返しております。
 ♀はカワアイサに似ていますが、♂の胸上部は首輪状に白く、脇には白く細かい斑紋、そして緑黒色の頭部はボサボサのパンク頭と、なかなかオシャレなんですよね。

IMG_5667.jpg
IMG_5673.jpg
IMG_5674.jpg
IMG_5688.jpg
IMG_5696.jpg
IMG_5697_20200202145922f77.jpg
IMG_5699.jpg
IMG_5735_20200202145925969.jpg
IMG_5754_20200202145927762.jpg

僅か2日後の昨日、もう一度会いたいと漁港を訪れますが、影も形もありませんでした。
2019/12/21

今季の冬鳥「ハジロカイツブリ(羽白鳰)」

県南沿岸部の鳥撮りで、実は一番最初に出会ったのが、鳥の海の荒浜漁港、そのヨットハーバーで出会った「ハジロカイツブリ(羽白鳰)」でした。
 大沼ではよく見かける子ですが、ここで出会ったのも一羽だけで、全長31cmとカイツブリよりもやや大きく、首が長くやや上に反ったくちばしが特徴です。
 春先の渡りの時期には、こんな冬羽の子と、頭に金栗色の飾り羽のある、夏羽の子が混在して数十羽の群れになりますが、早くそんな風景を見たいものです。

IMG_0185_20191218182218b77.jpg
IMG_0187.jpg
IMG_0190.jpg
IMG_0196.jpg
IMG_0198.jpg
IMG_0200.jpg
IMG_0206.jpg
IMG_0215.jpg
2019/12/20

今季の冬鳥「ホオジロガモ(頬白鴨)♂」

シノリガモの追っかけは早々に諦め、更に県南端の漁港にも立ち寄りますが、こちらは何とも穏やかな生きもののいない湾内でした。
 自宅に戻る途中、復旧復興工事のまだ終わらない閖上港を経由しますが、こちらは漁港として息を吹き返したお陰か、水鳥たちの姿が多いようです。
 一人湾内を眺めていると、テレビ局のお二人から声を掛けられ、来週火曜日AM9:55からの東日本放送「突撃ナマイキTVの路線バスの旅」に登場するかも知れません。
 テレビ局のお二人と別れた後、急ぎ対岸の「ホオジロガモ(頬白鴨)♂」を追いかけて撮ったのが最初の二枚でした。

IMG_0906.jpg
IMG_0913.jpg

この子は岸壁の際に潜水して、貝類や甲殻類、小魚などを捕えているようで、こちらがすぐ近くで眺めていても警戒心が薄く、今回のスナップはすべて撮ったまんまです。

IMG_0982.jpg
IMG_0983.jpg
IMG_0984.jpg
IMG_0985.jpg
IMG_0986.jpg
IMG_0995_20191218081624eea.jpg
IMG_1009.jpg
2019/12/19

今季の冬鳥「シノリガモ(晨鴨)♂♀」

この日はお天気も良く、久しぶりの県南沿岸部を目指し、震災復旧復興工事のダンプが行き交う道路を南下します。
 お目当ては冬鳥「シノリガモ(晨鴨)」ですが、波打ち際にいた子にはいち早く逃げられ、このペアもどんどん沖合に離れて行きます。
 この♂の特徴的な色合いが魅力で、顔の前半、目の後方、首と胸にある線状の白斑、赤栗色の脇が何とも個性的です。

IMG_0537_20191217151428b3d.jpg
IMG_0592.jpg
IMG_0677_20191217151431d59.jpg
IMG_0679.jpg
IMG_0680_20191217151434cf3.jpg

コンクリートブロックの隙間から、沖合の「波乗りシノリ」を眺めていましたが、岸に近づいたところで立ち上がると、またまた沖合に離れて行きました。  「辛抱が大事ですネ~!!」

IMG_0816.jpg
IMG_0850.jpg
2019/09/09

今日の野鳥「オオソリハシシギ(大反嘴鴫)」

トウネンとほぼ同じ場所にいたのが、全長41cmほどの「オオソリハシシギ(大反嘴鴫)」ですが、こちらも旅鳥として蒲生干潟に立ち寄ります。
 長くやや上に反ったくちばしは名前の通りで、黒色で比較的短い足ですが、こちらが動かないと堂々としたもので、目の前を通り過ぎて行きました。

IMG_8724.jpg
IMG_8740.jpg
IMG_8767.jpg
IMG_8769.jpg

グリコのおまけは、前回登場させたおチビの「トウネン」との、通りすがりのシーンです。

IMG_8918.jpg
IMG_8920.jpg
2019/09/07

秋来る「ノビタキ(野鶲)の飛来」

この日、蒲生干潟で最初に出会ったのは、4~5羽の「ノビタキ(野鶲)」の群れで、僅かに残った葦原をチョロチョロしていました。
 でも、近づけば逃げられるの繰り返しで、広瀬川河畔のようになかなか近くではお相手をしてくれません。
 夏鳥として本州中部以北の草原に飛来しますが、主力は北海道の草原がお好みのようで、仙台では春と秋の渡りの時期に見られる子です。

IMG_8169_20190905152952257.jpg
IMG_8198.jpg
IMG_8212.jpg
IMG_8214.jpg
IMG_8316_edited-1.jpg
IMG_8324.jpg

【爺々の心にも「秋来る」】
昨日、NHK-BS時代劇 「蛍草~菜々の剣~」が終わりました。 主役の清原果那は「なつぞら」のなつの妹役もステキでしたが、この役にも年寄りの涙腺が緩みました。
 毎週楽しみな番組でしたが、さてさて次に満足させてくれる番組はどうなるのでしょうか!!