FC2ブログ
2020/04/17

鳥さん小話「外来種ガビチョウの嘆き」

春になると更にけたたましくなる「ガビチョウ」が、何やらギャーギャー嘆いているようです。
 元々大陸気質のプライドの高い子、何でも一番でないと気が済まない自己チューで、見た目も歌声も自分たちが一番だと思っています。 少しだけ聞いてあげましょうか!!

1、「モズを先に出しやがって」
IMG_8966.jpg

2、「何が千の舌でモズや」
IMG_8976_20200414152436ce0.jpg

3、「オイラたちの方が、はるかに上や」
IMG_8978.jpg

4、「おい!、聞いてんのか(?)」
IMG_8990.jpg

5、「もう、国に帰りたいな~!!」
IMG_9004_202004141524412cb.jpg

6、「分かるか、オイラたちの嘆きを」
IMG_9015.jpg

「それはそれは、失礼いたしました!」 「オイラもだいぶ自己チューだからわかるけどネ!」
2020/03/18

みちのくの春は「緋色の春告げ鳥」と共に

みちのくの春は「緋色の春告げ鳥」と共に訪れますが、今までの情報はことごとく滑り、この日は三度目の正直となるかどうかでした。
 訪れたお隣り町の海辺に近い公園では、早咲きの桜が花開き始め、いよいよ、みちのく仙台の春ももう間もなくです。
 到着時の話では最初の飛来は終わり、しばし「ミヤマホオジロ」とお付き合いいただきましたが、一時間もすると「ヒレンジャク(緋連雀)」再度のご到着です。

IMG_0395.jpg
IMG_0396.jpg

緋色の春告げ鳥、ひそひそ話パート(1)
「今日は騒々しいの~!!」「こいつらほんと、他にやることないのかの~(?)」

IMG_9165.jpg
IMG_9168.jpg

緋色の春告げ鳥、ひそひそ話パート(2)
「おまえ、よう食ってられるな~!!」「オイラ、もう気が散って気が散って!!」

IMG_9309.jpg
IMG_9315.jpg
IMG_9316.jpg

緋色の春告げ鳥、ひそひそ話パート(3)
「オヤジ、こんなのが欲しいんやろ!!」「どや!!、ちゃんと撮れたか~(?)」

IMG_0210.jpg
IMG_0220.jpg
2020/03/13

生きもの讃歌「エナガ(柄長)の巣作り」

先週末は、春告げ鳥の情報を頼りに、お隣り町のムニャムニャの森を訪れましたが、日当たりの良い南斜面の梅林はもう三分咲きになっていました。
 こんなピンクの花に野鳥をなどと考えていると、遠くの枝垂れ梅の枝先に「エナガ(柄長)」を見つけますが、何やらクモの巣のような、綿毛のようなものを引っ張っています。

IMG_5469.jpg
IMG_5423.jpg
IMG_5424.jpg
IMG_5425.jpg
IMG_5426.jpg
IMG_5427.jpg

そして白梅の小枝では、もう一羽が苔のようなものを口いっぱいに銜え、いよいよこのペアは巣作りを始めたようです。

IMG_5471.jpg
IMG_5489.jpg
IMG_5490.jpg

最後を締めるのは紅梅ですが、春の訪れはこんな丘の上でも見ることが出来ました。 感謝!!

IMG_5540_2020030815415128d.jpg
2020/01/30

グリコのおまけ「人生歌がある、鳥にも歌がある」

昨晩のBS朝日「人生歌がある」では、作詞家の荒木とよひさ特集で、たくさんの名曲を聴かせてもらいました。
 荒木とよひさと言えば「テレサテン」の三部作、その一曲を坂本冬美が情感を込めて歌いあげてくれましたが、オイラはこの雰囲気が好きですネ~!!
 そして、普段は見ることのない山崎ハコも!!、人のことは言えませんが、彼女もずいぶんとお年を召したものです。
 最後は、日本の春夏秋冬を謳い上げる「四季の歌」でしたが、この歌の作詞作曲が「荒木とよひさ」とは知りませんでした。

IMG_3257.jpg
IMG_3258_202001292116427f5.jpg
IMG_3259_20200129211643b11.jpg
IMG_3260.jpg

冬鳥としては一番平凡な鳥ですが、今回は冬鳥の代表として、水の森公園の丸田沢堤に暮らす「オオハクチョウ」のご登場です。
2020/01/27

生きもの讃歌「鳥さん鳥さん、この手にと~まれ!!」

日曜日の仙台は日差しも温かく、ストレスの溜まっているお孫たちを連れ、お隣り街のムニャムニャ公園には初めてのお散歩です。
 しばらく公園の遊具で遊んだ後は、ジイジイが鳥撮りをしているフィールドへ!!
いつもジイジイと呼び捨てにする「ヤマガラ(山雀)」も、気を使ってお孫たちと一緒に遊んでくれました。

IMG_0972_2020012614552687f.jpg
IMG_0973.jpg

「そうだデ~!!」 「オヤジの孫なら、遊んでやらんとしゃ~ないやん!!」

IMG_9512.jpg
IMG_9513.jpg

この日は「リス」もサービスをしてくれ、久々に生きものたちとの戯れとなりました。

IMG_3853.jpg
IMG_3865_202001261455306fd.jpg
2019/12/26

鳥撮り雑感「2019、ほんの一瞬の出会い」

野鳥との出会いとは実に面白いもので、どうしても撮りたいと思っていた「キクイタダキ(菊頂)」♂の頭部を、ほぼ見た目通りに撮ることが出来ました。
  「何故撮れたのかは内緒!!」 「ヒントはブルブル!!です」

【12月27日、追記及び一枚追加】
「赤い頭頂」になる前のシーンが2枚目のブルブルで、次の瞬間、黄色い頭が爆発しました!!

IMG_4549_201912251654162d7.jpg
IMG_4547.jpg

この子を撮る前のシーンが次の3枚ですが、この日は同じ目線で付き合ってくれました。
でも、この子の頭は「菊頂」で、この段階では黄色い頭しか確認できません。

IMG_4495.jpg
IMG_4496.jpg
IMG_4498_2019122516542006d.jpg

そして、赤い頭を見せてくれた子は、その後も同じ目線でお相手をしてくれましたが、最後の一枚の頭頂に赤い筋が確認できるでしょうか。

IMG_4555.jpg
IMG_4556.jpg
IMG_4557.jpg

最後はお別れをする前ですが、後が抜けてくれたお陰で、何とも可愛らしいシーンでした。
全長わずか10cmのおチビですが、撮れる時には撮れるものです。  「深謝・深謝!!」

IMG_4591.jpg
IMG_4597.jpg

2019/09/24

生きもの讃歌「ヨシゴイ(葦五位)の捨て子(?)」

秋ともなればいよいよ稲刈りですが、近くのため池でも「赤沼」は干上がり、ここ「大沼」でも野鳥たちが身近に見られるようになりました。
 その第二弾は「ヨシゴイ(葦五位)」、既に萎れてしまったハスを眺めていると、時々茶色い小さな塊を二つ見つけることがあります。
 4~5羽はいると思われた成鳥は、最近では全く見かけなくなり、全長20cm程度で親鳥の半分ほどの小さな子が狩りをしています。 キミたちはもしかして「捨て子」(?)

IMG_3572.jpg
IMG_3625_20190921215006396.jpg
IMG_3633_2019092121500722a.jpg
IMG_3635_20190921215009519.jpg

二枚目以降は目一杯切り出して、その行動をご覧いただきましたが、次からは場所を移動しながら狩りを続ける風景です。
 でも、いつも獲物はオタマジャクシほどの小魚で、一人で生きて行くということは大変なことです。

IMG_3674_201909212150111a6.jpg
IMG_3680_201909212150110cb.jpg
IMG_3683_2019092121501387e.jpg
IMG_3832_20190921215014375.jpg
IMG_3835_20190921215016edf.jpg
IMG_3849_201909212150179c2.jpg