FC2ブログ
2021/03/02

今季の冬鳥「お別れのミコアイサ(巫女秋沙)♂」

春に向けて堆積土砂の工事をしていた大沼ですが、しばらくご無沙汰をしていると「ミコアイサ(巫女秋沙)」の姿を見なくなりました。
 沼の周辺はいよいよ春、オオハクチョウやマガン、そしてマガンの中に混じっていたハクガンなど、冬の白い子たちはほとんど姿を消し、田んぼではヒバリの鳴き声が賑やかでした。

IMG_4773_20210227110804fa5.jpg
IMG_4774.jpg
IMG_4775.jpg
IMG_4776.jpg
IMG_4777_20210227110810d0d.jpg
IMG_4778_20210227110812173.jpg


IMG_5320_2021022711081371d.jpg
IMG_5330_202102271108152d8.jpg

2021/03/01

今日の野鳥「眠れる森の神様フクロウ(梟)」

今日登場させる子は、ムニャムニャ公園の奥に潜む「眠れる森の神様フクロウ(梟)」です。
 蔵王山麓の野鳥の森では出会いのある子ですが、街中公園で出会うことはまずありません。 何ともラッキーな出会いでしたが、夜型の子なのでやはり眠いんでしょうネ~!!

IMG_8070_202102251213471b9.jpg
IMG_8078.jpg


IMG_8364.jpg
IMG_8369.jpg

【今日のウンチク、日本昔ばなし「フクロウと人間」】
神社仏閣の大木の祠に営巣することも多いフクロウは、昔から「知恵の神様」として、山里の人々に親しまれてきました。
 「ゴロスケ、ホッホ」と聞こえる鳴き声も、昔の人は「五郎助奉公!、ぼろ着て奉公!」と
聞いたようで、猛禽類の中では一番人間に近い場所で暮らしていましたが、宅地開発等の影響
で平野部では殆んど見られなくなりました。


2021/02/28

今季の冬鳥「お別れのシロハラ(白腹)」

ブログをご覧の皆様ご承知の通り、鳥撮りオヤジはかなりの腹黒ですが、この子たちの腹は名前の通り白くキレイで、名前もちゃんと「シロハラ(白腹)」と付いております。
 冬鳥として全国に渡来し、積雪の少ない地域で越冬し、平地から低山の林にすみ、暗い林床や笹ヤブ周辺で暮らしております。
 でも、人が来るとすぐ姿を消す子なので、今季初登場の子になりますが、この子たちとももうすぐお別れなので満を持してのご登場です。

IMG_6586.jpg
IMG_6587_202102221919590dc.jpg
IMG_6588.jpg
IMG_6589_20210222192002271.jpg
IMG_6592_2021022219200379f.jpg
IMG_6593_20210222192005ee4.jpg

とにかく薄暗い茂みで活動し、ご覧の通り枯葉をかき分けておりますが、こんな姿が確認できる日々も終わりが近づきました。

IMG_6607_20210222192006c29.jpg
IMG_6608_20210222192008101.jpg

2021/02/27

今日の名湯「東鳴子温泉“旅館大沼”、千人風呂編」

ここ鳴子温泉郷の「東鳴子温泉“旅館大沼”」は、二つの源泉と八つの湯を持つ、東北の温泉バカおすすめの湯宿の一つです。
 旅館部10室湯治部10室の小さなお宿ですが、離れの庭園貸切露天風呂をはじめ、個性豊かな八つの湯殿を楽しめ、うち五つは貸切で利用できる優れものです。
 湯殿は全て源泉かけ流しで、モール泉特有の香りと体の芯まで温まる源泉の力強さは、コロナ禍のご時世でも客足が途切れることはありません。

IMG_8655_20210225181113d3c.jpg
IMG_8664_20210225181115bd7.jpg

冒頭は翌朝のシーンでしたが、ここからは天女の舞う混浴大浴場「千人風呂」の風景です!! (女性にも人気が高く、女性タイムあり、19:30~21:00)

IMG_8621.jpg
IMG_8627_20210225181118dc3.jpg
IMG_8632.jpg
IMG_8644_202102251811212f9.jpg
IMG_8649.jpg
IMG_8650_2021022518112492a.jpg

最後は壁画「天女」の制作者、高橋典子さんのご紹介ですが、この天女が舞う景色を眺めながらの湯浴みも、心が解き放されるんですよネ~!! (これで二部完結です)

IMG_8492_20210225181125055.jpg



2021/02/26

今日の名湯「東鳴子温泉“旅館大沼”、貸切露天編」

ここ鳴子温泉郷の「東鳴子温泉“旅館大沼”」は、二つの源泉と八つの湯を持つ、東北の温泉バカおすすめの湯宿の一つです。
 旅館部10室湯治部10室の小さなお宿ですが、離れの庭園貸切露天風呂をはじめ、個性豊かな八つの湯殿を楽しめ、うち五つは貸切で利用できる優れものです。
 湯殿は全て源泉かけ流しで、モール泉特有の香りと体の芯まで温まる源泉の力強さは、コロナ禍のご時世でも客足が途切れることはありません。

IMG_8578.jpg
IMG_8585.jpg

それでは皆さま、久しぶりの貸切露天風呂「母里の湯(もりのゆ)」の雪景色の風景を、目だけでもお楽しみいただきましょうか。

IMG_8570.jpg
IMG_8564.jpg
IMG_8533.jpg
IMG_8544_20210225153407802.jpg
IMG_8546_2021022515340982a.jpg

友が湯から上がった後は、カメラを持って湯船の中にドボン!!、これではカメラが故障するのも当然です。 湯遊びの後は待合処で送迎車の到着を待ちます。

IMG_8553.jpg
IMG_8531.jpg


2021/02/25

今季の冬鳥「希少種、史跡のハチジョウツグミ(八丈鶫)」

お隣り街の史跡に、「希少種、ハチジョウツグミ(八丈鶫)」が出没するとの情報を貰い、その日の朝に現地に向かいますが、予想を超えたギャラリーの数に警戒したのか、最初はほんの一瞬姿を見せただけでした。
 とにかく警戒心の強い子とは聞いていましたが、こちらを見ただけで奥の人家に飛び込み、ずいぶんと待たされることとなりました。

IMG_6726_edited-1.jpg
IMG_6743_edited-1.jpg

その後待つこと一時間以上、諦めて帰ろうとした時、遠くの桜の木に赤茶色のお腹を現しましたが、ここからは目一杯のトリミングです。

IMG_6835.jpg
IMG_6844_2021022108562948f.jpg

何せ警戒心の強い鳥さんなので、芝生に下りたところで、恐る恐る遠くから撮影開始です。

IMG_7007.jpg
IMG_7014.jpg
IMG_7232_202102210856293c8.jpg
IMG_7247_20210221085629161.jpg
IMG_7318.jpg
IMG_7329.jpg

グリコのおまけは、証拠写真としての「掘立柱建物跡、平安時代」の石碑とのコラボです!!

IMG_7380.jpg
2021/02/23

最新のご挨拶「マヒワ(真鶸)のお嬢様どす」

「何がお嬢様や、こげなドアップにして」
「可愛いワテも、程々にしか見えんやろ」
「マヒワ界の、森七菜いわれてんのにさ」
「あっ!、そんでもって伝言やけど、また少しお休みやそうや!」  (と言うことどす!!)

IMG_0026_202102151407582f3.jpg
IMG_0031.jpg

「アタイだって、頼みもせんのにドアップやで~!!」

IMG_3836.jpg
IMG_3837.jpg

「ほんと最近オヤジ、目が悪くなったんと違うか!!」

IMG_3916_20210220212410780.jpg
IMG_3922_20210220212411a20.jpg

「堪忍や~!!、顔も、頭も、性格も、最近は目も、悪くなったんどす~!!」 (おしまい)